2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

第一実習日誌

第一実習日誌④

大分忘れかけています(汗)

実習3施設目はデイサービスでした。

何となく、なデイサービスのイメージ。

20~30人ほどの介護度の低めの利用者さんが和気藹々とレクリエーションを楽しんでいる、そんな安直なもの。

ところが、です。

私が人生初体験したデイサービスは定員MAX50名のメガデイサービスでした。

これまで50人に達したのは2日間だけだそうですが(満員御礼の札が張ってあった。お客さん商売ですからね。)初日の利用者は確か42名でした。

もうそうなると第一印象は「人が多いなぁ!」それに尽きました。利用者もですが、それだけを介助しようと思ったら介護者の方も多い。入浴介助に午前中付きっ切りって人が4~5人くらいいて。フロアの担当が4~5人くらいはいて。50~60人くらいの人間がワラワラいる感じ。全くもって落ち着かなかったです。名前覚えるなんてまず無理です\(;゚∇゚)/もともと1か所2日間の実習ですが、10名くらいずつならある程度は覚えられていたのに、この時ばかりはもう最初から放棄でした(苦笑)

初日は10時からの実習。

10時と言えば、それぞれお迎えに行って皆そろって、さぁ始めましょうかって時間です。とっかかりに何をさせられたかと言うと、あいさつの後に前でラジオ体操のモデル(^0^)急に言われて訳分らんかったですが、ちょっと最近ラジオ体操にも触れていましたので役に立ちました(笑)何か言いながら体操した方が良かったのかなぁと思いつつ(無言で一生懸命やってしまった…)とりあえず間違わずに?できました(;´▽`A``

後はコミュニケーションです。たくさんお話しできそうな元気な方がいらっしゃったので、ゲームしながらとかそれは困らずに助かりました。そうしていたら、お風呂上がりの人の整容をお願いしますと言われ、髪の毛乾かす作業を次々していたらあっという間にお昼。配膳の手伝いをして、食事介助をしているところを見学させてもらったら自分の休憩時間。

帰ってきたら午後は習字をする人とゲームをする人に分かれてレクリエーションの時間。ちょっと休ませて?もらおうかと(汗)習字をする人の見学をしていたところ、「レクリエーションの補助をして!」と呼ばれ、球拾いと盛り上げ役に。

で、おやつの時間があり、またレクリエーション。今度は私が主になってゲームをやってと言われ、“え!?”と思いつつも説明を受け、補助についてくれるスタッフの方がおられたので何とか進め。送りの車に同乗させてもらって見学。

と。

こんな風に怒涛の1日でした。

忙しいと言うか慌ただしく、どこよりも早く時間が経った実習でした。

2日目は台風で振替になってしまったので、盆明けの授業が始まってから、振替休日になっていた日を利用しての実習。幸いにもスタッフの方は顔を覚えていてくださったので助かりました。

この日は朝のミーティングに出るところから始まって、お迎えの同行、午前中いっぱいは入浴介助の見学と一部補助。午後はたまたま夏祭りの日になっており、またレクリエーションの補助と盆踊りが開催されたので見学(一緒に踊るべきだったのでしょうが、ボーっとしてしまった)

そう、午後からボーっとしてしまいました。いったん全部実習が終わって気が抜けていたので、この1日だけテンション上げていくのがちょっと無理でした(汗)やる気ないなぁと思われたかもしれません。

2日間を通して。

何度も「(働きに)来ませんか?」と誘われ。2日目に至っては、「休み取りやすいですよ。」とか、「皆仲いいです!」とか言われまくり(汗)確かにそうかもしれませんが。あまりにも強調されすぎたので、かえって疑いの目で見てしまったくらい(苦笑)

でも確かに。大切なのは、利用者さんとどうというよりも、スタッフ間の相性の様な気がしているので。「(実習に来たから)知っている人がいた方が働きやすいですよ。」と言うのもうなずける気はしたり。

ただ。

やっぱりもうちょっと、こじんまりした規模の方が私的には合っているかなぁ、そんな感想を持ったデイサービス実習でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第一実習日誌③

8月も気が付けば来週で終わりΣ( ̄ロ ̄lll)

忘れないうちに実習日誌を書いておかねば。

 

2つ目の実習先は特別養護老人ホームでした。

特養と言うと“忙しい”という、悪いイメージを植え付けられていたので大丈夫なのかしら、と思っていたのですが、私が最初に行った特養はその中でもユニット型と言って、従来の特養のように大人数、相部屋ではありませんでした。

1施設目に行った実習先のGHと何が違うの?と思うほど、ゆったりとした雰囲気がありました。

1フロアに20人、2つのブロックで、介護度の高めの10人と低めの10人と言う風に分かれており、介護者は両方を行き来しておられる感じでした。日中は20人を5、6人?で看る感じでしょうか。

お一人ずつに個室があり、トイレもそれぞれついているので、GHよりもむしろ設備は整っていました。建物自体もできてから3年ほどですので、とてもきれい。奇麗な施設はやっぱり気持ちが良い。それだけで気分が違います。とは、最後まで実習に行った後の感想ですね(^-^)

GHのように、共同生活を唱っているわけではないので、利用者さんは個々に好きなように過ごしておられました。

こちらは、以前の記事に書いたイケメンが多かった施設( ̄ー ̄)ニヤリ

入浴介助の見学させてください、散歩の同行したいです(じゃぁ誰か連れて行こう、とわがままみたいになってかえって申し訳なかったくらい)と希望を伝えたら全部叶えてくださいました。若い人の多い職場、対応が柔軟でした。

また、ここの施設長の信奉者?(あんまりよい言い方ではないですが)が多くて、“施設長の考え方が素晴らしいと思って”とか“何かあったときも自分たちのことを守ってくれる”とかいう声をよく聞きました。

私が今通っている学校の卒業生も同期三人で就職した、と言っている方がおられたので、それを聞いただけでも働きやすいのかなぁ?(半信半疑だけれど)と思ったり。

比較的介護度、認知症度の低い方とは自分からお話しできて。あと、そうでない方とも、1人1人職員さんが紹介してくれて多くの方とお話しできました。そうして気遣って下さる余裕があるくらいの忙しさだったとも言えました。

そして利用者さんも私に気を遣ってくださったのかもと感じた場面もありました。例えば「いつもお風呂を嫌がる人がいるので入ってくれるように誘ってきてください」と職員さんに言われ、「お風呂気持ちいいですよ。一緒に入りませんか?」と声を掛けたらあっさり「そしたら行ってみよかな」とOKしてくれて拍子抜けしたり。“このおねえちゃん新人やから駄々こねたらかわいそう”って思われたんちがうかなぁと思ったり(汗)たまたま体調もご機嫌も悪くなかったのかもしれませんが。

面白いことをしているなぁと思ったのは、皆で般若心経の写経をしていたりとか(写経、は微妙かなぁ。。(苦笑))女性の利用者さんにマニキュアを塗ってあげたりとか。その2つを促していたのはとても若い女性で、以前は同じ建物の中にあるデイサービスで働いていて異動になったとか。なるほど、デイサービスでやるレクリエーション的なものを取り入れているんだなぁと思いました。

実習以外では前にも書いた通り。

朝絶対に乗らないと遅刻になってしまうバスに乗り損ないそうになり全力疾走したり、弁当忘れて昼抜きになったりしましたが(;´▽`A``

そんなことも笑って済ませられる程度に、こちらも楽しく実習は終えました。

実習最初の週はこんな感じで、導入としては有難い精神状態でございましたが。。

また続きは次回に。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第一実習日誌②

実習1か所目。

通称グループホーム。

正式名称は認知症対応型共同生活介護。

漢字で書くと一目瞭然、意味、様子が良くわかりますね。

学校では介護を受けられる施設にどんなものがあるかを授業で習いました。

何となくわかったようなわからないような。

認知症の高齢者が共同生活するところ(まぁ正式名称のままなんですけれども(苦笑))

簡単に言えばそのような施設です。

やっぱり百聞は~ですね。

実際に建物の内装を見たらよくわかりました。

部屋は個別にありますが、実習へ行った施設では3人ごとに1区画に区切られてその中にお手洗いが一つ×3の9人がワンフロア、さらに2階分ですので、18人対応でした。

3階のワンフロアを2日間の実習で見学させていただきました。

初日。

まずびっくりしたのは、「おはようございます」と事務所の入り口にて声をかけ、奥から歩いてきた一人の利用者さんに元気よく「おはようございます」とあいさつしたところ、(その日は)ご自分を水戸黄門だと思っておられたこと(2日目は織田信長でした(^-^))知人や親せきに認知症の人はいないので、今まで認知症の人に会ったことがなく、あぁこういうことなのか、と早速洗礼を受けた感じでした。この利用者さんはよくお話ししてくださるので後々お世話になりました(後で聞いたらいつもはそんなに活発にされていないとのことでしたが)

最初はやっぱり、「利用者さんとコミュニケーションをとってください」と言われました。これは何処の施設に行っても(今のところ)必ず言われます。このコミュニケーションと言うのが難儀です。一番必要なことではあるけれど、何をとっかかりにすればよいのか…悩みます。今実習が進んで少し慣れてきたけれどもまだ要領を得ていません。

少しひるんだのを見てとったのか、お話ししてくれそうな人に最初は職員さんが声をかけて下さり何とか話し始めました。「緊張すると相手に伝わるからリラックスして」あぁ、またリラックスしなさい、か。難しいよなぁ。最初の相手はよくお話ししてくださった上品そうなご婦人。とても認知症には見えないのだけれど、話していくうちに同じことを繰り返される。ここでまた、なるほどと納得です。座った席が良かったのか、壁に写真が貼ってあったので、それを話題にしたりして何とかお話しできました。この方は、2日目朝顔を合わせた時に「今日も来たの」と声をかけてくださいました。「勉強は大変だと思うけれど頑張りなさい」と励ましのお言葉をいただいたりも。うれしかったです。

グループホームの特徴と言うと、利用者さんと相談して献立を決め、一緒に買い物に行って料理したりもあるというもの。こちらの施設では一緒に料理まではされていませんでしたし、献立も聞いても何でもいいと言われるので、職員の方が週一回?だったか季節柄や旬の物で考えているとのことでした。予算が決まっているので(それも少ないので)やりくりが大変とも言われていました。

たまたまその特別食を実習2日目に作るとのことでしたので、初日に買い物にいく予定で。一緒に行かせてください、と頼んで同行してきました。水戸黄門のおばあちゃんと一緒に、手をつないで。もう一人車いすの方と職員さん2名とでした。自立歩行できると言っても、たまにおぼつかないこともあるので自動扉の溝とか、車の乗り降り時は緊張しました。

この施設で他に特筆すべきこと。認知症の方に会ったことがなかった以外に、100歳以上の方にも会ったことがなかった。未知との遭遇です。お二人も100歳超の方がおられて、そのうちのお一人とコミュニケーションをとれたのか?お話はされないけれど、お顔を見て笑いかけると肯いてくれたり、手をトントンと叩く動作をされるので手を握ったりしました。実習中に手を触ることがあったどの方も皆手がとても冷たくてびっくりしました。

失敗もしました。

食事介助を見学させてもらったときに、近くから見たら失礼かなと思って少し離れて見ていたら、離れたところからの方が監視されているみたいに思われるので中に入ってくださいと注意されました。言われるまで気づきませんでした。教えていただいて勉強になりました。

あとはしゃべりやすい人としかお話しできなかったこと。

全員と万遍なくお話しするべきでしょうが、なかなか最初からそれも短い時間ではハードルが高い。これからの課題、でしょうか。

GHの見学以外に、利用者さんと同じ建物の中にあるデイサービスに参加もさせてもらいました。自分にとってもデイは初めての体験。作業を手伝いながら自分も楽しみました。

施設の雰囲気はとてもアットホーム。

(利用者)9名に対して日中は(スタッフ)4名くらいが対応されていたので、随分と手厚い介助、支援ができる状況でした。いいなぁこの穏やかさ、と思ったほど。どこに行っても戦場、みたいな認識がありましたので意外でもありました。

ちょっと手が空いたときにお話しさせていただいた職員さんは、規模の大きい施設におられたけれど、時間に余裕がなくて流れ作業になったりと言うことが続いて考え方を改めるためにGHに代わられた、そのようなことをおっしゃっていました。とても良いことを熱く話しておられたので、録音しておきたい気がしましたが。メモとるすきもないし残念でした。

1~2日目は、たまたま実習時間も3.5時間と短め(私だけ得したのではなくて、5施設のうち1施設は皆短めのところが1施設あります)だったし、バタバタキリキリするようなことなく過ごせたので、自分にとっては良いスタートだったと思いました。

最初の施設から“楽しい”気持ちが持てたこと。

幸先が良かったなぁと言う感じです。

思い出してもっと書きたいことがあるかもしれませんが。

とりあえずこれくらいにしておきます。

長くなりました。

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第一実習日誌①

8月1日 GH(グループホーム)

8月2日 GH(グループホーム)

8月3日 特養(ユニット型)

8月4日 特養(ユニット型)

8月7日 台風で実習中止!!(デイサービスの予定が8月25日に振替)

8月8日 デイサービス(一般)

8月9日 特養(従来型)

8月10日~8月15日まで盆休み(特養1日目で終わって中途半端なところで長い休みに入る。休みあけたらあんた誰?ってことにならへんか…)

8月16日 特養(従来型)

8月17日 デイサービス(終末期の方対象)

8月18日 デイサービス(終末期の方対象)

8月25日 デイサービス(一般)

 

とりあえず以上実習予定です。

昨日まででどうにか半分は終わりました(;´▽`A``

緊張感も大分抜けてきたのか?昨日は一日長いなぁと思ってしまいました。「利用者の方とコミュニケーションを取ってください」と放り出されて、短い時間なら何とかお話しできるのですが、職員さんが忙しい施設だとその時間が長くてどうしたらよいのか正直悩んでしまい、ボーっと一緒にテレビを見ているとか(汗)寝ている人が多かったですし、話できる人自体少なかったのもあったり…昨日のことです(苦笑)やる気ないやつだなぁと思われたかも(;´д`)トホホ…

洗い物とか雑用だったらできることは色々あると思いますが、声をかけても「そんなんいいから」と断られ。実際の介助については手出しできない、させてもらえないことになっているので。本当に何もできない状態ですし。

お話し好きな人と話すのは楽しかったり、2日目「今日も来たの」と声をかけてくれる利用者さんがいて覚えてもらっていたことがうれしかったり、「大変だけど頑張りなさい」と逆に励まされたり。職員さんに「家も近いとお聞きしたし、是非ここのデイサービスに来てください」と勧誘されたり(笑)(私なんかでも声をかけられるくらいですから人集めも大変ですね。)

色々考えさせられながら、介護実習に行っているというよりも、人とどう付き合っていくか、と言うようなもっと大きなことを毎日教えてもらっている気がします。

半分終わったところで分かったのは、“自分には大人数のところより、こじんまりと少人数の施設があっている”“難しいのは利用者さんとの相性と言うより、職員同士の相性かも…”そんな感じです。

さて後半どうなるか。

今回の実習で一番楽しみ?にしているのは最後の実習先(終末期の方対象のデイサービス)です。

個々の施設の実習日誌は追々。

今日から明日までは現実逃避してきます(笑)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村