2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

団子の巻

Img_2395森林植物園で昼御飯。

さて何でしょうか。

弓削牧場のチーズ入りのスープとパンでした。

植物園は3回目くらいでしたが。そういえばいつもこれなんだなぁ。美味しいから良いのです。

食事できる場所にはクーラーなし。

ないとちょっと食事中、後は汗が出るけど、まだギリギリなんとか我慢できる気温でした。

今の時期だったらもうかなりつらいと思います。

美味しくいただいて。

お土産売っているお店をちょっと冷やかして。

やっぱりここへ来たらこれを食べないと。

Img_2398_2これ。

こちらも弓削牧場の牛乳を使ったソフトクリーム。

多くの人が買って食べてはりました。

後味スッキリ。

水分が多くてさっぱりしていて、食べた後ものどが乾かない感じでした。

ごちそうさまでした。

楽しかった(^-^)

私はやっぱり夏は海より山派だなぁと思いました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

梅雨の終わり

Img_2361森林植物園に紫陽花を見に行ったのが、梅雨明け直後。

大雨が降っていた時期に、行きたいけど行けなくて悶々としていた。

大雨が止んだと同時に梅雨が明けた直後の平日休みに行ってきました。

今回もハート形紫陽花見つけましたよ。

 

 

 

Img_2358真ん中のくぼみがないので微妙にハート形ではないけれど、色がパープルで奇麗だったので載せておきます。

園内は蒸し暑い都会よりは大分涼しかったです。

日陰はとてもひんやりしていました。

花はほとんど終わりかけ。

良く陽が照っていたので、心なしか強い日差しに負けて元気がない様に見えたほど。

ひまわりの様に日に向かって咲く花とは違いますよね。雨に濡れている方が似合う花だから、雨が降っていても梅雨の時期に行く方が良いかもしれません。

緑のある所に行くとやっぱり癒されます。

そしてお腹もすく。

やっぱり花だけでは終わりません。

団子の話はまた次回(^0^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

前と後

暑すぎて何もする気がしない、状態になる前と後。

地味に遊んでもおりました。

前、は紫陽花を観に。

後、は美術展へ。

またそのうちにご報告します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ようやく人間らしい生活に

気が付いたらあっという間に7月もあと数日を残すのみになってしまいました。

しばらくさぼっておりましたブログですが、ようやく更新となりました。

どんな顛末があったかと言いますと…

2台しかない家のクーラーがどちらも故障、買いかえに!

と言いますか、結局必要になったときにつけてみて、初めて壊れていることに気づくもんでしょう。必要ない時期にたまたまつけたら壊れていて発見、なんてまず稀。

もっとも1台は私の部屋についている物で、去年から壊れてました(汗)

こちらははよ直しときなさいよ、って話ですが。

去年は何とか乗り切ったんですよね。

居間の1台は動いてましたから。

ところがここ最近の今年のこのバカ暑さ。

とてもクーラーなしで生活できない、命にかかわる事態になり慌てて取り付け工事、を母が依頼したものの、施工は依頼日より約2週間後。今週火曜にようやくまともな暮らしができるようになりました。

それまでどうやって暮らしていたか。

2、3日耐えておりましたが、急に暑くなったせいで軽く熱中症気味となりまして。。頭痛と吐き気をこらえつつ、仕事は何とか休まずに頑張っているうちに、ようやく体が慣れてまいりました。

一番しんどかった日は昼食を食べることもできず、職場で施設長が心配してポカリとガリガリ君を奢ってくださりました(^0^)そう、またもやガリガリ君に助けられたのでございました。

「朝起きたら死んでるかも」半ば本気で恐怖して、我慢比べは返上、隣の弟ん家に避難して事なきを得る。

そんなこんなで。

パソコンを開くこともままならず。

今日にいたります(^-^)

今は、暑さなんかに負けてたまるか!でございます。

皆様も、どうぞご自愛なさいますように。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

どうすんのこれ?

 

Img_2335応募するときに。

当たったらどうする?と考えていたこれ。

その時期に借りた雑誌を見ていて‟鞆の浦とか行ってみてもいいかなぁ”と妄想していたのですが。

当たってしまいました。

狸の皮算用にはならなかった。

で。

ホントに行くのか。

微妙だなぁ(;´▽`A``

夏に涼しくない所へ旅行するのは耐え難い。それでも体力があるもうちょっと若いころならそれもありましたが。

どうしよう。

最悪オークションに出してしまえばチケット代としての価値は残るんですが。

もうちょっと近く、岡山位なら気軽に日帰りでも行けるんだけどなぁ。

来月の仕事のシフトは月末に組まれるので。

その頃に再考かなと思います。

ちょっと旅行に行きたい気はしているので。

妄想が膨らんだら、フラッと出かけるかもしれません。

チケット当たったからちょっと行ってくるわ、って広島へ。

面白いから有りかもね(笑)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まさかの赤字?!が好転

寸志出ました!

出るよーってお知らせ受けて待ってました。

早々と何か買ったれ、と思い。

財布を新しくしようと前から狙っていたやつをホクホクとお買い上げヽ(´▽`)/

で、結果。

全然足りませんやん∑(゚∇゚|||)

なんぼ入るんか知らんかったので、入金になってから明細見たらまさかの赤字?!捕らぬ狸の。。です。

ビックリした…(汗)

微々たる金額から税金ひかれてえらいことになってました。

もう笑うしかない。

あーあと思っていたところ。

「夏のインセンティブが入りますよ」

またお知らせ。

今度は寸志よりもまとまって入る模様。

ただし聞いた日に明細見たけど載ってないやん(おいおい!)

ガセネタ?

いやフライングでした。

ヨカタ(゚ー゚)

私は今のところ介護職員ではないのですが、実績が良かった事業所には処遇改善加算の山訳があるそうで、頑張っている職員には介護職でなくても施設長が上伸して下さっておすそ分けが貰えるようです。

有難や。

赤字は一転大分黒字の方へ傾きました。

ちょっとやる気出たかな(^-^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

次の定期を…

そろそろ次の定期券を買う時期が来ました。

最初6か月の通勤定期を買うときに、‟6か月(今の職場で)頑張れるんかなぁ”と正直不安に思いました。

そして予感的中して、途中ほんとに辞めようと思った時期もあったし。

「次の定期を買う時期が来たよ。早いねぇもう半年か。次も半年買って大丈夫やろか。」

先日同僚にこんなことを言いましたら、

「大丈夫やろう。途中ほんまに辞めそうになったことあったよね(笑)」

と言われました。

今は振り返って笑えるようになって良かったです。

私が過ごしてきた怒涛の半年の間に、派遣さんは何人入ってきて辞めて行ったことか。。仲良くしてくれた管理者の方も辞められ。

介護の現場って、どこも人手不足で人の取り合いで、本当に大変な職種だと思います。

現場では日々なんか起こってます。

最初はどうしよたらよいのか戸惑うことばかりでしたが、最近はもう肝も据わってトラブルがあっても、のど元過ぎれば( ̄ー ̄)ニヤリとしてしまう。

前からいる様な顔して仕事してます(^0^)

あぁ恐ろし(順応力が高いと言っとこう)

さて。

覚悟を決めて定期券買うかな。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

夏のイナズマ

Img_2333

こんなのをこの間食べてきました。

実はこの日、美術展へ行こうと出かけたのですが、なぜか前もって買っておいたチケットを持って出るのを忘れ(何しに出かけたんや、って話です)

何故なら昼に何を食べるか一生懸命考えていたからだと思われ(汗)

で、食べたかったこれはしっかり食べることに成功しました(-_-X)オイオイ

イナズマ寿司。

すし飯の上に何乗ってたんだっけ?白いのは魚、赤にはエビが乗っていたような…

忘れた…

イナズマお米研究所と言うお店の看板メニュー?店員さんはなぜか白衣を着て働いています。研究所だから??

一押しのカレーは売り切れとのことだったけれど、私はこのお寿司目当てだったので関係ない。

四角いお寿司、普通サイズはこの倍の量、正方形が8個一塊ですが今回はハーフサイズにしました。

変わっているのは、ワサビと醤油の代わりの麹?がついていたこと。

壁がないオープンなお店なので、普通に広場を歩いている人と目が合ったりしてちょっと落ち着かないところはマイナス。

話のタネに食べてみては、って感じでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

若さ、経験、語学力、お金ーないない尽くしでも大丈夫

タイトルはある本の中に書かれていた一文です。

最近読んだ女性1人旅の推奨本の中の一節(←本棚の中に入っています)

ないない尽くしでも、実際に旅してみるとこれらのマイナス要素が少しもマイナスにならないどころか、プラスにすらなり得る、って内容が本編の前のプロローグに書いてありました。

全編通して共感できる内容でした。

著者はこの本を書いた時点で30回近く一人旅に出かけているようですので、スリにあったり、帰りの飛行機が飛ばなかったりのようなトラブルがあったそうです。私は今のところ何のトラブルもなく行って帰ってきております。これも確立の問題もあるでしょうから、これからも行く機会があれば、いつか涙物の大事件が自分にも起こり得る可能性はありますね。

 

私だってないものばかりですが、有る物も有る(日本語がおかしいですね(苦笑))

それは後で笑えるハプニングと運の強さ(こんなん自慢できることか?!)

自分ではどうしようもないんですけど。ハプニングは勝手に向こうからやってくるし?(汗)(ホンマか?引き寄せてないか?(爆)〉こんなボーっとしてるしボケボケな人間なのに、よく無事で知らない国を旅行できるなぁと自分で思うくらいなのに、大丈夫なのは海外運が強いってことかも(そうならない努力も一応していますが…)

「ひとりで海外旅行なんて怖くないの?」とよく聞かれます。

今は怖い目に合ってないから「怖くないよ!」と言えるのかもしれません(;´▽`A``

この私でも行けるんだから(私の大ボケ旅行記読んだら勇気出るでしょ(笑))

誰だって大丈夫だってことですよ。

一人旅を始めてみたい人は、読んでみるととても参考になる本だと思いました。

次はいつ海外旅行に行けるかなぁ。。。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »