2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

旅行・地域

環境は抜群、でも…

旅行記続きです。

郡山で新幹線を在来線に乗り継ぐ。

宮城、福島、山形辺り、土日に使える周遊きっぷの様な物がありまして。それを求めるべくまた郡山駅でみどりの窓口を探す。乗り換え時間は10数分。間にあうかなぁ(新幹線の写真を撮っている場合ではない。本当に。)すぐに見つかるかなぁと思っていたら。

駅の構内にあった!

ラッキーヽ(´▽`)/

008こんな電車に乗り込んだ。

この赤いの、イラストはあかべこ?

郡山→猪苗代、猪苗代→仙台の移動予定は。

在来線を使っても、結構な運賃になるところ、フリーエリア内は1日乗り放題で2670円。絶対にお得です。(小さな旅ホリデー・パス

青春18きっぷが使える期間は最大活用するのですが、そうではない時期に旅行に行く時はこうやってお得な切符がないか探すことにしています。バスも1日乗り放題とか、特典が付いていたりしてお得な物がありますよ。金に糸目は。。なら別ですが、そうでなければ下調べは必須です(笑)

猪苗代駅についてみたら。

後ろからえらい団体がゾロゾロ降りてきた。

わぁ、バスが満席だったらどうしようと思っていたけれど。ツアー客は駅前に止まっていた専用バスですぐに去って行かれました(^0^)

そして、自分が乗るバスには。

なんと、私と、3人連れの家族が一組、だけでほぼ貸切の状態。

そこから降車するバス停まで、一度もバスは止まることなく。そして、目的地で降車したのは私ただ一人∑(゚∇゚|||)

寂しすぎる。

目指す場所は、バス停の目の前なので。

迷いようもありませんでした。

018ダリ!

アメリカが愛したダリ展。

ここは猪苗代駅から路線バスで約30分。裏磐梯の風光明美な所にある、日本のダリ美術館と呼ばれる場所。

正式にはダリ美術館と言う名前ではありません。

個人所有のダリ作品が、おそらく日本で一番たくさん展示されています。

正式名称は。

 

 

020ちょっと字が小さくて見にくいですね(汗)

諸橋近代美術館。

諸橋は、収集家のお名前です。

物凄く景色の素晴らしい場所にあります。

そして建物も素晴らしい!のです。

本当に環境は抜群、完璧。

でも遠い!

この度は仙台からでしたけれど。福島空港を使ったとしても、公共の交通機関で行く場合はそれなりに時間はかかると思います。

車が無いと、本当に不便です。バスで行く人なんてほとんどいないんだろうな。行った日は日曜だったのにあのありさまでしたから。駐車場には結構車は止まっていました。この辺の観光をするときにはついでに、みたいに立ち寄る場所なんでしょうか。

調べれば建物がどんなか分かりますけれど。

全貌は次の記事で。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

出だしは雨

本気降りの雨の中岡山へ。

最初の目的地は…

001場所の特定のために、目標物を載せてみる。

ただのお好み焼きではありません。

具は豚バラではありません。

さて何でしょうか。

正解は牡蠣です。

かきおこを食べに日生へ。

2度目の訪問でした。

前回の訪問もかきおこを食べるためでありました。

かきおこ=牡蠣のお好み焼きです。

食べたいものに対しては、非常に貪欲です(苦笑)せっかく岡山へ行く途中で通るんだし。そろそろ牡蠣の季節も終わりですし。これは食べておくしかないだろうと。

到着するころには止んでいたらいいなぁ、の願いもむなしく。それどころか降りが激しくなったとさえ感じるほどでしたので。港近くまで行くのは諦めて、駅からそう遠くないお店へ飛び込みで。

前回食べたお店ではとてもソースが薄味だった気がしました。牡蠣の味が濃厚だった。今回のはソースたっぷりで牡蠣の味が負けていた様な。。

とりあえずは目的を果たし。1時間後には次の電車に乗ることが出来た(1時間に1本のダイヤ。乗り過ごしたら1時間後まで雨だし、時間つぶしが出来ないので。結構ヒヤヒヤものでした。)

電車にまたゆられている間も雨は降り続き。

降っていなければ、後楽園や烏城を見学しに行こうと考えていたのに。写真も撮り辛いだろうし。濡れないで過ごせるところどこかないかなぁと。結局予定変更で倉敷へ。

駅前には以前チボリ公園なるテーマパークがありました。前回倉敷を訪れたのはそのチボリ公園があった頃。かれこれ15年は前になります(公園自体が無くなったのはもっと後です)その跡地が今ではアウトレットになっていました。

旅行へ来てまで買い物もないだろう、そんな気持ちや、買い物する気もないしなぁ、そんな気持ちもあり。もし買い物しても荷物が増えるだけやしなぁ、そう思ったりも。で、熱も入らずブラブラしているうちに雨は上がり。

よし、町の散策だヽ(´▽`)/

004こちらは銀行の建物です。

レトロなまま残っていました。

昔ながらの町並みが残る界隈でも浮かずにちゃんと溶け込んでいました。

 

005_3                               

 

 

 

へたくそな構図の写真(お粗末(汗))

こんな古い家々が道の両側に続いている通りを歩いて行くと、目指すお店が見つかりました。

一目見ただけで、良い雰囲気だなぁとだれしもが感じそうなお店。店内は予想を裏切らず混み合っていました。待ちすでに2組。それも随分と待っている様子。

020_2しばらくすると、

「あの人見たことがあるけど、誰だったっけ?なにしてる人?」

そんな声が聞こえる。

視線は店の外へそそがれている。

何やらテレビカメラが見える。。

と思っていると、ガラッと戸が開いて“こんにちは“の声とともに現れたのは、小宮悦子さんでした(^0^)普通に入って来られて。お邪魔しました、と、すぐに出て行かれました。何の番組の取材だったのでしょうか?その後も、違う場所でお見かけしました。お綺麗でしたよ。さすがだなぁ(笑)

012_2一休みしようと入ったけれども、お茶を飲むには遅い時間。16時半頃でした。

それに、近くの席で女性3人組が食べていたカレーが物凄く美味しそうで。においに負け、デザートが付いているカレーセットを早い夕食として食べることに。

あげた野菜に雑穀ご飯のカレー。

らっきょうや福神漬ではなく、一緒についていたのは酢漬けの野菜でした。

美味しかったです(お腹が空いていたし)

トレーの下の机。なんだかぼこぼこしているのがお分かりかと思います。

008_3こんな感じの大きな一枚板のつくえ。

真ん中に穴が開いています。前からこのお店に有った物でしょうか?

和洋折衷のお店の感じに合っていました。

 

 

 

 

 

013_2甘いものは結局軽い物に(ババロアでした。ケーキが出ないかなぁと期待していたのに。残念。。)

本当は夕ご飯には食べたいものがあり。予約が必要と言う事だったので当日問い合わせてみたのでしたが。今日はいっぱいですとのことで、希望は叶いませんでした。

まぁいいか。というより、仕方ないでしょう。そのお店を見つけたのは前日の夜遅く。当日の予約では難しというものでした。

そのお陰で、こんなお店でゆっくりと楽しめたし。嬉しい誤算でした。

続く。。

022美観地区にて。

非常に分かりにくい写真ですが。。(拡大して見てもらっても顔は分からないと思います(苦笑))

ブルーグリーンのコート姿の方が小宮さんです。

 

020

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

待ってました 名古屋めし

001到着したのが1時半頃でした。

朝ごはんが早かったので、お腹がペコペコ。

前もって示し合わせていただわけではないのに、“冷たいきしめんってあるんかなぁ”とつぶやいた友人。

!!

食べたいと思っていたんだよぉ。

それなら話は早い。

すぐに飲食店街を探して見つけたお店で食べたのは。えび天おろしきしめん。麺はきしめんと蕎麦を選べたので、“きしめんで”と申告したけれど。何も言わなかったら勝手にきしめんになっていたのかなぁ。

きしめんとそば。

関西でうどんとそばを選べるように。

こちらではきしめんを選べるのでしょうね。

おいしかったですよ。

えびの天ぷらも2匹乗っていてお腹がいっぱいになりました。

ここで時刻は2時半。

やっと目的の(名古屋めしを食すのも目的ではある(笑))美術展を見るべく名古屋市美術館へ。外はちょうど1日で一番暑い時間帯。

003平日だったので大丈夫と思っていたけれど。混み具合はどうかなぁ。

随分とすいていました。

ですのでゆっくり見られました。

ほとんどがレンブラントの作品でした。

とはいっても、版画の物が大多数です。油絵の様な一点物は少なかったので集めやすかったのかも。

緻密で、大きさも小型の物が多く。混んでいなかったからこそ近寄ってじっくり見られました。

随分と熱心に見た。展覧会へ行っても、人が多いとそれだけで見る気がそがれて、ササっと見るだけで退散ってことも多いので。2時間もかけて鑑賞するなんてことはとても珍しい事。見終わって思わず“意外と楽しかったなぁ”そんな感想を漏らしてしまいました。

満足でした。

お土産を物色したり、休んだりしてから。今度は常設展を見に行きました。

006そこでまた登場。

こちらの写真。

入り口天井からつりさげられていた物。

常設展の作品一覧を見たけれど分からなかった。

誰かこの人?について書いていないかと調べてみても分からず。気になるばかり。

 

004_3他にも、こんなに大きなオブジェがあったり(『ハンマリングマン』という題名だそうです。腕が動いてハンマリングの動作をします。)

その奥にも大きな建物のオブジェ。

 

 

008_4一緒に写っている人の大きさと比較してもらえれば良く分かるでしょう。

随分と大掛かり。

常設展絵の部では、藤田嗣治やモディリアーニや。

有名な画家の絵も多数。

01_2その中で印象に残ったのは、フリーダカーロの『死の仮面を被った少女』

こちらの絵です。

小さい作品だったのですが、女の子の可愛らしい服の上に乗っているこの仮面が異様でした。

特別展も常設展も。

十分に楽しんだらもう夕方6時。

金曜はちょうど、開館時間延長で8時まで鑑賞できるようでしたので、随分と余裕を持って行動できました。

お昼ご飯が遅かったけれど。

良く歩いてカロリーも消費したので。

013やけに綺麗に撮れているこれ。

名古屋めし代表ひつまぶし。

『白河』と言うお店でいただきました。

隣に座った地元人らしきグループの人の話が耳に入って。

“大阪の友人をひつまぶしの店に連れて行こうと思って、ここ(白河)と蓬莱軒と迷ったけれど、値段がこちらの方が安かったので…”そんな風に言っていた。

蓬莱軒はひつまぶしを最初に出したお店と聞いています。でもこのお話の通り、ちょっと敷居が高そうだし値段も少々お高い(夕食なら3000円弱でも出していいのかも。考えてみたらうな重も有名なお店はそれくらいの相場ですよね。)いつかは行ってみたいと思っています。

015うな茶の写真ものせておきます。

実はここのお店は2回目。

他のお店でも食べたことがあるのですが、そのお店はうなぎの味が濃すぎてからかった。

ここのは、足りなかったらかけてください、と、たれを別に出してくれていて。

関西人にはちょうどよい塩梅でした。

これで名古屋めし2つ制覇です(^0^)

続く…

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

帰神(帰心)

またまた続きです。

土曜の夜は、久しぶりにパソコンを相手にすることなく、ゆっくりとテレビでドラマなんかを見て、グッと来るものがあり涙して。

あとは早々に…寝ました。

最近は家でも睡眠障害になっていて、長い時間続けて寝られないのですが。

旅行なんかに行くともう、夜は寝られなくて大変なのに、今回は夜中何度か起きたにしても良く寝た。

翌日日曜は。

前日ゆっくりしたから、早朝から稼動しようと起床時間も早くするつもりが。

結局チェックアウトの時間ギリギリまで起きられず。

起きてみたらば、みたで

ヽ(゚Д゚;)ノ!!

“あなた一体どちら様???”

というくらい。

あり得ないくらい顔がむくんでいました。

前代未聞。

朝から気分悪し。

とはいっても、そこは旅先。

“外出なんかしたくないー!”

と駄々をこねてもいられないし。

気を取り直して向かった先は上野公園。

緑の多い公園です。

お天気が良くなかったのが残念でしたが、散歩だけするにも気持ちの良いところでした。

とても広大な敷地に、美術館・博物館がいくつも点在していて、そのどこかに行くお客さんたちで朝から大層な人出。

中にはルーブル美術館展をしている美術館があり、80分待ちの札を持っている係の人が立っていました。

一応、行ってみようかと思う博物館はあったのですが、歩いている途中で、もっと心引かれる催しがあればシフトしようかとも思っていました。

恐竜展は5分待ち。

んーどうかなぁと一瞬迷ったり。

そうこうする内に、公園の一番奥、目指す東京国立博物館へたどり着いたので、予定通りの見学をすることにしました。

P5311151

こちらの本館内で予約を済ませて、次の上映時間までは時間があったので、ミュージアムショップをひやかしたり、外のベンチでボーっと道行く人を観察したり。

P5311153

人見知りしないで寄ってくるすずめを写真に撮ろうと追いかけてみたり。

私が見たかったのは、こちらのミュージアムシアターで上映されていた『ウスペンスキー大聖堂』のバーチャルリアリティ。

ロシアの世界遺産クレムリンの中にある、大聖堂の中を、普段は見られない角度から見られたり、実際に自分が見て周っているかのような体験が出来るものでした。

ロシアの…っていうのが大切。

西本さんが修行をつまれた所。

この大聖堂も見学されたかなぁなんて考えながら見ていました。

「世界遺産クレムリン ロシア皇帝の祈りの空間」

ちょうど私が見学した日までの上映でしたので、現在はプログラムが変わっています。

P5311159

これは何の列かというと。

同じ敷地内にある、別の展覧会を見る人の行列。

こちらも80分待ち。

何を展示してあるかというと、奈良は興福寺の《国宝 阿修羅像》

凄い人気でした。

とりあえず目的は果たしたのでお腹もすいたし、銀座へ。

朝起きられなくて朝食を抜いていたのでこの日最初の食事をとるために銀座松屋へ行きました。前にも入ったことのあるお寿司屋さんがあるのと、唯一お土産に買って帰りたい物がこのデパートにはありました。

P5311160 P5311161_2

ちょっと敷居が高かったけれど一人で寿司屋に入ってみました。

ちらし寿司だったのですが、「嫌いな物は無いですか?」って店員さんがちゃんと聞いてくださいました。

見た目も美しく、美味しかったです。

満足満足。

“銀座で寿司”っていうのも自己満足(^-^)

ご飯を食べた後は、お土産。

ここのお菓子を買うのは今回で3回目。

最近関東遠征するとお土産は専らこればっかりです。

R6_m

ガトーフェスタハラダの《グーテデロワ》

いつもどこの店も行列が出来ているのですが、今回も10分ほど並びました。

皆このお徳用パックを山ほど買っておられます。

人に配るように小さいパックが販売されていないのが難点。

食べだすと止まらなくて、いっぺんに無くなってしまうから。人にあげるどころではないのでいいんですけどね。(いいのか?(・c_,・。)ゞ)

もうお土産まで買ってしまったし。

名前をよく聞く、銀座山野楽器へ行って(一度行ってみたかった(^-^))、ギターの楽譜を買ったり。

休憩のためお茶を飲んだり。

のんびりしました。

後は特に行きたいところも見たいものもなく、フラフラと銀座の町を歩いていると。

P5311165_2見つけたのは工事中のヤマハ銀座ビルにかかるシート。

印刷されているのは藤城清二さんの作品です。

何て題名の作品か説明文があったんですが、後で調べたら分かるかなぁと思ってちゃんと読んでおらず。

結局調べても分かりませんでした。

このビルを見上げて写真を撮って。

さあ出発と思ったら。

お隣に、ひところ行列が出来話題になったH&Mを発見。

話のタネにと入ってみたけれど、とても着こなせそうな服はなく。

早々に立ち去りました。

P5311167_2駅に向かう道すがら、口寂しいなーと思っていたところ、タイムリーなことにたい焼き屋を発見。

思わず買い食いをしてしまいました。

でも。

あんこが少なかった。いまいち。

十分銀座を堪能してもまだ17時過ぎでした。

時間つぶしに適当に歩くのも面倒になり、飛行機の時間までにはまだ随分ありましたが、空港へ向かいました。

P5311169_2 P5311173

で、また飛行機の見学 (´^c_,^` )

どれだけ飛行機がすきやねんって話なのですが。

多分1日でも見学してられると思います。

この旅行で一番時間を費やしたのは、結局飛行機を見ること。

私の心の中は飛行機で一杯になってしまいました。

いやいや。

西本さんの凛々しいお姿はシカと胸に刻み込んできましたよ。

それはもちろんです。

振り返ってみれば、十分に充実していた2日間なのでした。

おわり。

超大作になってしまった。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

誤算

続きです。

展望デッキを後にして、向かった先は横浜。

空港から乗り換えなしで30分ほど。

便利ですね。

お天気がよくなかったので、歩き回る観光は止めにして(そして飛行機を立ちんぼで見ていて脚が疲れたから)、まっすぐにコンサートホールがあるみなとみらい地区へ向かってみました。

P5301143_3歩く道すがら、見えた日本丸。

中を見学できるようになっているようですが。

近づいてみることも無く素通りしてしまいました。

船には興味なし(^-^)

お天気が良ければ、景色が綺麗なんでしょうね…

購買意欲のない、購買力もない現在、ウインドーショッピングも目の毒なので、数々のお店の前も足早に歩き去る。

P5301146_2

物欲は無くても、無くならないのは食欲。

店がたくさんありすぎて迷わないように、予め調べていました。

そこだけははずさない、はずせないというか

(・c_,・。)ゞ

お店に一番乗りです。

まだ11時過ぎでしたからね。

お昼を食べるには時間が早かったし。

朝ご飯食べたのが5時半とかだったのでお腹がすいていたし。(何でそんなに言い訳してるのか)

P5301147_4

でか盛りのサラダにパンとスープ。

サラダは結構な量でしたが、ほとんどが青物、葉っぱ物。フォークで食べるのに時間がかかった割には、お腹に溜まらず。

パンとスープもお上品な量でした。

P5301150

サラダと言えば、私の中では《フロインドリーブのサラダ》が王道なので、ボリュームも内容も満足がいかず。残念。

デザートはココアのプリン。

これもかなりのミニサイズ。かなし。

他のメニューにすればよかったと、珍しく後悔しました。

食事後。

コンサートへ。

ここからが今回のメインイベント。

Photoプログラム

バルトーク    ルーマニア民族舞曲 S.76

プロコフィエフ  交響曲第1番二短調「古典」作品25

ブラームス    交響曲第1番ハ短調 作品68

今回のコンサートは一般発売が始まって、席を選べるようになってから購入したにしては、自分でも納得のいく席でした。第一に西本さんを近くで感じられる、それだけにこだわった席(笑)せっかく横浜まで足を伸ばすんです。良い席を取れなかったら行く意味がありません。

チケット代は今までの最高値を更新しました。

その代わり!の前から4列目で左端から6番目の席。指揮台はすぐそばでした。

さてプログラム。

先入観を持たずに聴く。

あ、これは単なる言い訳です。

いつものことですが、予習もしないので何の刷り込みも情報も持ち合わせず、馴染みの薄いバルトークの民族音楽を聴きました。

民族色の濃い好きな感じの曲でしたね。

良かったら聴いてみてください。

曲が終わって、終わったのかなぁと思っていたらパラって拍手がおこって。

終わった??それともまだ??

そうしたら、西本さんが「エヘッ」(いや違ったかも)とにかく、コンミスさんの方を向いて声を出して笑われました。

それが合図だったかのように、観客席から失笑とともにワーッって拍手が。

前述の拍手がフライングだったのかなぁ。

コンサート中に笑い顔が見られてラッキーでしたよ。

笑い顔が見られるなんて。

こちらも笑顔になりました。

とここまでは正常な状態でした。

正常というのは私の聴く体制がってことです。

この後に起こる異常。

闘っていた相手は眠気。

2曲目のプロコフィエフのコンチェルトは聴いたことがないってことで、自分で自分を許してあげようかとも思いましたが。

この曲を聴くために!と思って意気込んでやってきたのに、ブラ1の途中で睡魔に襲われるなんて…

考えようによっては、西本さんの存在を極近くに感じながらの究極の眠りだったとも言えるとしても。

勿体無さすぎる!

当日は2時間ほどしかねていませんでした。

はい、ただの言い訳です。

だとしたら、折角早く到着したんだからどこかで転寝でもして睡眠を補うとか、食事を我慢してコンサート後にするとか、睡魔をシャットアウトする方法は何かあったんじゃないかと。

そんなことを言っても後の祭り。

終演後に気持ちが沈んで、誰かに話を聞いてもらおうとメールをしました。

“私のアホー”って内容で。

そしたら大いに笑われてしまった模様。

私だって反対の立場だったら笑うやろうな(´c_Å)

結局、睡魔に負けた自分が許せず、西本さんに顔向けができないと言う理由で出待ちは取りやめて。引き返そうかと迷いながらも、足が戻ってくれず、そんなこんなで、お会いできるかもと思っていたファン友さんともお会いできずじまいでした。

そこまで凹むと、もうそこから観光する気にもならず、夕食も一人で外食っていうのがわびしくなり、ホテルの最寄り駅でデパ地下をウロウロして、食べたいものを見繕って部屋で食べる。夕食後は死んだように寝呆けたのであります。

アンコール曲

寝とぼけた人間が贅沢言ったらだめだし、ルーマニアのオケで、プログラムの内容があれなら当然これ!だったんでしょうが…他の曲が聴きたかった、です。(曲名書かなくても分かる人には分かるでしょうね)

『仮面舞踏会』なら、またパッチリと目が覚めた(_ _)Zzz・・・(゚C_゚)はず?いや確実に。

続く…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

出発

今日は午後から実に2ヶ月ぶりに仕事をしてきました。

某国立大学医学部の学生が、定期健診を受ける際の受付のお手伝い。

単純作業でしたが何せ人数が多くて、忙しかったです。

それでも久しぶりの仕事、疲れましたがとても楽しかったのも事実です。

さて。

この土日で何をしていたかについて。

まず土曜日です。

早朝、始発の次の便の飛行機に乗るため家を出たのが6時前。

“あぁ晴れかsun歩いて駅まで行けるな”

朝の空気もすがすがしく、意気揚々と徒歩で駅へ。

今の時期は、6時前ならもうとっくに明るくなっているのですが、前回は同じ便に乗ったのが冬の出来事。冬なら同じ時刻には真っ暗で。おまけに時間がおして駅まで歩けなかったので、タクシーを拾おうと思ったら、走っていないんですよその時間…焦った記憶がよみがえりました。

飛行機airplaneに乗ってみたら関西方面は晴れていましたよ。

“今日は神戸が晴れてsunくれてたって何の意味もないんやけど…”

思っていたら案の定。東に向かうにつれて雲cloudが多くなってきました。

“ほらね!やっぱり!!”

P5301122前回あまりにも綺麗に見えた富士山。

見とれて写真を撮るのを忘れていたので、今回はと思い、ちゃんと見られる側の窓際の席を予約していました。

ところが…

山頂の雪が消えていないこの季節。

天候はくもり。雲だらけ。一面雲。視界は真っ白。

この写真を見たってどこに富士山が??と思うでしょ。

裾野も見えないし、見えている部分は雪で真っ白なので、雲なのか山頂なのか判別ほとんど不可能。

この日は“富士山が見えます”っていうアナウンスもなかったですからね。

それでも。

「ごめんなさい。富士山を見ようと思って。」

と、空いている隣の席に突然移動してきた人もいるのですから、富士山ってやっぱり日本人の一番好きな山なんだなぁと改めて確信しました。

着陸するころには、雨も降り出し、景色がひらけたのは空港が、陸地が随分低く見える頃。急に視界がぽっかり明いた奇妙な感じでした。

“フン!やっぱり雨やんかー!!”

期待を裏切らないところはさすがでしょ(-c_,-メ)

P5301140_2いつもは到着したら、すぐに目的地に向かうため、通過地点にしか過ぎない空港。

今回は急ぐ旅でもなし。

時刻もまだ9時前。

折角だから展望デッキで飛行機を堪能してから出かけようと。生憎の雨の中外へ出てみました。

P5301138_2さすがは羽田空港。

面白いほど次々と飛行機が飛び立っていきます。

(朝ラッシュ時の御堂筋線並み(^0^)分かる人にだけ分かる…)

普段なら、飛び上がった後、その機体が小さくなるまで見送って、見えなくなって。

そのはずが。

天候のせいで、高度が低いところまで雲が垂れ込めており、飛び立ってすぐに、忽然と消える格好で飛行機が見えなくなるところが面白かったです。

P5301142

そして、この瞬間。

マーシャラーの指示で、あんなに大きな機体を、あんな細い線の上をまっすぐ進入させて停止する技。

何時見ても、何回見ても感動します。

自分の目の前の搭乗口に飛行機が近づいて、この瞬間を見届けてから展望デッキを去りました。

気がついたら1時間以上経っていました。

立っていました。ずっと。

どこも雨に濡れていたから(飛行機バカか…またはオタク?)

富士山と飛行機だけでこんなに記事が長くなってしまいました。

今日はコンサートまで辿り着かないや(・c_,・。)ゞ

続く…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

可愛かったー!

さて何が可愛かったのでしょうか。

色々考えてみてくださいね。

1日の夜遅くに帰ってきて、2日はさすがに外出せずに家に居りましたが、3日、朝早くからある場所へ向かうべく外出しました。家を出たのは何と6時過ぎsign03乗り継ぎの関係上、予定している電車にどうしても乗らなければいけなかったのに、そういうときに限ってギリギリになってしまう悪い癖故、駅まで普通に歩いて15、6分かかるところ12分で歩き(走り?)ました。早朝で車の通行が少ないのをいいことに、えぇ信号無視もしましたよ。(えらそうに言うことでは…)駅までノンストップです。

その甲斐あって電車に乗れ、途中大阪の南の方で友人も乗り込んできました。

元町→大阪→和歌山→御坊→紀伊田辺→白浜

私の場合は、6時24分の快速に乗り、乗り換えの末白浜に着いたのは11時5分。

約4時間半の行程です。

もう5時間弱の乗車なんてへっちゃらですよ。本当に。

この日はお連れもいたし、あっという間でした。

そうです、この日も青春18きっぷの旅でありました。

到着した白浜で何をしたか。

向かった先はアドベンチャーワールド。

この辺で分かってきたでしょうか?可愛かったもの(^-^)

着いてすぐにショーが始まるようだったので会場へ。

P1030655_2こちら、観客が投げた輪っかをキャッチしようとしているアシカです。

良く訓練されていました。

このあと観客席から出てきた、スタッフのさくらもろとも冷たい水の中へ真っ逆さまという場面もあり、なかなか大人も楽しめるショーでした。

P1030662_2続いてこちらはイルカのショーです。

上からぶら下がっているボールを突いて落下してくるところを運よく撮れました。

イルカ横になってます。(゚c_,゚`。)プッ

トレーナーは一人で何頭ものイルカを操って、迫力がありました。

でも私が考えていたのは、ウエットスーツを着ていても寒いだろうなーという現実的なこと。

失礼しました。

この後はお待ちかねの昼ごはんなのですが…

この日はその内容に全く期待はしていませんでした。こういうところのご飯って…ですよね。人出がそんなに多くなければもっとましな店へ入れたのでしょうが、この日はお正月も3日だというのに物凄い人出。(私もその中の一人なので文句は言えないですが)どこの店も軽く30分待ちと言われ、結局一番収容人数の多い店でバイキングを食べる羽目に。

P1030663_2こういうご飯を食べることは物凄く不本意です。

といってもそんなに待っている時間ももったいないし、こんなカロリーの高い食事をしてしまいました。

(文句言ってるわりに量をたくさんとりすぎでは…)

唯一の救いは、ぶりの刺身を食べられたこと。

このあと団体がきて、刺身はすぐに売り切れとなってしまったのでラッキーでした。

昼食の後は、この日の最大の目的。

昨年ニュースでよく取りあげられていましたよね。

こちらの赤ちゃんです。

P1030684 P1030697_3

可愛いーsign03でしょ?

最初見に行った時は1頭だけだったのですが(さて双子のうちどちらだったのでしょう?写真を撮るのに夢中で分からずじまいでした。)、2回目にもう一度見に行くと2頭に増えていました。梅浜(メス)と永浜(オス)です。つれて帰りたいくらい可愛かったですよ。(´^c_,^` )

大きくなってしまう前にどうしても見たかったので、今回強行スケジュールにも関わらず足を運んだわけですが、行って本当に良かったです。癒されましたー。

後は乗り物に乗ってサファリ見学です。

こちらはほとんど蛇足(なんていったら他の動物が怒るかも(^0^))

P1030690_2 P1030705

P1030710 P1030718

あんなのやこんなのがいました。見たとおりです。(説明ぐらいしてあげても…)

右下のホワイトタイガーだけはちょっと必見。

見る人に幸運が訪れるそうですので、写真ですが見ておいてくださいね。

以上パンダ見学ツアーの模様でした。

この可愛い様子いつまで見られるか分かりませんので、行かれる方はお早めにどうぞ。

P1030669おまけ。

これなんだと思いますか?

冬になると、コンビニで売っているホカホカしてて中にあんが入った甘いお菓子。

そうあんまんです。

それもパンダの顔したパンダまん。

可愛かったので撮ってみました。