2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 当たった当たった | トップページ | 夏は去り…アートの秋② »

夏は去り…アートの秋①

ようやく外で動いてもあまり汗をかかなくなった今日この頃。

珍しく友人からお誘いがかかり、急遽外出することになった日曜日のこと。

毎年開催されているのは知っていましたが、未だ一度も行ったことがなかった地元六甲山のアートイベントへ行ってまいりました。

『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018』

仰々しく長いタイトルだな(;´▽`A``

簡単に言ってしまえば、六甲山の主な施設に現代アート作家が屋外展示をしている、です。もうそのまんまです(^0^)

夏だったらとても屋外の展示を観て周ろうって気も起きないわけですが、そこは気候が良くなってきた今、そしてこれから紅葉を迎える季節には美術鑑賞しながら体も適度に動かせるし。一石二鳥の催しものです。

さぞかし六甲山上は気持ちよかろうと期待して行ったら、折からの台風通過の影響で雨は降らなかったものの存外蒸し暑かった。全くに期待外れ(苦笑)ただ、日陰はさすがにひんやりしておりました。

車はないので公共交通機関で。

電車、バス、ケーブルを乗り継いで。

Img_2457_3前に来たのはいつだっけ?

数年前でしたが。

この日は三連休中日だったので、バスもケーブルも満席でした。

ケーブルは2両連結だった。

前からこんなだったかしら?

バスが満員だったし、ちょうどバスがケーブル下に着いた時にはもう乗り込もうとしていた人が大勢待っていたけれど、全員乗れてしまった。

ケーブルも運良く座れました。

鼓膜を圧迫されること約10分で山頂に到着です。

Img_2463                                               

 

 

 

ちょっとお天気暗めに写っていますがほぼ一日晴れていました。

まぁ雨が降るかもと思って出かけたのに、降らなかっただけ上出来でしたよ。

景色は残念ながらうすぼんやりですねぇ。

 

 

 

Img_2458最初のアートはこれだよ。

ナニコレ?

鳥です(^0^)

ケーブルの駅舎の中。

至る所に鳥が居りました。

下の写真だと、サイズ感が分かると思います。

デッカイ!

近くで素材を観たら、布の様でした。柔らかい感じです。                                      

題名は金平糖ハウス。

鳥の色が金平糖みたいってこと?かな。

 

Img_2459さて。

地図を見て見たらば、この駅舎の建物の上にも何かあるようだ。

しかしながら行ってみたら、それらしきものはなく。

あれ?

どうも、良からぬ輩が壊しよったそうで。悪いことする奴がおるなぁ。私たちが行ったときは修復中だとかで観れなかったのが、この週末から復活するそうですよ。

10時に待ち合わせたのに、結構移動に時間がかかり、この時すでに時間は11時半ごろです。

「先にご飯食べるか(笑)」

「私ららしいな」

いつも通り。

腹が減っては、です(^-^;

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 当たった当たった | トップページ | 夏は去り…アートの秋② »

ぶらり」カテゴリの記事

コメント

わー、これに行きたかったのです!
鳥さんのアート可愛いです^_^
良いなぁ。
ミーツアートしたいですね!

六甲は登っただけで気持ち良いですもんね。


村上春巻さん
こんばんは。

そうですね。
六甲山は下界より5度前後は涼しいと言いますが、生憎この日は
台風が去った次の日と言うことで蒸し暑かったですcoldsweats01
カラッと晴れた時にはこれから気持ち良いことと思います。
車がないと移動に結構待ち時間が出来、それもまた楽しいのです
が。今回1回では全部見て周れなかったので、もう一度平日にチャ
レンジするつもりです。
周遊チケットを買うと、行けなかったところを次回に持ち越しできる
のでお得です。
開催中に神戸に来られることがあれば行ってみて下さいhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528448/67264244

この記事へのトラックバック一覧です: 夏は去り…アートの秋①:

« 当たった当たった | トップページ | 夏は去り…アートの秋② »