2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夏は去り…アートの秋⑤ | トップページ | 夏は去り…アートの秋⑥ »

後回しになったコンサートについて

書くのが後回しになったからと言って別にコンサートが面白くなかったとかそういうわけではなく。むしろプログラムは大満足、私の好きな曲が多く入っていたのでとても楽しかったですよ。

313866前半は世界の音楽ということで、作曲家ではフランス、スペインから南米まで。

個人的には、ロドリーゴ『ある貴紳のための幻想曲』とバルトーク『ルーマニア民族舞曲』が良かった。タンゴアンスカイのバンドネオンデュオバージョンも、ギターソロしか聴いたことがなかったので、新鮮でとても印象的でした。

後半はタンゴの音楽。

大部分がピアソラの曲でした。

涼しくなってきてピアソラ聴こうかなと思っていた時期でしたので(なんとなく秋から冬のイメージが…)先駆けてコンサートで聴けて、そこもとても感じが良かったです。

バンドネオンの三浦一馬さんは大萩さんとはちょうど一まわり年が違うのだとか。喋りを聞いているとしっかりしているので、まだ20代だとはとても思えないのに。大萩さんよりMCはうまいです、ね(゚ー゚;

10年来のお付き合いだそうで、息もぴったり。

どんな楽器と演るにせよ。

ギターは音が小さいので損です。今回はギターに直接マイクをつけておられました。

途中で挿入されたソロの曲の時と比べると、やっぱり音は生には負けるのが悲しい。

今年は大萩さんのコンサートこれが初めてかなぁ。

あとは来週もう1回で聴き納めΣ( ̄ロ ̄lll)

もっと関西でコンサート演ってくれたらいいのになぁ。

主催さんのブログにインタビュー記事が載っていたので興味があればどうぞ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 夏は去り…アートの秋⑤ | トップページ | 夏は去り…アートの秋⑥ »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528448/67350034

この記事へのトラックバック一覧です: 後回しになったコンサートについて:

« 夏は去り…アートの秋⑤ | トップページ | 夏は去り…アートの秋⑥ »