2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

チェコ旅行記

みやげ話

みやげ話というより。
 
みやげの話です。

Img_1384_2

今回の旅の土産。
 
家と職場用のお菓子は写っていないのと、あとはがきが何枚かあったくらいでこれがほぼ全部。
 
少なすぎるなぁと思いました。
 
何回も書いているように、みやげを買いたいと思っていた店に行けなかったのが大きな原因でもありますし。良さそうなお土産を探しきれなかったし、街を歩いてみても鼻が利かなかったというか、勘が働いていなかったというか。
 
旅行代が安くついた分、もっと色々買えばよかったなぁと思いました。
 
帰りの空港でもお菓子しか買わず。ゴディバなんて何でこんな機会に買うのさと言う代物がデデンと写真の真ん中に鎮座ましまして(笑)
 
ゴディバチョコの上に大きく‟PRAHA”と書かれているのは実は地図です。
 
本屋の前を通ったら、ショーウィンドウに広げた状態で貼ってあって。絵が可愛いなと思ったので私も自分の部屋に貼っておこうかなと購入しました。これはチェコ語版です。お店のお兄さんは、「これはチェコ語版だよ」と何回も念をおしてくれましたが、買ってすぐに地図として使うつもりはなかったので。上手く説明できれば良かったんだけれど。咄嗟には無理でした。絵とみなすならむしろチェコ語の方がより絵らしいなと思っています。
 
そういえば。
 
プラハ城の黄金の小径の土産物屋で買いたいと思っていブックマーク。日本でも売っているお店があるということが分かりました。でも日本で買うことはないだろうと思っていました。次行くとき用にとっておこうとも思っています。
 
ところが年末に友人と忘年会をした後で探索しに行ったデパートで、思いもよらぬ身近な場所で見つけてしまいました。あれ?!と思って恐る恐る近づいた後呆然、でした。やっぱり実物だ…友人に説明しようにも、アワアワしてしまって上手く説明もできそうになかったし。何故か、‟見てない。見なかったことにしよう。”ってことに自分の中でなっています(苦笑)できることなら出会いたくなかった、です。
 
この写真の中で面白いものをいくつか紹介。
 
まず懐中型の時計です。
 
旧市庁舎の見学をしたあとに、出口付近でかわいいお姉さんが店番をしていて。凄く良さそうに見えたのです。その割に安かったのですがそれもそのはず。街中の普通の土産物屋にも売っていた。売る人が素敵だと、普通の物も良いものに見えるんですねぇ。時計塔はプラハのシンボルと思っているのでこれは‟普通”でも、とても旅の記念になると思いました。
 
あとお土産としては珍しいもので、ガラスの爪やすりがあります。
 
チェコの何が名物か知らなくてもボヘミヤガラスの名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。ガイドブックの土産物紹介のページには必ず載っています(^0^)
 
模様が奇麗なので見ているだけでまだ使っていませんが、ギター弾きにとっては必需品なものをお土産で買えて嬉しかったです。
 
ガラスと言えば、チェコビーズも有名。いくつか面白い形のものを買ってきました。でもこちらを買ったお店の商品も、インターネットで購入できます。そこに行かないと買えないもの、なんて今どきほとんどないのかなぁ。。
 
みやげの話、でした。
 
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

チェコ旅行考②

第二弾は反省、後悔、失敗したなぁと思うことについて。(ただし笑える失敗は除く(苦笑))
 
1.日程は最低でも1か月前には決めるべし
 
まず今回の一番の失敗は、宿と足のパック旅行を予約できる期限ギリギリ3週間前に行こうと決心したこと(;´▽`A``宿だけ、足だけを予約するのであればもっと間際でも大丈夫なのでしょうが。未だそこまでは旅慣れていないし。パックの方が旅行代金が安いですし。
 
海外旅行に旅慣れている、チェコに何度も行っているというならまだしも、初めての、そしてどんな国かも良くは分かっていないし、ましてチェコ語なんて、え?聞いたこともありません、こんな人間が突然行くものでは多分、ない(汗)
 
それでもいつか行きたい、近いうちに行くのだ!と秘めたる思いがあったからこそ実現したので、行けたことは嬉しかったし、後悔ないとしても。
 
やっぱり、知らない土地、それも外国だとしたら下調べはある程度必要で。行き当たりばったりなんてとてもじゃないけれど無理だから。少なくとも1か月前には日程を決めた方が良いなぁと思いました。
 
 
2.日常の曜日の感覚が日本とは違うことを忘れるべからず
 
平日は特に何も考えずに行動しても大丈夫。土曜日はどうなんでしょう、時間の制限はあるかしら?
 
日曜日は午前中に教会でミサがある、お店はほとんど閉まっている、これは日本に住んでいると普段の生活で常識ではありませんから盲点です。ガイドブックで注意されているけれど、ついつい忘れてしまいがち。
 
そのために予定の立て直しをしたり、行きたいお店に行けなかったりと言うことがありました。お土産を思い切り買いそこないました(T T)
 
次回は失敗しないように。
 
お土産についてはまた別に書きます。
 
 
3.情報はないよりあった方が良いがあまり前に集めすぎるべからず
 
情報は著しく変わるもの。日本でもお店の浮き沈みが激しくて、せっかく行ってみたのに閉まっているとか、もしくは店自体存在しなくなっているとか。良くある話で。それが全く知らない土地でとなると、がっかり具合も半端ではなく、店があるべき場所の前で呆然と立ち尽くす、ということになりかねません。
 
夜ご飯を食べに行くお店がなくなっていて、昼間だったら何とか気持ちを立て直すこともできたでしょうが、疲れてもいたし。途方にくれました。1日目のことです…
 
情報を集めるのに色々調べ始めると時間はかかるけれど、足りないと後で後悔するし、あっても役に立たなければ意味がないので。難しいところですね。また、情報は集めて、それが役に立つ情報であっても、意味を取り違えるとまた意味がなくなります。そんな失敗もしていました(汗)
 
・プラハ城のメインイベント、聖ヴィート教会に朝一番で行くつもりが、最終日(日曜)行動にしていたため、午後からしか見学できなかった。気が付いたのが前日夜だったし、最終日の予定なので、他の日に振替できなかった。結果的にはそのおかげで貴重な体験ができたので、後で良かったと思いましたが。詰めが甘かった。
 
・同じくプラハ城にて。ガイドブックで見学チケットは2日間有効となっていたので、勝手に自分で都合の良いように2日間見放題と認識していたら、1つずつのゾーンは1回切りの入場だった。お土産を買おうと思っていた店があるゾーンで、‟見学だけしてあとでゆっくりお土産は見にこよう”と思っていたら、再入場しようと思ったゲートのところで係りの人に「1回だけ」と止められた(泣)
 
・お土産を買いたい店が2件ほどあって、場所の確認をしようとインターネットで調べたら、どちらも日曜は休み、土曜は18時までの営業。気が付いたのは土曜の夕方。時間的に2件とも訪ねるのは無理で、ひとつは泣く泣くあきらめた。
 
 
4.全く機転が利いていなかった
 
普段もボーっとしていて色々失敗をしているわけですが。海外旅行だと、やはり緊張感は常にあって意外としっかりしているのに。今回は失敗したら、次どうしよう…と路頭に迷うことが多かったです。すぐに‟じゃああれに変更!”みたいな機転が全く利いてなかった。旅後半になると疲れも出たのか、予定が狂うと‟もう次来た時でいいや。また来るから。”みたいな、実現するかどうかもわからない諦めの気持ちもわいてきまして、年取ったのかなと思いました。実際休みなく働いた後にそのまま旅行へ突入したので、思っている以上に体、頭ともに疲れていたのかもしれません。
 
なので、反省したにもかかわらず、帰ってきてからガイドブックを借りてきて‟次行くときはここへ行こう”とか、妄想を楽しんでおります。
 
他に何かあったかなぁ。
 
まぁいいか。
 
字ばっかりも面白くないのでこの辺で。
 
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5日目-最終日 旅最後の写真

最後の晩餐の後。
 
夕ご飯と言っても早い時間に食べましたので、まだいろいろ周れたのに。名残を惜しんであちこち、と言うわけでもなく、お茶くらい飲んで帰っても良かったかなぁと後で思ったのだけれど。意外とあっさりとホテルに戻ってしまいました。

Img_1346帰り道でおもちゃ屋さん?のショーウィンドウを撮ったら、左側にモグラの群れ(笑)クルテクと言う名前のもぐらのキャラクターのぬいぐるみがたくさん。

おもちゃ屋さん、街中に多かった気がします。

後面白かったのは、お土産屋さんの通りに扉開けっ放しにして、タイ風マッサージ?の店があったこと。お店のお姉さんはサリーを着ていて、そこだけ異空間、異様な雰囲気がしました。

あとマトリョーシカの雑貨が売られている光景を結構見かけました。ロシア占領時代の名残ですか?

アンティークショップとか、名産品ガーネットを売っているお店とか、ちょっと敷居が高くて入らなかったし。ブルーオニオンを売っているお店も、探しもしなかったなぁ。

お土産に関しては、いろいろ心残りに思うことが多かったです。

 Img_1349                                            

これが5日目最後の写真。

クリスマスのイルミネーションがあるこの建物は何だったのか。

ホテルに戻ったのは、随分と早い時間でした。

と言うか、この旅は外国だというのに20時、21時でも平気で出歩いておりました。何もなかったから良かったものの、でしょうか。

寒い一日でしたので、結構疲れたのもあり、最終日は朝早くから帰国だけを目標に、でしたので早く寝みたい、そして帰りの経路をどうするか、空港までどうやって行くか、寝る直前まで調べて悩んでおりました。

そんなに悩むくらいだったら、あっさりタクシーで駅まで行けばいいじゃない、と言う考えがケチには思い浮かばないのだな。悲しい性ですね(苦笑)

明けまして最終日。

起きた時間は外は真っ暗。それもそのはず、6時起き。6時半にはホテルをチェックアウトしました。フロントで「タクシー呼びますか?」と声をかけてくれたけれど、バスで行くから大丈夫とお断り。普通やっぱりタクシー呼ぶよね。おばちゃんでも一応女性だし、1人だし、外真っ暗だしね(;´▽`A``え?!大丈夫?と思われたかもしれない。

暗かったのでバス停で待っている間がちょっと怖かった。雨がポツポツ降っていたし心細い。バスを降りるときに難儀していたら一番前に座っていた女性が、トランクを下すのを手伝ってくれて、とてもうれしかった。何度もお礼を言ってしまいました。

結局、往路辿った道をそのまま、が多分分かりやすくてシンプルなのだけれど。そうすると初日下ってきた坂を延々今度はスーツケースを持ったまま上らなくてはならず。それはどうしても避けたかったので、バスを使うことにしたのです。バス停までは平地を1分ほど。そこまでは良いのだけれど、遠回りになる、時間が余計にかかるのと、一番の心配はエスカレータでした。

この旅で3大恐ろしかったものの一つがエスカレータでした。何が怖いかって。その長さに比例して速度が速いのです!何も持ってなくても初めて乗るときはビビっていたのに、これをスーツケースを持ったまま乗るとなるとほとんど命がけ。足踏み外したらそれこそ大怪我もかくやです。幸い使おうと思った地下鉄駅に続くエスカレータはそこまで速度は早くなく、無事に乗れました。

そして、前日下調べしたリムジンバスの乗り場、場所自体は分かったけれど、どのホームなのかよくわからず、出発時間ギリギリになって近くにいた人に聞いたら、「あそこに止まってるよ!」で、土砂降りの中猛ダッシュするはめに。すごい形相で走ってくる日本人に運転手さんひいたかも(汗)

Img_1350そしてこれが旅最後の写真になります。

何なのこれ、ですね(笑)

6時半にホテルをチェックアウトでしたので、朝ご飯を食べられておらず。飲み物の買い置きもなく、飲まず食わずだったので、リムジンバスに乗る前に買った朝ご飯代わりのウエハースです。

ただこれ、チェコ産ではなく、ウィーンのウエハース。前回ウィーンへ行ったときに大量に買い込んできたマナー社のウエハースが普通に売店に売られており大興奮(^0^)本当は大袋を買いたかったのに、もう手持ちのチェコ通貨がほとんどなくてこんな小さいサイズしか買えなかった。またここでも残念無念な結果に。

ずぶ濡れになったり、緊張していた気持ちがバスに乗り込んでやっととけ、あぁ無事に空港に着けそう…と安心して、さぁ食べよう!と、いただきますしているところ、でした。

まぁ私らしい最後の1枚です(゚▽゚*)

飛行機は時間の遅れもなく無事に飛び。

そして関空での大歩危事件に続く、となります。

なんだか尻切れトンボ的ですが。

これにて旅行記終了といたします。

あとはお土産の話とか、旅の反省とかまだもう少し書こうと思っています(まだ書くのか(笑))

最初から読んでくださった皆様には、長々とお付き合いいただきありがとうございました!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5日目 最後の晩餐

チェコと聞いて思い浮かべるもの。
 
お酒好きの人はチェコビールですか?(^0^)
 
ビールが有名な国、ビール造りが盛んな国では水よりもビールが安いとは良く聞く話ですよね。日本でもあまりビールを飲まないし、全くもってありがたくない情報だこと、と思っておりましたが。1回くらい飲んでみても良いかなぁと思って。最終日の夕ご飯はホスポダと呼ばれる居酒屋へ出かけました。
 
老舗のホスポダ、地元民の通う店では、多分昼とは言わず、朝からでも飲む人は飲む、的に一日中賑わっているのでしょう。
 
そんな酔っ払い呑兵衛達の集まっているところ(;´▽`A``おばちゃんだとてちょっと尻込みするわけで。夕食から遅い時間帯に行く勇気はさすがになくて、朝以外で一番混んでなさそうな夕方16時過ぎ頃に到着するようにでかけました。
 
今回選んだのは『ウ・メドヴィードクー』(二匹の熊という意味だそうです)という名前のお店でした。ホテルの1階にあり、ここでまたもや大失敗。居酒屋の方だと思って入って、中にいたお姉さん(ホテルのフロントだったようです)に‟1人です!”というと、は?みたいな顔をされ。奥から出てきたおじさんに、「レストランは隣やで」と言われました。赤っ恥です。いや、もう完全に恥はかき捨てていましたが(;;;´Д`)ゝ
 
混んでない時間帯を選んだのと、また広いお店を選んだのはやっぱり、満員になる、相席になるのを避けたため。ちゃんと思惑通り、お店はガラガラにすいていました。よかったー(^-^)

Img_1342こんな感じで、奥に細長く広い店内です。

ちょうど長テーブルの端の席が空いていたので落ちつけました。

英語併記のメニューに料理の絵付きだったから注文はスムーズでした。

そして、このお店にしたのはビールの小さいサイズ(350ml)があったからというのも理由でした。大体500mlサイズはどこでもあるようですが、500ml注文しても飲み切る自信が全くなかったので。ビールメインの居酒屋へ行ってビールを残すっていうのはどうにも嫌でしたし。

 

Img_1341_2

来たよビールが!

なんかやけにおいしそうに見えるじゃないかヽ(´▽`)/

私の中でビールという飲み物は、乾杯の時に一口だけ口を付けるもの、なため今まで丸々1杯を飲み切ったことがありませんでした。

だから小さいサイズに拘ったのであるし。このビールはブドヴァルという名前で、ビール好きの人ならご存知なのかもしれませんが、アメリカのバドワイザーと商標権のことで訴訟問題になった曰くつき。もちろんチェコが元祖です。

バドワイザー、は、ブドヴァル、がアメリカ風になまった名前のようです。

すきっ腹にいきなり飲んではいかんのでおあずけ。

さてご飯の方を。

チーズのフライが食べたいなぁと思って、メニューにあったけれど、それって酒のあてだよなぁ。ちゃんとご飯を食べたいし、かと言って1人で2皿も頼んだって絶対に食べきれないしなぁ。

結局選んだのはこれ。

Img_1343_2

なんかこれウィーンでも食べなかったか?(笑)豚カツですよ。ご飯来るのを待っていたら、ビールの泡がほとんどなくなってしまった(汗)
 
この辺(中西欧)のカツは日本のトンカツと違って、衣が細かいです。ウィーンのそれも、今回のこれも熱々にレモンを絞って食べるととてもおいしい。
 
そしてビール(メインはビール?(笑))
 
一口飲んだら、‟お!うまい!”さすが本場やなぁと思っていたところ、やっぱり飲みなれないからか、それ以降は、‟苦い、かなぁ”が正直な感想でした。いくら本場だからとて、いきなりビールのうまさに目覚める、ってことは残念ながらなかったです。しかしながら、一口とは言ってもうまいと思えたのは、やっぱりさすが本場、なのかな。
 
付け合わせは大量のポテトサラダ。マッシュしていなくて歯ごたえが残っているポテトも美味でした。交互に少しずつ食べ進めて、無事ビールを完飲。
 
よし!飲み切ったぞ、空のジョッキの写真を撮ろう!と思ったら、すぐにお代わりの注文を聞きに来られ、いらない、といったらこれまたすぐに持っていかれました(T T)記念すべき空グラスの写真は撮れず残念でした。
 
もっと老舗のホスポダへ行くと、ビールのお代わりしないときはコースターでジョッキに蓋をしておかないと、どんどん注がれるそうです。わんこそばならぬ、わんこビールです(笑)
 
1回の食事についてだけで、めっちゃ語ってしまった(苦笑)
 
こちらのホスポダ。小さいながら自前の醸造所があるそうです。あまり興味がなかったのでそちらの見学はせず、でした。
 
これにて。
 
この旅の最後の晩餐終了です。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5日目 この旅最大の謎が解決 

Img_1336_2プラハ中央駅のプラットフォームに1両編成の電車が停まっていました。

1日目の記事にも駅の説明のために使った写真です。

駅自体はこのように古めかしい昔ながらの建物なのですが、この下ターミナルは少し前に改装があり、とても近代的になっています。

このことが多分、謎を呼んだのだと思われます。

この駅に隣接するバス停に空港リムジンバスで到着した1日目夜。 どんなところに到着して、どうやってホテルまで行くかを全く下調べしていなくて戸惑ったあの思い出。

まずバスを降りたら陸の孤島?みたいに島になったところに下へ降りるエレベーターだけが3機ほどありました。車が通る道路はあれど、また駅舎のようなものは見えるが横断歩道もないし。周りが暗くて良くわからないし、下へ降りるしか手段がないようだったのでとりあえず下りてみる。

ここで早くも勘違いしていたとはなんとも情けない話、4日目の夜にわかったのです。到着したのは実は高架道路に作ってあった停留所でした。電車も高架を走っており自動車と並走同じ高さということになります。

そして何度も駅を訪れて探していた古めかしいカフェ、ファントヴァ・カヴァールナは、実は改装されてその面影がなくなってしまっていました。場所自体も2度3度と訪れてもたどり着けずに、この時初めて探し当て、そして無念さに愕然と…なんで改装してしまったのかー(u_u。)

Img_1340

残念すぎる。

このピカピカ改装したて感が虚しすぎる。

これはこれでいいんじゃないの?とは全く思えず。今どきはやっぱり古いまま残す方が難しいのでしょうか。

Img_1337                                      

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら側はそのまま残っているかなぁ。

扉の向こうは高速道路?ホーム?どっち側だっけ(苦笑)

新しいお店はチェーン展開しているコーヒーショップだそうですので、入ってみる価値もなさそうだと思い、写真撮影だけで立ち去りました。ガイドブックの情報って、て言うよりお店の浮き沈みってどこの国でも厳しいものなんですね。情報は固定していないもの、勉強になりました。

それにしても苦労しまくってようやく見つけたのに。利用価値なかったなんてなぁ。

やっと仕入れた、店の改装、バスの高架停留所情報は、いろんな人のブログを読んで調べて調べて分かったこと。やっぱりチェコってまだまだ行く人が少なくて情報が多くないんだな。

このあとチェコ名物のあれを求めてホスポダへ。

続く。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5日目 雨の襲来

Img_1304天気は悪いけれど景色はきれいですね。

 

 

 

Img_1311                                                               

 

 

 

 

 

雨で道が濡れているのも風情があって良い。

奇麗な景色ってのは、いつ撮っても写真が下手な人間が撮ってもそれなりに見えるのだな。被写体がよいと条件選ばずなんだ(^-^)

こちらはクレープのお店らしい。

クレープはパラチンキと言うそうです(^0^)

外人の子供って後姿でもきまってるな。絵になるわ。

左上の家の玄関には獅子?の紋章が。

 Img_1314                                       

 

 

 

 

 Img_1318                                                            

 

 

 

凄く雰囲気がいいなぁと思ったお店。

お腹があまりすいてなかったし、素通りでした。

雰囲気で店を選んでいたら、お腹がいくつあっても足りなくなる街並みです( ̄ー ̄)ニヤリ

雨を気にしつつ、もう一度カレル橋を渡っておこうと、旧市街へ向けて歩きました。

 Img_1327                                         

橋の下に見えた街並み。

ここも良さげな雰囲気だったけれど、下りて見に行っている時間もなさそうだったので写真だけ。

Img_1332                                                            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曇っていると景色が全然違います。

左の像は誰でしょう。

さりげなく頭の上に鳥がとまっています(苦笑)

雲がだいぶん低い。

橋を渡りきる寸前でバラバラと大粒の雨が降り出し、たまらず橋の塔の入り口に逃げ込みました。

間一髪セーフです。

入り口奥の階段を上に上っていく人がいて、何があるのかなぁと考えていました。何があるって、そりゃ展望台だろう!とは帰ってから気付いて大後悔。今回の旅って本当に判断力が働かなくてボヤっとしていたなぁ。。

しばらく雨宿りした後、これは傘なしでは風邪をひいてしまいそうだと思い、いったんホテルへ戻りました。

もう旅も終盤です。。

                                 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5日目 いよいよ聖ヴィート大聖堂内見学

Img_1264_2ちょっとピンボケです。

聖ヴィート大聖堂に入れたのは12時半過ぎくらいだったか。鐘の音に放心状態になって、正気に戻ってから教会の前に行ってみたら見学する人の長蛇の列ができていました。すっかり出遅れた感じ。

待っている間に、あのお菓子を入れたビニール袋を落としたのに気づかず、後ろの人が拾ってくれて笑われたり(;;;´Д`)ゝ

20分くらい待ってようやく中に入れました。

教会に入る自体は無料。周りの回廊を見ようと思ったらチケットがないと奥まで行けません。

ステンドグラスが見事なので、そして多分どのチケットを買ってもここの見学は入っていると思うのでもちろん見学しました。

晴れていると陽が差し込んで荘厳な感じが増しますねぇ。

カメラマンが下手なので、写真が今一ですがまぁご覧ください。

 

Img_1270

至る所にステンドグラスが。

青基調のムハのステンドグラス。

一つ一つの絵がくっきり見えないのが惜しすぎます(T T)

Img_1287                                      

 

 

 

 

 

 

 

 

側面の窓すべてがステンドグラスになっておりそれは見事です。

なので通路は自分の意志では進めないくらい大混雑(苦笑)人の流れに任すしかない。。

ゆるゆると流されながら写真を撮っていきました。

Img_1289_2

この豪華な鋳造物は何?と思いつつ、わけもわからずとりあえず皆に倣って写真を撮る(汗)

あとで調べましたところ、カレル橋上で頭の周りに星がついていたヤン・ネポムツキーのお墓なのでした。

後ろから。

上に飛んでいるのは何なのかしら。                                            

Img_1288

 

 

 

 

 

 

 

正面入り口の上にはばら窓があって、撮ってみたけれど完全に色が抜けてしまってちっとも奇麗じゃありませんでした。

ご興味あれば、ばっちり奇麗に撮られている方の写真を探してみてください。

すっかり半日がかりになってしまい。

しかも外へ出たらまた天気が悪くぽつぽつ雨が降っていたのでした。。

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5日目 名物を食す 大失態のあとの幸運

大失態を食べ物で憂さ晴らしか(゚ー゚;

Img_1220街中でもよく見かけたこんな光景。

お手軽スイーツのトゥルデルニク。

↙この写真の右端、黒い看板に形状と名前が書いてありますよ(^-^)

手前の野外オーブンのようなものでちくわ(?!)みたいなの(^0^)を焼いているのが見えますね。

  Img_1219                                   

 

 

 

 

 

 

バームクーヘンにちょっと似ている?生地を重ねていくのではなく、棒状に伸ばした生地を鉄の棒に巻き付けて焼いてあります。後ろのお姉さんがその作業をしているところ。お菓子というよりパンに近いかも。

焼きたてにシナモンシュガーをたっぷり、大量に押し付けて完成です。その時に2つに分断されてしまったので、手で押さえて写真を撮りました(苦笑)

袋に入れてくれるでもなく、ヒョイとナプキンに包んでホレってなもんですよ。

私の手があまりにもしわしわで醜かったため、できる限り写真ではカットしましたので、大きさを比べにくいかと思いますが、かなり大きいです。これと別のお店でカフェラテを頼んだらこれまた普通サイズが日本で言うところのLサイズかと思うほどのビッグサイズ。のどが渇いていたので飲み物の方は全部飲みましたが、これは食べきれずにお持ち帰りしました。何故か偶然ビニール袋を持っていたので助かりました(笑)

Img_1240左側が聖ヴィート大聖堂の裏側です。

広場には小さな市が立っていますし、クリスマスツリーも。

この写真で良くお分かりかと思います。これまでの写真と明らかに違うところ。背景に青空が!

そうです、12時に近づくにつれて奇跡的にお天気が回復するのです。

ほんとに神がかり的な幸運だったなぁと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_1250_3

神々しい、とはこんな光景を言う、みたいなこの光り輝き様。

お腹いっぱいになってふらふら歩いていたら、ちょうどこのロケーションで一休みできるこちら側を正面から見られるベンチがあって。座って時計を見たら12時10分前くらいでした。

こんなに晴れたのはいいけれど、風がとても強く(だから雲が吹き飛ばされたのでしょうし)気温が低かったので凍えるような寒さの中、ボーっとちょうど時計の下あたり(格子になっている部分)で人が動いているのを見ていると。

何をしているのかなぁと思っているところで12時になり鐘が鳴り響き、見えていた人たちが大きく動くのが確認でき、鐘を突く準備をしていたのだとわかりました。

もうそこから鐘が鳴り終わるまでの15分ほどを、立ち去ることができずに、自然と手を合わせたくなるような神聖な気持ちで寒さも忘れて一心に見ていました。

鳴り終わったときには拍手をしそうになったほど。

この聖堂が朝から見学できる日だったら、12時にはこの場所にいなかったと思うので。何かのご縁だったのかなぁと。

新年(今年)はきっと何か良いことが起こる、と、錯覚してしまいそうなラッキーな出来事でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5日目 見学開始 後半大失態

場内の見学はいくつかのコースがあって、私はB(小)コースと呼ばれるものを選びました。

Img_1193旧王宮、の後見学したのがこちらのイジー教会。建物内はどこも撮影できなさそうだったので、外観だけ。

プラハは本当に建物一つ一つが色々な特徴のある様式で建てられていて、この城内だけに限っても、前記事の聖ヴィート大聖堂とこの教会の建築様式は違うし、旧王宮はまた全く違う(外観と中身も全く違った)だから混じりあわなくて打ち消しあっているのかと言ったら、そういうわけでは決してなくて。とても調和していると思いました。

Img_1195_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は、こんな道を通って黄金の小路と言われている場所へ。

お土産を買いたい店があって結構楽しみにしていたのです。。

Img_1198小路の概要。

道の両脇に小さな家がひしめき合って建っていて、錬金術師が住んでいたと言われています。

錬金術師と聞いて、魔法使いとかちょっと怪しい人たちのイメージがあって、実在していた感があまり持てなかったのですが、何の影響でしょうね(笑)

人が多すぎて、この路自体の誰もいないところを撮るのは全く持って無理でした。

一件一件お店になっていたり、家の中が展示されていたりで面白かったです。

 

 

Img_1203

                                 

 

 

 

 

こうやって家の中が生活感をそのままに展示されています。ここはミシンがあるから縫子さんの家とかでしょうか。

 

Img_1209こんな服を着た人が家から出てきて、何かユニフォームを着たお店の人かしらと思ったら、このポーズで写真を撮られていた一般の人みたいでした(^0^)まるで衣装、みたいなんですけど。

 

Img_1207

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと窓の人形が怖い?こちらは何の店だったのか。人形屋さんかなぁ。

 

Img_1199_2偶然にも撮っていた右側の水色の壁の家は、作家カフカが仕事場に使っていたいたとのこと。                                         

黄金の小路、に入るゲートの正面だったので最初に写真を撮って。そのまま一通りこの通りをサラッと見終わって外へ出ました。

実はこの左の建物が私が最も行きたかったお店。Kolos Alchemistと言って、錫のチャームが付いたブックマークが人気があるのです。ぜひお土産に買いたいと思っていたのに…

1件ごとじっくり見学しなかったのは、後でもう一回来ようと思っていたから。

だってガイドブックに‟チケットは2日間有効”と書いてあったから。まぁなんて良心的!入り放題?!と思っていたら、大きな勘違い。やっぱりそんなに都合の良い話なんてないんだなぁ…入っていない施設には日をまたいでも入場できるけど、1回入ってしまったら2度目は不可とのことでした。知らずにもう一度ゲートの前でチケットをかざしたけれど「2回目はダメやで」って係りのおじさんに言われました(T T)

写真ももっと人の少ないときに撮ろうと思っていたので、たくさん撮っていなかったし。もう一回チケット買いに戻って見学に来るほど時間があったわけでもなかったから。大誤算、大失敗の巻、大いに落ち込むのでありました(泣)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5日目 城内へ

Img_1177_2

これなんやったっけ。

大司教宮殿ですと。

坂を上りきったところが広場になっており、お城の門のほかに広場を囲むように建物が色々建っておりました。

いくつかある宮殿の一つに、ブリューゲルの絵が展示してあるとガイドブックに載っていたが、見に行く時間がありませんでした。

 

 

 

Img_1178

 

アジア人がいっぱいだΣ( ̄ロ ̄lll)

街中では数えるほどしか出会わなかったのに、大きな観光地にはやっぱりたくさん集まっているんだなぁ。

門番の兵隊さんが左右にいるので、横で写真を撮っている。

撮り終わったら早く中に入ってくれないかな(笑)

この立派な門は実は出口専用で、入り口はこの左側にあります。

 

 

 

 

Img_1182_2

入り口では荷物検査のようなものがありました。

上の兵隊さんは何も観光用にいて下さるわけではなく、このお城の敷地内に大統領官邸がありますので護衛でしょう。

なので検査があるのも頷けます。

中庭を囲む建物の上ではなく、向こうに、ニョキっと教会の尖塔が見えるのが異様ですね。作りが全く違う様式が並んでいて不思議です。

城内はすでに朝早くからたくさんの人が。

日曜日だもん多いよねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_1184角のように見えていた尖塔を持つこちらが聖ヴィート大聖堂です。

大きすぎて全体がフレームに入らずとりあえず上だけ撮ってみた。

こういう古い教会の作りってすごいなぁと思います。

威厳がありすぎです。

外観も素敵ですが、中はまた素敵。

素敵という言葉が適切なのかどうか疑問だけれど。

こちらが正面で。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_1188

こちらは正面向かって右側面です。 

私はどちらかというと、こちらの顔の方が好きです。

お天気が悪いので、随分暗く写ってしまってますね。

大晦日にアップした記事で動画を載せましたが、あれがこちら側から撮ったものでした。

明るさが全く違うのは、お天気が奇跡的にこの後回復するからです。

そのことはまた後日。

続く。

 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村