2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

旅行

研修の後のお楽しみ③

スカイツリーにのぼった、行きたいカフェにも行けた。

さぁ帰ろか?

2日間の研修では緊張もあり、頭もフル活動させたので相当疲れていて。本当は昼過ぎくらいの早めの時間に帰ってゆっくりしようと思っていたのです。

ところがやっぱり貧乏性なのか、欲が出て。行きたいところへ行かず我慢して帰るのはもったいないと向かった先。

Img_2152上野にあるとある美術館。

ブリューゲル展が開催中でした。

関西にも巡回があるのなら地元で観られるけれど、なかったんですねこれが。

好きな画家だし、関西で観ることができないし、まぁなんとグッドタイミングで東京に来れたんでしょう、ってな感じです。これは観るしかない。

平日の真昼間なのに。

上野公園に人の多いこと!

そうか。

動物園もあるしね。

パンダ観に行く人もいるでしょうね。

ブリューゲル展は観やすい混み方でした。

 

 

Top_gallery_works01_medium鮮やかな油彩もあったけれど、私が好きなのはやっぱりこの手の白黒画。

ブリューゲルって感じがするのと(この作風は何代目かな。何代にもわたって画家が続いた画家家系だったそうです)特徴がある不気味なモノたちにはまっています。人喰ってる魚とかジッと見てニヤニヤしてしまう(苦笑)この画のクリアファイル買ってきました(;´▽`A``(悪趣味?)

大分疲れていたけれど、行って正解だったなと思いました。

 

 

 

 

Img_2154美術館の中から見えた外の景色。

銀色の球には建物が写っている。

さらに建物のガラスに写真を撮っている私が写っていました(^0^)

端の方に溶け残った雪が見えています。

毎日寒かったので、東京にいる間ずっと道端に雪がありました。

お昼御飯が軽かった(軽すぎた)のと、寒すぎて体力消耗してお腹が空いていた。

美術館併設のお店にも魅かれたのですが、上野公園の中には色々食べるところもあったんですね。今まで何度か行ったけれどこの界隈で食事をしたことがなかったし、これから新幹線で3時間以上かけて帰るので腹ごしらえすることにしました。

Img_2160_3店内から外を見る。

さすがにテラス席には誰もいない。

私が通されたのは入り口近くの席。寒いです、の条件付きで。時間があまりなかったので良いですと言ったものの、ホントに寒かった。ひざ掛け借りてもあまり効果なし。

Img_2156熱々のドリアもすぐに食べやすい温度になりました(苦笑)

今回物凄く久しぶりに新幹線で東京へ往復しました。

もうずいぶん前から東京へ行くのは飛行機になっていたので。3時間も乗っていると言うのがちょっと苦痛に感じるほど。

飛行機は空港へ、また空港からの乗り換えが面倒だし時間がかかるから結局時間的には一緒でしょと言う人もいるけれど。私はやっぱり飛行機の方が楽だなぁと思ってしまいます。

東京では落ち着いていた雪も。帰りの関ヶ原では猛烈に降っていて。せっかく頑張って早めの列車に乗ったのに30分ほど遅れました。そのおかげで大阪で乗り換えたら新神戸まで立ちっぱ。。そして神戸でも雪が降っていて寒い寒い東京旅行になりました。

次はいつ行けるかなぁ。。

終わり(^-^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

研修の後のお楽しみ②

スカイツリーを満喫して。

ホテルに戻り荷物をピックアップして。

向かったのは某カフェ。

たまたま泊まったホテルから歩いて10分くらいだったそのカフェは最近結構話題になっているらしく。11時過ぎくらいに到着したら多くの女性たち(全員女性だった)が店の前で待っていました。

テンション下げてる場合じゃなかったな。ツリーに向かう途中で行ってみるつもりだったのに。早い時間だったら全然待ち時間が違っただろうなぁ(行くまでにちょっと道に迷っていたのも裏目に出た)

寒い寒い日。店の前は日陰∑(゚∇゚|||)

30分以上待ちました。

あまりにも寒すぎて途中であきらめそうになったくらい、本当に寒かった。

店にやっと入れて。注文を待つ間だけでなく、食べ終わっても全然体が温まっていなかったほど。芯から冷え切ってました(゚ー゚;

Img_2150もっとガッツリ、待っただけの元は取りました(また元とる発言(苦笑))的なメニューにすれば良かったのかも。

でもパンが美味しい店のカフェなので、そこはシンプルに食パンのトーストを食べるべきかと真面目に考えてしまった(汗)

美味しかったです。さすがやわ。

ペリカンカフェにて。

でした。

パン屋のペリカンさんでは(カフェのご近所にある)寒風の中待っている間に、行ってきた人の話をまた聞くとはなしに聞いたところ、「この時間(11時過ぎ)に完売ってどうよ?!」でした。ほんとに何一つ残っていなかったとのこと。だったら猶更、寒い中待って食べられたのは来た甲斐があったというもんだ、と。

Img_2121_2ちなみに。

前日の夜食べたカレー。

ホテルの建物の一階に入っていたお店にて。

ホテルでチケットを買うと安く食べられると張り紙がしてあったので行ってみました。

デッカイナンとカレーはチキン。それとマンゴーラッシー。

通常これが1500円くらいするのだとか。

思ったより美味しかったけど1500円やったら絶対食べへんな(笑)

高かったら美味しくて当たり前、これも関西人的考えですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

研修の後のお楽しみ①

Img_2119会社がとってくれたホテル(赤坂の)よりよっぽど安上がりなのに小ぎれいで電子レンジもついた部屋。

場所代は大きいのかなぁと思ってしまった。

Img_2123ホテルへ向かう途中で奇麗だった某タワーです。

夜景はあまりきれいに撮れないんだよなぁ。

 

明けて翌日。

休日に入って朝。鏡を見たらめっちゃ目が充血してました。

もう充血なんてもんじゃない。

今までで一番ひどい。一瞬‟ギョ!”っとするほど(lll゚Д゚)テンション下がるわー。

最近左の白目が真っ赤になっていることが時々あります。

左右比べたら左がかなり視力が落ちている感じです。

って、説明をしていても話が進まないので。

老化かな、って結論で。。(いや、ストレスかも?)

朝早くに出かけるつもりがゆっくりしてしまった(テンションダダ下がりだから)

最初に向かった先は。

上の夜景の真ん中に写っている某タワーです。

東京スカイツリー!

2回ほど下のソラマチまで行ったことがあったのですが、未だのぼったことはありませんでした。

今回はのぼったる!と思っていたので、比較的近い場所に宿をとりました。

歩いたら20分くらいかなとふんでいて、天気が良かったら歩くつもりでいたものの。この前々日くらいに東京はドカ雪が降り、交通も麻痺していたあの時期。1月23日は仕事を早く終わらせてもらって前乗りしたのですが、ちょうど天気は回復していて。しかしながら物凄ーく寒かったので歩くのは諦め地下鉄で移動です。

最寄駅からのぼり口、チケット売り場を探していると、何やらカメラを持った人たちを見かけました。‟何かイベントでもあるのかしら?”とその時は通って。

さて込み具合はどうだろう。

平日です。

待ち時間0。

さすがに混雑もしなくなったんだねぇ。

時間指定の予約券を買う必要は全くありませんでした。

当日券だと安いのだけれど、展望デッキまで2060円!その上の展望回廊まで行こうと思ったら+1030円…高い!!

デッキまででいいかと思ったのですが、そこはやっぱりのぼろうと意気込んできたし。展望デッキを飛ばして展望回廊へ行くことはできず。次回でいいか、ってことになると、3090円また払わないといけないし(ケチだから(苦笑))

行ってみたら、のぼるだけのことはあるなぁって感じでした。

Img_2126景色が奇麗、というよりも、あ!富士山と思って撮った写真です。

移動中とか、関東にいる間はどこにいてもつい探してしまう。見える景色が当たり前になっていませんからね。

 

ひょっこりとこんな風に飛び出た場所があったり。

Img_2134
                                

 

 

 

 

 

 

 

 

自由研究のためと中学生にインタビュー?されたりもしました(笑)「東京スカイツリーのことを何で知りましたか?」って質問。そんなこと覚えていなかったので、その他、って答えてしまった(苦笑)

Img_2142その中学生たちの話を何とはなしに聞いていると、「あ、影がうつってる」と。

おぉ!くっきりと奇麗にツリーの形が。

思わず撮りました。

教えてくれて有難う。

Img_2141証拠写真も撮りました。

結構楽しんだよね。高いお金払っただけの元はしっかりと取ってきた感じ。って発想は関西人特有のものかなぁ。

カメラを持った人たちの狙っていたものは何かが展望デッキにのぼった直後に分かりました。

キリ番で利用した人の取材。

いいなぁ。

惜しかったなぁってちょっと思ったりして。

テレビに映りたかったとかじゃなくて、なんかもらえるやん。

それも関西人の発想よね(笑)

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

旅の最後に偶然行きついた場所

結構買い物で時間を使ったけれど、まだ帰るまでには余裕がある。

さらにまだ行ってみたいお店があったのでトボトボと今度はJRの高架を越えて反対側へ歩きました。

それにしても暑かった。

この日の最高気温は確か28℃でした。。

Img_1596_2これがそのお店。

看板は隅に本当に小さくしか出ていなくて。地図を見て歩いていなかったら通り過ぎてしまうところでした。

おいている物を見て、ここだ!とわかったので看板は後から探して確認しました(^-^)

『谷中 松野屋』

いつの間にか、また谷中に戻っていました。

完全に買い物熱に火がついてしまっていたのと、事前にHPで調べて‟これを買おうかな”と思っていたものがあったので、あれもこれも欲しいとまた悩んだ末に、ひとつだけ購入。

下調べしていたけれど、実際を見てみたら思っていたのと違う感じがして。

チェコへ行った時より、よっぽどお土産にお金を使ってしまった(汗)

買いたいものが買えて満足して、さぁ帰ろうかと思ったときに。

このお店の先、なんだかとても人が多いのに気づいたので行ってみたらば。

 

 

Photoこの風景がありました。

雑誌とかテレビで何度も見たことがある、この階段坂。

夕焼けだんだん、という名前がついているそうです。

地図の中のその言葉に‟何かしら”と思っていたのに、全然気にしていなかった。

なので行こうと思ってたどり着いたのではなく、本当に偶然の産物でした。

後で気が付いて、しまった!と思わなくてすんでとても良かったです(笑)

だんだんか。

何かいい名前だな(^-^)

写真を撮ったときに、この一枚は真正面からじゃないからボツにしようかと思ったところ、偶然左下にマンホールが写っていて。可愛らしいので採用です。

坂の下に商店街が続いており、行ってみたい気持ちがあったけれども。下りたら上る、と単純に考えてしまったため(下った先の駅まで歩くと言う選択もあったのに)躊躇して。なんせ暑かったですから。歩き疲れていたし。そのまま引き返して早めに駅へ向かいました。

 

Img_1597これが旅行最後の写真です。

あ!スカイツリー、と思って立ち止まってカメラを構えているところに前から来た人が近づいてきて振り返っていました。

「いつでも見れるじゃない」振り返った人に対してお連れさんが言っていました。

そうなんでしょうね。

ツリーも富士山も、いつでも見られるものではないからつい撮ってしまいます。

良い景気、好きな景色はやっぱりいいんですよ。

たった2日間の旅行なのに結構色々書きました。

 

 

 

最後までお読みくださった方がいらっしゃいましたら、有難うございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最後は大人買い?

Info_map_mini_2カヤバ珈琲のHPに載っていた地図を拝借しました。

根津駅からカヤバ珈琲、そして日暮里へ。

外国人の方と多くすれちがいながら、谷中霊園の中の道をテクテク歩く。

桜の季節だったらもっとテンション上がったでしょうが、緑の多い墓地の中ものどかで散歩するには良かったですね。

地名だけ聞いたことがあった日暮里。行く機会があるとは思わなかったけれども。手芸好きには楽しい街って情報で今回は予定に組み込みました。

日暮里に何があるか。

日暮里繊維街という場所があるのですよ。

一本の通りを挟んで、生地屋さんや、ビーズ、ボタン、その他手芸用品を扱うお店が軒を連ねていました。神戸にも高架下に生地屋さんが集まっていましたが、今は多くが他のお店に変わってしまっています。手芸材料をそろえようと思ったら、専門店でまとめるか、もしくは個々のお店を周るしかないので。一か所で色々見て周れるのが面白そうと思って。

Img_1594_24件ほど周って色々物色しました。

細かく見だすと楽しくなって、長いところでは30分以上あーでもないこーでもないと考え込んで。

中でもこのお店では小一時間ほど悩みに悩んでいくつか買い物してきました。

店一件全部欲しいくらい、欲しいものが満載でした(笑)

一見何屋さんかしらと思う外観です。左上のボタンの看板で何となく想像できて、覗き込んでみたくなる仕組み?

『humongous』

 

 

Img_1605もっといっぱい買いたいのは山々でした。

でもそんなことをしても、未だに陽の目を見ない他の材料たちと一緒に埋もれてしまってもしょうがないですし。

手芸好きと同時に買い物好きでもあるので。買ったものを時々取り出して見ては、ニヤニヤしているのが楽しかったりします(;´▽`A``

このお店以外ではビーズのパーツを購入したのと、ギターのワッペンは繊維街ではなく、コンサート会場併設のショップで購入しました。

どうやって使おうかなぁと。

考えるのも楽しいです。

何か形になったらまた載せてみます。

そして旅の最後はあの場所へ。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ここも行きたかったところ

表参道から乗り換えなしで根津へ。

谷根千って言葉をよく聞くので、どんなところか散策しに行ってみました。

と言うより。

行ってみたい喫茶店があった。

Img_1592ここ。

谷中にあるカヤバ珈琲。(列の後ろでカバヤって言っているのは誰?!(苦笑))

よくカフェ本なんかに載っているのです。

GWですし、絶対混んでいると思っていたらやっぱり行列ができていた。

店の近くまで来たら行列が見えたから、あぁあそこなんだろうなとわかりました(苦笑)

とは言っても待てるくらいの待ち人数でした。日なたが暑かったのが誤算でしたが、30分弱で中に通されました。

昔ながらっていうか。喫茶店の建物っぽくないですよね。今はやりの古民家カフェって分類かな。今どきの壁が真っ白なお洒落な建物より、よほど落ち着きますよ。

 

 

 

Img_1589_2たまごサンドのランチ。

これは関西風ですよね。卵焼きを挟んでいるタイプです。

そういえば紅茶セミナーに行ったときに、関東ではトーストのパンは8枚切りが主流だという話をされていました。知っていたけれど、8枚切りって言ったら関西ではサンドイッチを作るときくらいしか使わない?(8か10枚切りだな)いや、スーパーなんかには8枚切りを売っていないですからね。朝食に食べるときは普通5枚切りを買います。売り切れで仕方なく、のときに6枚切りを買うかなぁ、って感じです。

8枚切り1枚ではお昼までもたないし(お腹の都合ですか(笑))

話が逸れましたね。

飲み物はどうしようか考えて結局無難にアイスコーヒーにしてしまった。かなり酸味の強い珈琲でした。

こちらの名物はルシアンと言う名前のコーヒー+ココアのブレンドらしいです。何となく想像がつきそうでつかない飲み物ですね。

たまごサンドにそれはちょっと合わないかなと思って。あくまでもメイン重視です(^0^)たまごサンドも名物です。

この日は朝から粉もんばっかり。

それもあまり時間をおかずに食べ続けました。

前日が昼夜兼用で2食でしたから。反動ですかね。

いや、予定通りです(;´▽`A``

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さらなる雪辱戦 お出迎えは…

雪辱戦の大本命は実はこちらの方でした。

あんなに歩いたのに何で見つけられなかったのか。ひょっとして前を通ったけれど、傘を差していてよく見えていなかったのか。。

Img_1585こんな特徴ある外観の建物なので簡単に見つけられそうなものを。

謎だ。

今回はあっさりと見つけられて拍子抜けしました。

お天気が良かったからラッキーだったし。

それで。

こんな人がお出迎えしてくれました。

 

Img_1580人?

太陽の塔さん?(゚▽゚*)

二階からお出迎えです。

行きたかったのは『岡本太郎記念館』

岡本太郎さんのアトリエと住居があったところです。良い場所に住んでいたんだなぁ。

狭くはないんだと思います。けれども創造物が大きいしたくさん展示してあるので、物凄く過密感があって、狭苦しく思ってしまいます。

逆にそれが面白いのかもしれませんね。

全部は無理ですが、いくつか写真を載せてみましょう。

 

 

 

Img_1550私の後にこの部屋に入ってきた人が、この太郎さんの人形?をびっくりしつつ二度見していたのが面白かった。

びっくりしますよね。精巧にできていましたからね。

部屋を観つつ、人の反応も見て楽しんだ(笑)

中に入ってじっくり観たかったけれど、柵がしてあったので残念でした。

面白いものが色々展示してある、これは太郎さんへのオマージュと言うか。

題名がTaro’s Vibrationとなっていました。

 

 

 

Img_1558こちらはアトリエだわね。

天井が高くて結構広いのに、やっぱり創造物が大きくて足の踏み場があまりない感じがします。

明るくて良い部屋だなぁ。北向き、かな。

 

 

Img_1561

 

 

 

 

 

 

 

Img_1572外は外で、こんなにでっかいオブジェがあるしね(^0^)

面白いですよ。雨だったら写真が撮りにくかったと思うので、お天気に恵まれてラッキーでした。

もうすでにお茶してしまった後だったので立ち寄れなかったけれど。敷地の一角にはカフェもあります。このオブジェたちをさかなに茶を飲むってこともできます。(内容を調べてみたら、かなりお高めの値段でした。。(汗))

 

Img_1540

こじんまりとした美術館なので、たっぷり時間がなくても小一時間ほどあればお土産も含めて十分見て周れます。

面白いところがないかなぁとお探しの方は行ってみられてはいかがでしょうか。

続く。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

次なるは前回の雪辱戦

そうでした。

雪辱戦、の話を書こうと思ったら。

前回大変な目にあったことを思い出しました。

鎌倉・東京旅行の巻

そういえば、この時もグランドセントラルオイスターバーへ行こうと思っていて。全くそんな体調ではなく、今回も行こうと思っていたけれど結局行ってなかった。また次回の雪辱戦かなぁ(苦笑)雪辱は食べ物限定なのか。そんなわけでもないですよ(汗)

でもやっぱり最初は食べ物です(どっちやねん(^0^))

Img_1538とあるお店のアップルパイです。

朝からアップルパイです。

今回の旅行も安宿に泊まり、朝ご飯はついていましたがパンと飲み物だけ。でもパンをてんこ盛り食べたんでしょ?いや、アップルパイに備えて少し控えましたよ(笑)

場所は青山。

青山って聞いただけでお洒落!と思う地方者(;´▽`A``

最寄りは表参道駅。

表参道!(゚▽゚*)

前回この界隈へ来た時に、ある場所を探して歩き周ったけれど結局見つけられず。その途中で偶然行ってみたかったこのお店の前を通ったのでした。

本来の目的は忘れて食欲に走るか。。一瞬考え。

その時は行列ができていた。

なので時間の制約もあるし止めたのでした。

この度はそれを踏まえて朝一番に行く予定にしていました。10時は少し過ぎていたけれど、すでに3組ほど来店していて。あまり広いお店ではないため、私のすぐ後に来た人で席はすべてうまってしまいました。危ない危ない。

定番を食べようかと思い悩むも。期間限定で店名にもなっているリンゴを使ったパイがあるとのことでそれにしてみました。

パイ以外にもなんか色々皿に乗ってきた(笑)アイス、生クリームに、選べるソースはキャラメルにしました。正直アイスだけでも良い気がしますが、そこはまぁ店のしきたり?に従いますよ。

これはアメリカンスタイルですかねぇ。クランブルが上に乗っている。どちらかと言うと、オーソドックスなパイ生地が上に乗ってる方が私は好きかなぁ。迷うんならせっかくだから、2種類くらい頼んだら良かったなぁ。

お店の名前は。

『グラニースミス』です。

グラニースミスと言う名前のリンゴがあるということを初めて知りました。

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

橋の上の麒麟

Img_1534_22日目朝は五街道の起点となったここからスタート。

泊まっていたホテルから一駅。十分歩ける距離でしたが、地下鉄に乗りました。

それで思い出しました。東京の地下鉄1日券は、24時間券になったんですね。

今までは買った当日中有効だったと思うのですが、外国のように丸々24時間乗り放題になった。朝~朝まで使えるので、使い勝手が良くてありがたい。今回は前日買った券が使えたので、と言うことでした。

日本橋の看板と、こちらは獅子。

 

 

そして。

日本橋と言えば。

Img_1536_5
こちらの麒麟。

思い出すのは東野圭吾のあれですね(^-^)

動物園にいるキリンとは別物ですよ。

伝説の生き物ですからね。

羽ついていますしね(^0^)

写真撮影が終わったら早速移動。

東京の人はこんなところで立ち止まって写真撮ったりしないんだろうねぇ(笑)

次に向かった先は。。

続く。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

やっぱり観て良かった

旅行の目的。

大きな理由その2はミュシャ展の鑑賞でした。

正直なところ、もっとすいているときにゆっくり観たかった、でしたが。GW中なんだからそれを言っちゃいかんだろう、なわけで。そんな時期に行く自分が悪いんだし(苦笑)

集中しきれないところがあったのは、やっぱり非常に残念ではあったけれど、わざわざ観に行く価値が大いにあったなぁと感じました。

テレビで見ても、すごいだろうなぁと想像はできても、実際とは全然違います。当たり前ですね。

荷物が重いので、財布だけ持って後はロッカーに預けたところ、館内で撮影可能な場所があって‟失敗した…”と思いました。そんなことができるなんて夢にも思わないですよね(汗)でも、もっと情報は集めておくべきだ、な。それでも、写真に撮る場合には、うじゃうじゃ人がいるのも込みだし、あの大きさを全体を入れて撮るのも難しそう。写真を撮りだすと、そちらに集中して自分の眼で観ることが疎かになるし。結局は時間をかけて観れたので良かったかな。

Slavepopejhp01何といっても。

この画が一番印象的でした。

‟原故郷のスラブ民族”

左下の女の人の眼。

何を訴えかけているのか。

ジーッとこの目線と合う真正面から向き合いました。

右上の神様の姿も気になりますが、大きな画なので見上げ続けるのも大変。

それよりもやっぱり物凄く気になるんです、この女の人の視線が(;´▽`A``

スラブ叙事詩の展示室を一巡して戻り、全体を最後まで一通り観てはまた戻り、で結局3度観することとなりました。ずっと観ていたら何かしゃべりかけてきそうな気がしてくる(^-^)強烈に印象に残る1枚でした。

他の画にも、こちらをジッと見ている人が描かれている物もあります。でも、これほどじゃないんだなぁ。

スラブ叙事詩と呼ばれる20枚はキャンバスに貼られた状態ではないので、巻いて運搬したそうです。そうでないと持ち運びできないのですが、それにしたって巻いた状態でも長いから。運び出すのは大変だったでしょうね。

ミュシャと言うと、ポスターのあのホワっとした印象の物を思い浮かべがち。そのイメージがガラッと変わる作品でした。ポスターの方は冷やかし程度にしか観なかったのであまり印象に残っていないほど(苦笑)

Img_1531帰り際に。

水玉カボチャ発見!

行くときも横を通ったはずなのに、全く気が付かず。

こんなに目立つのに?(^0^)

前しか見てませんでしたね(汗)チケット買うのに並んだら目の前だったから気づいたかな。チケット持っていたので素通りでした。

ミュシャ展は観たのに写真はなくて、草間彌生展は観てないのにカボチャの写真を撮る(苦笑)

翌日は本当は。

箱根のポーラ美術館へ行ってゲルニカのタペストリを観ようかと思っていたのです。そのためだけに箱根に行くのはもったいないような気もして止めました。元々持っているのは群馬県の美術館らしいので、今回の展覧会が終わってもいつか観る機会はあるのかなとも思っています。観たくなったのは、原田マハ氏の『暗幕のゲルニカ』を読んだから。面白かったですよ。『楽園のカンヴァス』ほどではないけれど。ルソー贔屓だからってわけでもないです。

長くなりました。

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧