2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

今年もお世話になりました

昨日も今日も普通に仕事をして。

明日もまだ1日仕事です。

納めました!って感覚がなくて、「良いお年を!」と一応は就業後に挨拶して帰ってきたものの、明日出勤したら即「今年もよろしく!」です。

ホント因果な商売ですなぁ、介護に看護業界って(苦笑)

それでも。

去年は初めてそんな事態に陥ったものの、まぁ特別な状況、母が年末から入院していて一人で家で正月を過ごすのも一人だったし(年末年始単独旅行中だったことはあったけれど)特段嫌やなぁと思わなかった。今年も別に、”何でこんな時期まで働かんとあかんねん”みたいな投げやりな?感じではございません。なぜでしょうね。覚悟して飛び込んだ仕事、ってわけでもなかったんだけれど。年々年末年始感が薄くなってきているのも一つの理由かもしれません。

去年よろしく、今日は仕事帰りにスーパーによって帰ったら、またすごい人だかり。ここにいるほぼほとんどの人が今日は休みだろうに、なんでこんな時間に買い物に来るのか、と、そこはちょっとイラっとしたりとか(^0^)

ボーっとバスに乗りながら考えていたのは、最近「暇だー」と思うことが無くなったってこと。

若い時の方が休日なんか、暇やなぁって思っていました。

今は暇だって思っている暇がない(゚Д゚;)

いつも何かに急き立てられている、特に最近は行き急いでいる感が強くなったなぁと思います。

未だ寿命を強く意識する年齢ではないにしても、1年の過ぎようが恐ろしく早くなってきて、タイムリミットはじわじわと迫っていると感じるからなのか。

時間も、お金も、エネルギーも余裕があった若いころにもっと一生懸命遊んでいたらこんなには思わなかったんでしょうか。

いまどれもないよ↑(;^_^A

でも年取ってきてからの方が楽しい。

また再び、暇だ、って感じるのは仕事辞めてリタイアしたときなんでしょうか。。仕事辞めたらもっと遊ぶのに一生懸命になって、さらに時間がない!って言っているような気もします。

つらつらと、独り言のようなことを書きましたが。

今年ももう残すところあと1時間ほど。

最近は中々更新も出来ず、こちらを見に来て下さる方も減ったと思います。

その数少ない皆様に。

1年有難うございました。

スペイン旅行記は、来年中に書ききる目標で頑張ります(気の長い話!((´∀`))ケラケラ)

また来年一年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えくださいませ。

私はヒロシの迷宮グルメを見ながら年越しまーす( ´艸`)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

駆けつけ三館

スペイン旅行中に。

色々な美術館へ行くことが出来ました。

有名な美術館へ3つ。ご紹介できるのはいつのことやら(;^_^A

11月末に帰ってきて、そこから怒涛の如く今度は日本で3つの美術展へ。

まず1つ目。

大阪の中之島にある国立国際美術館へ。

美術展にまつわる写真を何も撮っとらんかった…この日食べたランチとおやつの写真だけしっかり撮って(゚Д゚;)

Structure4_phこんな画が展示してあるウィーンモダンと題した美術展。

←こちらの画のみ写真を撮っても良いことになっていましたが撮っておりません。

思っている以上に大きな画だった。

ウィーンへ旅行したときに興味がなくて。

この画の作者のクリムトの作品だとか、エゴンシーレだとか、全然見てこなかった。

ガイドブックでしか見たことがなかったものを生で観られたのにはそれなりの感慨はあったものの。。興味があったのはポスターのデザインとかそっちの方。

たまたままたチケットの招待券が懸賞で当たりまして。それで行ってみたようなものでした。

贅沢なこと言ってますよねぇ。

                                                          

1575796201071 行く道中では晴れていたのに、急に雨が降り出して折角の紅葉が残念な景色になってしまったこちらは、丹波にある陶芸美術館。

二つ目です。

誘って下さる方あり、車で連れて行っていただきました。

こんな景色の良い所だから(不便と言う意味で)公共の交通機関を使うと中々行きにくいようです。

1575796202336 写真を撮っても良いことになっていたのは、こちらの他数点。

写真を撮れないものの方に、なかなかのインパクトがある作品が多く、陶芸だけの美術展はほとんど行ったことがなかったけれどとても面白かったです。ほんと正しく神業ニッポン!でした。

                                                    

そして最後は。

1576825308369
パンダ銭湯、ではなくて。

その作者のTUPERA TUPERAさんの展覧会へ行って、実写版パンダ銭湯を体験してきました。

1576819964905

パンダと一緒に風呂に入れるようになってます。

誰かと一緒だったらよかったけれど、1人でここに入って見知らぬ人に「写真撮ってください」とはなんぼ神経図太いおばちゃんでもさすがによう言わん(^0^)

←これ、シロクマではなくてパンダです(爆)真っ白やん!って?秘密を知りたい方は絵本を読んでください。トップシークレットなのでここでは言えません(*`艸´)ウシシシ

1576819963557TUPERAさん (単数)が会場前で実際に展示作品を作成中、に遭遇しました。

絵本では原画の質感が分からないのが本当に残念なのですが、ベッタリ色を塗った画ではなく、塗っている所と紙を切って貼っている、また模様自体を描いた紙を切って貼っている、等とてもとても細かい作業なのでびっくりしました。手元にあったら何時間でもジーッと見ていられるくらい面白かった。

1576819962596お帰りはこちら。

会場階のエレベータにはこんな仕掛けも。

隅々まで遊び心が行き届いている。

今年の衝撃の一冊、のパンダ銭湯を教えていただいて、年末にこうして展覧会を見に行く機会があったことがとてもうれしかったです。

と言うことで。

展覧会のご紹介でした。

合わせて展覧会飯の写真もあるので(展覧会はなくて飯だけの写真のこともあったけど)それは次回に。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

暫定的に今年最後のプリパ?です

1575796221166こちらは最後から二番目。

美術展の後で行った丸福珈琲店のプリンセット。

焼き菓子が付いた豪華版。

この日のお昼御飯は1000円以内で食べられたので、こちらの方がお高くて全然贅沢なおやつでした。

大阪ダイビルの1Fのこちらは店舗の内装もホテルみたいにゴージャス。

ゆったりした雰囲気なのにちょっと落ち着きませんでした。庶民だわぁ(;^_^A

 

1577197140599

そしてこちらが今のところ暫定最後のプリン。CAFE MUJIにて。

つやつやふっくらの大きな一品です。

コーヒーもマグカップで出てくるのでお腹いっぱい大満足(^0^)

上の丸福珈琲のと違って素っ気ないですけどね。

                                                                          

                                                                          

1577180535770 更にこちらが今度はアップルパイの暫定最後版。

正確にはパイではなくタルトタタンです。

この塊のほぼ9割くらいが洋酒煮のリンゴ。

クリスマスイブの日、買い物ついでに「チーズケーキでも食べて帰ろ」とフラッと無印のカフェに寄ったら冬季限定のこれを発見して、迷わずこちらを注文しました。

イブに一人でケーキ食べたっていいやん(# ゚Д゚)とばかりに、でした。一人で来てる人なんていないかなぁと思ったら、何人かいた。でも店内はガラガラに空いていました。

どっちも無印でそろうなんてねぇ。

私も大概ムジラーだなぁ。

雑誌のSAVVYに”プリチー”って、プリンとチーズケーキを縮めて書いてあったので、プリンとアップルパイでプリパ(大分無理がある(汗))

大好物の食べ収め。

今のところ。

未だ今年もあと2日あるので。

ひょっとしたらまだ増えるのかも(笑)

もし食べることがあったら。

ご紹介します(^-^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まずは読書

もう今年も残すところあと4日。

涼しくなってからは、前半よりさらに時間のたつのが早く、あっという間に年末が押し寄せてきた気がします。

そろそろ1年を振り返る頃かと(旅行記も半ば?いや序盤も序盤ですが…)

何を振り返るかと言うと、まずは読書の成果から。

今年読んだ本で印象に残っているものの紹介です。

                                                                          

絵本部門:パンダ銭湯

よく考えたら絵本自体この1冊しか読んでいなかった(;^_^Aでも、この1冊が強烈なインパクトがあり1年を通して、年の最後まで楽しませていただきました。衝撃の問題作、でした(^0^)

小説部門:本と鍵の季節

つい最近この本の前に『屍人荘の殺人』を読んで、”え?これが賞を取ったの??”とガッカリしていたところ、こちらの本が予想外に面白く、期待しすぎは良くないのかなぁと感じました。

長いこと待たされた部門:鏡の孤城

多分図書館の予約で1年半くらい待っていました。ずっと予約リストの先頭に挙がっていたのがようやく。安定の面白さでした。

訳分らない内容部門:バベル九朔、熱帯

森見に万城目。さすが京大出身の2台巨頭(苦笑)凡人には理解できない内容でした。

                                                                       

ということで。

まだ大みそかまで4日ありますが、もう1冊読めるかどうか。

年末も年始も関係なく仕事がありますし。全然時間的な余裕がありません。

今年はほんとに読めてなくて、読了60冊ちょっとくらい。

先月はガイドブックを穴のあくほど読んでいましたけど(これを本棚に入れて良いのかが微妙)

まぁ気張って読む必要もないし、来年もボチボチと読書を楽しみたいと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スペイン浦島太郎の旅⑥グラナダは柘榴

Dsc_0046_20191223003401バスで移動する道すがら。

窓を介してですし、綺麗に写っていないけれど、根元の方だけ辛うじて色が出ている虹です。

見られてラッキー!と思う反面で、虹が出ていると言うことは雨が降った証拠ですので、お天気面が心配でした。

そして。

予想した通り、雨模様の目的地。

Dsc_0065背景が青い空だったらもっときれいだったんでしょうが…

そういえば前来た時も天気悪かったなぁ。高地だから天候不順なことが多いのかしら。

着いた場所はアルハンブラ宮殿。

こちらはその中のフェネラリフェ、宮殿の離れ、夏の離宮と呼ばれているところです。アルハンブラ宮殿自体は訪問2度目。しかしながら、前回はこの離宮は改装中で観られなかったので、今回初めてでした。観られて良かった。

花のある時期はもっと良いみたいだけれど。。

やり残したこと、リベンジしたかったことを1つ達成。

                                                                     

Dsc_0054人の足が写りこんでしまってますね(苦笑)誰かしら。

石がモザイクの様に並べてあって綺麗です。

                                                     

                                                    

 

これはまた違ったパターン。                                 Dsc_0056             

  色も入っていて可愛らしい。

                                                                          

 

Dsc_0058これは大きな模様ですね。

いくつか、地面の模様コレクションでした。

こちらも人の足が写りこんでいる(汗)

とにかく敷地が広く、ガイドさんについて次々周っていくため時間がないし、人が多いのでどうしても。

写真撮らんとあかんわ、はぐれんようについてかんとあかんわで。説明聞いてる暇ほぼなかったです。折角ガイドさんついてくれてたのに誠に残念。

ガイドさん、説明、で思い出しましたが。

宮殿への観光前にガイドさんの紹介があって。トランシーバーのようなものを渡されて、ガイドさんの声がそれで聞けるようになってました。前はそんなのなかったような…だからガイドさんと離れると解説聞こえないってことが起こっていた気がします。

そしてもうひとつ思い出したこと。

敷地へ入る前に、パスポートのコピーがいるとの説明有り。

( ゚Д゚)!!

去年の旅行で失敗したから、”次行く旅行では絶対に忘れたらあかん!”とばかりに、早々にコピーとって用意していたのに。旅行自体には持って行ってたけど紙を携帯してなかった…写真にも撮ってなかった。。( ノД`)なんてこった、やっちまったよ。バカ者だわ。

それでも運が良かったら大丈夫、みたいなことをガイドさんは言っていたけど。どういうことかと思ったら、途中いくつか関所?(^0^)みたいなところがあって、抜き打ちでパスポート検査がありました。私の目の前で止められた人がいて、ようやく納得。危なかったぁ。そういうことだったのか。これも前はなかったですよ。どこ行っても手荷物検査とか、いろいろ厳しくなっているんやなぁ。

1つだけ覚えていた説明(いっぱい解説してもらったのにガイドさんすみません<(_ _)>)

グラナダはスペイン語で柘榴の意(ほぼ着いてすぐの説明でしたねぇ…)

写真が山の様にありますので。

宮殿の方は次回またご紹介します。

                                                                       

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スペイン浦島太郎の旅⑤怒涛の一日の始まり

Dsc_0037

色んなポスターがある中の、緑色のがわたしたち合奏団と、先生方のデュオのコンサート用の物です。

昼食後は少し休んで、夕方にかけて最初で最後の?練習がありました。

ホテルの最上階、2面が窓でとても見晴らしがよい部屋。

Dsc_0020 夕陽が落ちていくところを横目で見つつ、また薄暗くなって街に灯りが灯り始め、楽譜が見えなくなるまで練習しました。

疲れてはいたけれど気分的にゆったりしていたので、とてもリラックスして楽しく弾けた気がします。このホテルでのコンサートよりも自分としては印象に残っているくらいです。

→こちらはホテルの吹き抜け部分。

真ん中が最上階まで吹き抜けになっており、その周りに部屋がある造りでした。

先日友達に写真を見せたら、これなに?と聞かれました。

                                                            

 

昼食は辛うじて食べられましたが、夕食も外で食べるのはしんどかったので、外食に出かける相部屋の友人を見送り部屋で何か食べようかと思っていたところ、師匠の部屋で早くも日本食パーティーのような集まりがあるとのことで、参加しようとしたら、夕食を食べに出かけたはずの面々が戻ってくる。

なんでも、誘ってくれたガイドの先生が待ち合わせ時間に現れなかったそうで( ゚Д゚)にわかに大宴会?になりました。

そしてカップうどんを食べる(^0^)

Dsc_0041翌朝。

朝食会場のレストランの、(準備中で)照明も薄暗い中一番乗りで奇襲攻撃をかける(笑)

そのおかげで、奇麗な状態の写真が撮れました。

こんな時期にスイカある!(スイカ好きが大興奮(^0^))

Dsc_0044 まだ少し抑え気味の朝食(;^_^A

それでも前日は炭水化物なしの朝ご飯でしたので、食べられただけまし。

外国へ行くといつも思いますが、野菜メニューが少ないです。調子悪くても、野菜だったら食べやすいのに。。

この皿も野菜はトマトだけ。不足分は果物と、ジュースで毎日補っていた感じです。

パンに乗っている金色の液体。

正体は蜂蜜です。Dsc_0043

どうにかこの巣の状態を取り出せないものかと友人と試みましたが、無理でした(;´Д`)しょうがないので下に落ちたのをすくってパンにのせました。

朝食の後は。

グラナダへ。

ギター弾きならだれでも知っているあの曲の舞台になった場所の観光にでかけました。

そしてこの日は夕方にコンサートがあるのでした。

体力もつんかな。

鬼の様に歩かされた後にコンサートて。

ほんまに大丈夫なのかしら。。

                                                                       

続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリスマスプレゼントは

職場のデイサービスフロアにて。

先日のこと、スタッフが利用者さんに「クリスマスプレゼントに何が欲しいですか?」と聞いていました。

ある人は、「健康!」

優等生的なところはあるけれど、実際問題それが一番大事。って話をこの間同僚としたばっかり。まず健康あってこそやろ、です。

又ある人は、「お金!」

現実的。でもこれも、至極真っ当な回答だなぁと思いました。健康が一番、は譲れないとしても、健康もある程度はお金で買える、と言っても言い過ぎではないし、治る病気もお金がないとどうしようもないですしね。

そして。

いつもおしゃべりなKさん。なんて言うかなぁ。

「若いツバメ」

ゞ(≧ε≦o)ぶ!

「Kさんは男前の年下の旦那さんがいるじゃないですか」と、返されている。

私は一人事務室で背中を向けて聞いておりましたが、爆笑しそうになるのを必死でこらえました。

誰もいないのにゲラゲラ笑っていたら変人以外の何者でもない(笑)

あとで若い男性の同僚に話して、「女性でもそういう欲がまだあるんかなぁ」と話したら、「どうですかねぇ」と苦笑いしていました。

まぁその回答自体も面白かったのですが。

何?!この三段落ち。さすが関西のお年寄り。

と思った、爆笑ネタでした。

                                                                       

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スペイン浦島太郎の旅④季節外れのバカンス

マラガからバス移動。

着いたのは。

リゾートです!って感じの真っ白なホテル。

スペインの南部には"白い街”がいくつかありますね。

以前の旅行ではミハスと言う町を訪れました。絵葉書とかテレビのCMでも見かけたことがある有名な所。

ここアルムニェカルは初めてでしたが、富裕層の別荘地、だそうです。

Dsc_0038

部屋。中も真っ白。

ベッドめっちゃ大きい!し、部屋も広めです。ゆっくりできる感がある。

そして。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

Dsc_0040_20191209003301 バルコニーから海が見える!

気持ちが良いー。。

少し休んだらすぐにお昼御飯の時間だったけれども、お昼食べれるかなぁって調子で。部屋でしばらく休んでようかとも思っていたところ、相部屋のN嬢が散歩に行くと言うので、気分転換について行きました。

本当に暖かくて、まぁ入るには寒いだろう、なのですが、水着姿の人だとか、半袖で歩いてる人も多数。今回は薄物を重ねられるようにたくさん持って行っていたので、長そでの木綿のワンピース1枚でもここでは十分でした。

結局。

調子悪かったのも、ずっと狭いところで動かずに過ごし、体が固まっていたのが原因の一つだったみたいで。暖かい開放的な土地で、のんびりと散歩したのが良かったのか、随分気分が良くなりまして。お昼御飯にもなんとか参加できるまで復調しました。

Dsc_0032最初の皆そろっての食事でしたので、初回から欠席も気がひけるなぁと思っており、ホントに良かった。

添乗して下さった先生のお家、別荘がある街だそうで、こちらのお店は行きつけで美味しいとのお墨付き。

持ち直したからと言っても油断は禁物。

食欲はさほどありませんでしたので、用心しての食事です。                                                         

Dsc_0024

トマトとアボカド。貴重な野菜だ、これは食べとこ食べとこ。

Dsc_0025

美味しそう!というか、美味しかった。

次は魚のフライ。

でも揚げ物。。たくさんは食べられず。食欲があったらなぁ。。

魚介は続く。                                               

Dsc_0027 
好物の海老だー!海老!

でもオイルたっぷり。これもたくさんは食べられないなぁ。

                                                                        

Dsc_0028

                                                メイン来た!

これぞスペイン料理、のパエジャ。

これも魚介たっぷりです。海辺の町ですからね。シーフードは名物ですよね。

この鍋が私たちのテーブルに来た時には、すでに隣の鍋からいただいた一皿を食べておりました。

何処へ行ってもそうでしたが、とにかく量が多すぎる。スペインではランチが一日のメインだそうですが、それにしたって。。これで6人前くらい。対照物がないから分かりづらいのだけれど、とんでもない大鍋ですよ。たらふく食べたかったなぁ。残念😢

Dsc_0029

最後にデザート。

わーい!😄

マンゴーたっぷり食べられるなんてあんまりないよねぇ。

これは嬉しかったです。

ここは美味しくてしかも、良心的な食事代でした。

T先生の顔もきくからかな。

食事後はホテルへ帰る途中で先生のお宅へ旅行中使うギターを取りに行きました。

Dsc_0035

そのお部屋のベランダから見えた城。

明日の自由時間に行けるかなぁ。

少し休んで午後からは、旅行中初めての、最後の?練習となりました。

最初の逗留地にリゾート地を選んでいただいて、それも連泊できてとても体の負担が軽くなりました。

本当に有難かったです。                                                                                             

続く。。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スペイン浦島太郎の旅③南へ大移動

そういえば。

オランダで入国審査の際、私たちは4,5人のグループに分かれて並んでいて、「何を聞かれるかなぁ」と話していました。

前の外国人は色々聞かれていて、結構足止めを食っている。「日本人だし大丈夫だろう」と心配はしていなかったのですが。

順番がまわってきて、まずグループの先頭のN嬢が前に進んだところ意外にも色々聞かれている。何聞かれてるんかなぁと、ちょっと心配になってきました。しかしながら、彼女が通過後、それに続く私たちは”グループの仲間”と認識してくれたようで、特に何も聞かれることなくスルー。有難う友よ(人''▽`)

マドリードバラハス空港からはバスで移動。

ここで初めて、ガイドをして下さるT先生と、Tさんにご対面。てきぱきとバスまでの移動を誘導して下さる。この時は、この先毎日大爆笑の話題の提供主だと言うことには全く気が付いていないのでした…( ̄ー ̄)ニヤリ

ホテルに到着後はもう夜でしたので、近所の個人商店に連れて行ってもらって水の調達だけしました。

翌朝は出発が早かったため、朝食を摂るためレストランの開く前から並ぶべく部屋を出たら、何と鍵を部屋に置いたままでした(゚д゚)!相棒がいたので気が緩んでいたのと、気が急いていたからかなぁ。まぁ数々の失敗をしてきた私ですが、この経験は初めてでした(;´Д`)

最近の海外旅行でのお決まりみたいに、この日は朝から体調不良、食欲もない。特に食欲がないのは私にしては珍しいことです。時間もなかったので、果物やジュースで水分補給するのみでした。充実したメニューだったのに残念。一旦通過して、また周遊した後に戻ってくるホテルだから、次の宿泊の時を楽しみにしておこう…

ホテルからアトーチャ駅へ。歩いても10分くらいのところをバスに乗って移動。朝の通勤ラッシュで中々車が動かず、ドライバーさんが止めてはいけないところで降ろしてくれたおかげで、ギリギリ列車の時間に間に合いました。

大きな移動日。

乗り鉄の私が楽しみにしていた新幹線への乗車です。でも体調悪く、車窓観光を楽しむこともなく、コテっと寝られたらまだ良かったもののそれもできずに、目をつぶってジーッとしておりました。

それでも最後、降り際に列車の写真だけは撮りましたよ。

Dsc_0015

執念かね(´∀`)

renfeはスペイン国鉄のことで、aveはrenfeが運営する鉄道システムの名称、ってことらしいです。

この新幹線移動で大変だったのがスーツケースの積み込み。

大きな荷物を入れられる棚が少ないので場所の取り合いになります。また2段目3段目に積み上げるのは一苦労です。乗り込むときは始発でしたが、降車駅は終点ではありませんでしたので停車時間が短く、これまた大騒動。スリリングでした。

着いたのはマラガ。

マドリードからほぼ真南の町。

ピカソが生まれたことで有名です。

Dsc_0018 外へ出ると日差しがまぶしい!

スペインは大きな国ですから、行く先によって天候も気温も大きく違います。

マドリードの激寒からマラガを経由して初夏のようなアルムニェカルと言う町へ。

最初のコンサートが開催される町。

さてどんなところでしょうか。

続く。。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »