2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

ポルトガル珍道中記⑲今回の旅では土産を

P10203511写真を借りてみました。

お土産を買いに行ったお店です。

さて何のお店でしょうか。

棚にも、手前のショーケースの上の箱にも整然と並べられているのは缶詰です。

リスボンの紹介をするテレビ番組で見て缶詰が名物だと言うのは知っていました。

ここは老舗の缶詰屋さんですが、他の土産物屋さんにも色々置いてありました。

観光客がわんさと押しかけているイメージで行ってみたら、誰ーもいない(゚0゚)

あれー、店員さんの方が人数が多いから注目されるしめっちゃ緊張する(汗)

表面の文字を見ても全く何かわからないのですが(苦笑)中身を絵で描いてある包み紙の物があったので、それを買いました。他の土産を買ったときにも思った、デザインがとてもお洒落なのです。

O0960064413820170563後はこの直ぐご近所の‟普通の雑貨店”みたいなお土産物屋さんでいくつか買い物し、ウール製品を扱うお店『Loja Da Burel』も訪ねました。買おうかどうしようか結構迷って行ったり来たりを繰り返したものの、結局何も買わずに終わりました。

日本にも出店しているって知ってたしねぇ。色んな色柄があったけれど、どうしてもこれが欲しい!みたいに呼んでいる物がなかったし。

前回のチェコ旅行では時間がなかったのもあり、また店の休日をちゃんと調べていなかったので買えないものがあったりと後悔したので。

今回は行く先々でこまごましたものを色々買ってきました。

見返すと思い出す、品物が多数。

土産物は最後にまとめてご紹介します(一体いつになるんでしょうね(笑))

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポルトガル珍道中記⑱ちりめんキャベツ?さかな

先日久しぶりに会った友人に旅行の写真を見てもらっていた時のこと。

「(私のことを)友達に話したら、1人で海外旅行行くって凄いなぁって言ってた。英語喋れるんやろうって聞かれたから、喋られへんて言ってるけど外為課におったことあるし、ある程度大丈夫なんやと思うって言うてんけど(ほんまのとこどうなん?)」と。

「全然やで。外為課におったけど、私の仕事は英語分からんでもできる仕事やったし。(会話は)単語並べるくらいで、あとはジェスチャー(爆)」

笑てる場合か(;´▽`A``

全く謙遜していないので。

外国語が話せないので一人旅に出る勇気がないお方が居られましたら。何とかしようと思ったら何とかなる!とお答えしておきます。ほんまかどうか知りたい方は、こっそり私の後をつけてください(^0^)あんなもんで大丈夫なのか!と自信が付くはずです。

行ってみたい気持ちは、語学力の無さになんて簡単に勝つのです(私の場合)(笑)

 

海外旅行の間の食について。

滞在日数が限られている中で、また予定を詰めすぎてご飯をゆっくり食べる暇も惜しい、と思う中で、いつどの店に行くかを考えるのは楽しくもあり、迷うところでもあります。

ランチは比較的安く食べられるから、ちゃんとしたところでガッツリ食べようかなとか、夜にちょっとくらいお洒落して行けるレストランも1回くらい行きたいなとか。B級グルメや甘いもの等々。日本でも食に関して最近‟外食でまずいものは極力食べたくない”って気持ちが強くなっているので。二度と来られない様なところでは猶更考え考え。

この日行ってみたのはランチを提供しているお店で、建物の中がとてもレトロな良い雰囲気だとネットで、ガイドブックで見たところ。

近くまで行って、入り口何処だ?と5分ほどウロウロ。

入り口は分かりにくい、とはガイドブックにも書いてあったと思う。

Fachadadacasadoalentejo借りた写真で。

左端の人が出てきているところが入り口でした。しかしながら、私は更に分かりにくい‟こんなところから入っていいのかな?”的な、従業員さんが使う様な扉から中に入りました(汗)

店内のこれは借りたきれいな写真↓

私が行ったときはこんなに明るくなかったし(苦笑)

やっぱり撮り方も違いますよね。

Lisboa__casa_do_alentejo__sala_2_2                                                    

 

 

 

 

食べたものはね、やっぱりその時に撮らないと同じものはないかと思って。

ここから下は写りの悪いガラケーの写真で失礼します。

スープ付きのランチにしました。

で、出てきたスープがこれ。

Kc3z00150002こんなにサービスしてくれなくてもいいよ、と思わず言いたくなるほど大盛り(苦笑)

それもサラサラしていなくて、クリームタイプのスープに色が違うところは中に入っている多分ちりめんキャベツ。

ちりめんキャベツの入ったスープはポピュラーなポルトガル料理だとか…

で、ちりめんキャベツって何なん?と思ったので、調べたらこのカルドヴェルデ(ジャガイモと青菜のスープ)と呼ばれるものに入っている青菜はケールなのだとか。

ケールって確か青汁の材料だったよね(汗)

なるほど。

結構癖のある青臭い味の菜っ葉だなと思ったんですよ。

残すのが嫌なので、結局頑張って全部食べてしまった。この後メインが来るのに…お腹がパンパンです(゚ー゚;

 

Kc3z00160002_2メインがこれ。

ボケボケだなぁ。

魚とパスタとトマト?をオリーブオイルで煮込んである様な料理。

ポルトガルではやっぱり魚介類を食べないと、と思って。

またこれが熱くて量がたっぷり。

味付けはとてもシンプル。

魚と野菜の味がしっかりしていました。

飲み物代も入れて、12、3ユーロだったかな。

比較的リーズナブルなお値段ですね。

Kc3z00170001レストランの建物の中庭みたいになっている所。

ご飯を食べなくても、建物の見学だけでも行く価値がある場所だと思いました。

『Casa do Alentejo』

邦訳でアレンテージョ会館となっていたかな。

アレンテージョ地方の料理を食べさせるお店でした。

お腹満腹。

さてこの後は。続く。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポルトガル珍道中記⑰朝から雨…

翌日。

起きても復活していないipadを見て、死んだ!と思ったので朝から大ピンチ。

おまけに朝から結構な降りの雨。

テンションダダ下がりです。

この旅では勘違いから1日日程が長くなっており、その分でポルトと言うところまで日帰りしようかとも考えていたのですが。写真撮れないのになぁ、とまず思ったし。天気が悪いこともあり、テンションも下がり、体も前日膝を痛めて体力消耗していたので、この日はのんびりトラムから車窓観光しようと決めて、遅めにホテルを出ました。

Kc3z00030002貴重な携帯写真一枚目(苦笑)

なのにちゃんと取れてなくて指?が写っている。

車内が木造のレトロなトラムが走っている路線があって。その一台に乗ったら一番運転席に近い席が空いていた。

ラッキー。

でも雨で外があんまり見えません(;´д`)トホホ…

凄く起伏の激しい路線ですし、道幅ギリギリの住宅街を走ったり(晴れていれば、建物の外に干してある洗濯ものとか見えたりする)さながらジェットコースターのよう。観光客にも人気があります。

途中たびたび停滞していたのは、道が混んでいたとかではなく、トラムの線上に車が乗っていて動けなかったためでした。

そんなときもあわてず騒がず待っている(^-^)お国柄かなぁ。

雨なのが本当に残念。

Kc3z00050001これは終点で降りて撮った外観の写真。

良い感じです。

 

Kc3z00100001→こちら。

信号で止まっていたところをアップで撮ろうとしたら、歩行者用の信号が変わって慌てました(;;;´Д`)ゝ

良い感じですよね。

 

この路線には、この日2往復乗りました(^0^)

元々乗り物好きなので、苦にはならない。とは言っても、端から端まで乗ったら1時間くらいかかるので、午前中から午後早い時間をかけて、時間を贅沢にトラムの旅に使いました。

後することと言えば。

ごはん、食べる(笑)

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポルトガル珍道中記⑯満腹!からの大ピンチ

ロカ岬から国鉄駅のある街へ。

移動するためにバスを待っているときに、‟あ、あの二人絶対に列に割り込むつもりだ”と思った女性二人連れがおりました。列から離れて様子をうかがっている。そしたら思っていた通りに、どさくさに紛れて割り込んできた。どこにでもいるのかな。自分のことしか考えていない常識のない人間。そんな常識がないんかな、とも思いますが。

夕陽の沈みかけで最終目的地に到着したので、バスに乗っている間に日が暮れました。おかげさまで帰りのバスも座れたヽ(´▽`)/

ですが、バスの終点で降りて、駅の場所が分からない。勝手に駅前に止まるものだと思っていたよ。仕方がないので同じバスから降りた観光客らしい人について行った。見失わないようにして(苦笑)

無事に駅に着いて、リスボンまで移動。

疲れ切って車内で転寝です。

お腹もペコペコ。

何せ得体のしれない(あまりおいしくない…)焼き菓子を数個食べただけだったので。

この日の夕食にと思っていたのは、ガッツリお肉が挟まったパン。

地下鉄に乗り換えて、降りた駅前にある『ベイラガール』という名のお店。ビファナと言うパンが名物です。

Src_13510640あまり大きくないお店で、時間はもう20時を回ったくらいでしたが、お客さんはカウンター(立ちっぱの)までほぼ満席。

私が着いた時には運よくテーブル席が2つほど空いていて、すぐに通してもらえました。

名物だと分かっていたし、迷うことはなかったので無事注文を済ませ。

さぁ写真を撮ろうと思ったら、ipadは画面が真っ暗。

\(;゚∇゚)/

やっちまった。

前日電池満タンにしたつもりだったのに、写真撮りすぎたかな。しょうがないか。

Src_14547163↑上も→右も写真をお借りしました。

お店の外観と、その名物のブツ(^0^)

ナイフとフォークがついていたんで、切って食べるのかしらと頑張ってみたけれど。肉切れんし(汗)周りの人見たら齧り付いているので、倣いました。

郷に入れ(笑)

このお肉(豚です)は焼いてあるんではなくて、煮込んである。生姜焼きのごついのって感じ。味も似ていて日本人の口にあう一品でした。

これ1個と飲み物で量は十分。

満腹です。

値段も確か5、6ユーロでお手頃価格。

疲れ切っていたし、結構戻りが遅い時間になったのでこの日はホテルについたら疲れてバタリと就寝。

ipadは忘れずにちゃんと充電ね。

でも次の日。

相変わらず画面真っ暗。

電源入れたりつけたりしても元に戻らんし!!

‟(≧д≦)ヤバい!つぶれた?!”

旅行に出発する前に保険掛けるつもりで入れようと思っていたデジカメ忘れてきてた。こんなことならちゃんと荷物確認するんだった…そういう時に限ってこんなことになるなんて’(T T)

後持っていたのはガラケーのみ(絶望的)こちらも古いので電池の消耗が早く(旅行中に使用するつもりは全くなかったし。充電器なんて持ってってない。。)

ってことで。

ここからほとんど自分で撮った写真がありません。

あたかも自分で撮ったかのように、人の写真をお借りするつもりですので。

ご心配なく(苦笑)

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポルトガル珍道中記⑮一人で行くべきではない所

シントラの街から鉄道駅のある所までバス移動。

そこからまたバスに乗り換えて向かう先は…

駅前に着いたら丁度乗る路線のバスが着いていたのですが、もう乗る隙間がないくらい物凄く混んでいる。40分は目的地までかかるとのことなので、疲れた体では絶対に座っていかないと無理。次のバスまで30分待っているのもつらかったですが、待って正解でした。道が蛇行していて座っててもしんどかった。

進んでいくうちにどんどん陽が落ちて行っている。

気持ちが焦ってきます。

朝大分ロスした時間が本当に恨めしい。

しかし。

目的地に近くなってきて、力強かった陽の光が夕陽に変わる景色を見たら、この時間にここへ来れたのはある意味大正解だったかもと思いました。

Img_2095素晴らしいこの夕陽がみられるこの場所は。

ここはどこか。

ロカ岬。

ヨーロッパと言うより、大きな大きなユーラシア大陸の最西端の地です。

今見ても鼻の奥がツーンとする。

凄いもん見た!って。

大感動です。

こんなところまで一人で来れた。

一人か。

寂しすぎる(゚ー゚;

ここは誰かと感動を共有するべきだよなぁ。。

Img_2086ありゃりゃ。

折角の記念写真なのにストールが流れちゃってる(苦笑)

記念碑の横にて。

写真を撮ってくれているのは、私の前にこの記念碑を撮っていたイタリアから来たと言っていたお兄さん。

影で写っていますね。

この旅唯一の自分が写っている写真がこれでした。

そして見知らぬ外国の人と束の間でも交流できてうれしかったです。                                                        

 

Img_2088何にも遮るものがない海。

この向こうって。

平面の地図で言うと、右の端?ってアメリカの東側になるのか??

Img_2082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり時間がなくて駆け足でしたが、間に合って良かった。真っ暗になっていたら、ここだと分からなければ来た意味がない。

時間はもう5時半をまわっている。

後ろ髪惹かれながらポルトガルの市街へもどりました。

続く。                                                             

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポルトガル珍道中記⑭シントラの街にて

Img_2066足は痛くとも。

街歩きは楽しい。

景色が良いと猶更です。

至る所にあるアズレージョ。

これはブルーと黄色の組み合わせ。私が好きな配色でした。

 

Img_2068                                               

 

 

 

 

 

 

 

Img_2017建物の壁が黄色とかピンクって。日本ではあまりありません。日本の景色に合わないし。

ここはしっくり合っている感じがします。

 

 

 

こんな良い感じの細い坂道があったりして。

街の散策をしたい!と思ったけれど。背に腹は代えられぬ。花より身をとる(゚ー゚;

Img_2072                                               

 

 

→写真を撮っていた坂の途中で、この写真の一番手前に見えている入り口から入るお店が雰囲気が良さそうだったので覗いてみる。

ここで食べようと思っていた名物が置いてあったので休憩することにしました。

 

Img_2073                                   

 

 

 

カフェオレと一緒に注文したのはケイジャーダと言うシントラ名物でした。チーズが入ったシナモン風味の焼き菓子とのこと。

ショーケースにそれらしきものがあったので「ケイジャーダ?」と聞いてみたら違うと、出してくれたのがこれ。あれ?ガイドブックに載ってたのと全然形が違うけど。。中を開けてみたらこんなことになっていた。

Img_2075うわ!6つも入ってる。

なるほど、そういうことね。形が違うのも納得です。

こんなにいらないのになぁ。どうりで結構なお値段すると思った(苦笑)

これがまたシナモンたっぷりで甘みが強くて、チーズの味なんて全くしない(汗)私はちょっと苦手、かも。

すきっ腹に甘々お菓子は正直きつかったけれど、とりあえず食べとかないと。2つほど食して後はお土産にしました(;´▽`A``

さぁあとは。

最終目的地を目指すのみ。

ポルトガルへ来たからには絶対に外せない場所へ向かいます。

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポルトガル珍道中記⑬最後の〇〇

Img_2065何となく怪しげな。

レガレイラ宮殿。

先の王宮の前からバスが出ているけれど本数が少ない。最悪歩く覚悟でないと時間的に後の予定に響いてくるし…と思っていたら、すぐに乗れたのでラッキーでした。

でもバス停で降りてから入り口までの道は上り坂を約半キロ。痛めた膝にきついわ(泣)                       

 

 

入り口を抜けてもずっと上り坂Σ( ̄ロ ̄lll)

Img_2020上りきって下りながら見ていく感じですね。

この辺りも怪しい怪しい。

ワクワク(^0^)

お天気が良いし人がたくさんいるから大丈夫でも、薄暗かったら怪しいなんてもんじゃなくて不気味かも。

Img_2025                                

 

 

 

 

人が集まってる。

この左右の入り口から入ったところが、この敷地内で一番気になっていたところでした。

中は真っ暗。

前を行く人のスマホの光を頼りに(笑)他力本願か。

Img_2026何なの?これ。

イニシエーションの井戸、とのこと。

底にいる人たちがミニチュアみたいですね。

 

 

Img_2029下から上を見たところはちょっとボケてしまってます。

階段が暗くて狭くてきつい。。

他にも見たいところがあるし、最上階まで上がるのは時間的にも無理だったので断念しました。

 

 

また真っ暗な通路を歩いて行くと、今度はこんなものが現れました。

Img_2030

滝。。

洞窟の中から見たところ。

丁度正面からこっちを見ている人とご対面です。

Img_2036飛び石があったり。

自然の中にできた(作った)アトラクションの様な庭園でした。

 

 

 

 

 

Img_2057昼寝中の猫さんに。

ホッと一息(^-^)

 

 

Img_2054王宮を飛ばしても、こちらに重点を置いて時間をとるべきだったなぁと後で後悔しました。

駆け足で回っても十分面白かったにせよ、他にも面白そうなところがあったかもしれない。

残念無念。

帰りのバスはあと一歩のところで乗れず。待っている時間が勿体なかったので、下りだったこともあり歩きました。

お腹空いたなぁ。

もう時間は3時過ぎていたと思います。

朝ご飯を食べてからお菓子をちょっとつまんだくらいで腹ペコだ。

しっかり食べている時間はないし。

さてどうしよう。

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポルトガル珍道中記⑫〇〇巡りツアー中間

東京旅行の記事を書けたので。

珍道中記書きに戻ることにします。

Img_2014晴れていると本当に空が真っ青で奇麗。

王宮の外観です。

シントラの駅からバスに揺られて、先の記事で紹介した山の上のぺーナ宮殿を訪ね、山を下ってちょうど駅との中間地点、小さな街中にあるこじんまりとした宮殿でした。

先の宮殿と違って人はまばら。

インパクトはあまりない感じ。

中に入ってもガラガラ。。

Img_1975大広間。

めっちゃ豪華、ではないですね。

 

Img_1989下全面がブルーのアズレージョで、上半分がこれは何でしょう、茶系のモザイクかな。色の対比が奇麗です。

部屋が狭かったのでギリギリ隅に下がって撮っても全体を写すことができませんでした。

 

 

 

 

 

Img_1996豪華で重そうな?シャンデリアと、この模型?は何なんだろう。

 

違ったタイプのアズレージョ↓ 

空いていたのもあって。

随分サクッと流し見してしまいました。                                                                                     

Img_2002                                      

 

 

 

これで宮殿を2つ見ました。

シントラの宮殿めぐりも残すところあと一つ。

自分の中では一番面白かったその場所へ最後に向かいました。

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

研修の後のお楽しみ③

スカイツリーにのぼった、行きたいカフェにも行けた。

さぁ帰ろか?

2日間の研修では緊張もあり、頭もフル活動させたので相当疲れていて。本当は昼過ぎくらいの早めの時間に帰ってゆっくりしようと思っていたのです。

ところがやっぱり貧乏性なのか、欲が出て。行きたいところへ行かず我慢して帰るのはもったいないと向かった先。

Img_2152上野にあるとある美術館。

ブリューゲル展が開催中でした。

関西にも巡回があるのなら地元で観られるけれど、なかったんですねこれが。

好きな画家だし、関西で観ることができないし、まぁなんとグッドタイミングで東京に来れたんでしょう、ってな感じです。これは観るしかない。

平日の真昼間なのに。

上野公園に人の多いこと!

そうか。

動物園もあるしね。

パンダ観に行く人もいるでしょうね。

ブリューゲル展は観やすい混み方でした。

 

 

Top_gallery_works01_medium鮮やかな油彩もあったけれど、私が好きなのはやっぱりこの手の白黒画。

ブリューゲルって感じがするのと(この作風は何代目かな。何代にもわたって画家が続いた画家家系だったそうです)特徴がある不気味なモノたちにはまっています。人喰ってる魚とかジッと見てニヤニヤしてしまう(苦笑)この画のクリアファイル買ってきました(;´▽`A``(悪趣味?)

大分疲れていたけれど、行って正解だったなと思いました。

 

 

 

 

Img_2154美術館の中から見えた外の景色。

銀色の球には建物が写っている。

さらに建物のガラスに写真を撮っている私が写っていました(^0^)

端の方に溶け残った雪が見えています。

毎日寒かったので、東京にいる間ずっと道端に雪がありました。

お昼御飯が軽かった(軽すぎた)のと、寒すぎて体力消耗してお腹が空いていた。

美術館併設のお店にも魅かれたのですが、上野公園の中には色々食べるところもあったんですね。今まで何度か行ったけれどこの界隈で食事をしたことがなかったし、これから新幹線で3時間以上かけて帰るので腹ごしらえすることにしました。

Img_2160_3店内から外を見る。

さすがにテラス席には誰もいない。

私が通されたのは入り口近くの席。寒いです、の条件付きで。時間があまりなかったので良いですと言ったものの、ホントに寒かった。ひざ掛け借りてもあまり効果なし。

Img_2156熱々のドリアもすぐに食べやすい温度になりました(苦笑)

今回物凄く久しぶりに新幹線で東京へ往復しました。

もうずいぶん前から東京へ行くのは飛行機になっていたので。3時間も乗っていると言うのがちょっと苦痛に感じるほど。

飛行機は空港へ、また空港からの乗り換えが面倒だし時間がかかるから結局時間的には一緒でしょと言う人もいるけれど。私はやっぱり飛行機の方が楽だなぁと思ってしまいます。

東京では落ち着いていた雪も。帰りの関ヶ原では猛烈に降っていて。せっかく頑張って早めの列車に乗ったのに30分ほど遅れました。そのおかげで大阪で乗り換えたら新神戸まで立ちっぱ。。そして神戸でも雪が降っていて寒い寒い東京旅行になりました。

次はいつ行けるかなぁ。。

終わり(^-^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

研修の後のお楽しみ②

スカイツリーを満喫して。

ホテルに戻り荷物をピックアップして。

向かったのは某カフェ。

たまたま泊まったホテルから歩いて10分くらいだったそのカフェは最近結構話題になっているらしく。11時過ぎくらいに到着したら多くの女性たち(全員女性だった)が店の前で待っていました。

テンション下げてる場合じゃなかったな。ツリーに向かう途中で行ってみるつもりだったのに。早い時間だったら全然待ち時間が違っただろうなぁ(行くまでにちょっと道に迷っていたのも裏目に出た)

寒い寒い日。店の前は日陰∑(゚∇゚|||)

30分以上待ちました。

あまりにも寒すぎて途中であきらめそうになったくらい、本当に寒かった。

店にやっと入れて。注文を待つ間だけでなく、食べ終わっても全然体が温まっていなかったほど。芯から冷え切ってました(゚ー゚;

Img_2150もっとガッツリ、待っただけの元は取りました(また元とる発言(苦笑))的なメニューにすれば良かったのかも。

でもパンが美味しい店のカフェなので、そこはシンプルに食パンのトーストを食べるべきかと真面目に考えてしまった(汗)

美味しかったです。さすがやわ。

ペリカンカフェにて。

でした。

パン屋のペリカンさんでは(カフェのご近所にある)寒風の中待っている間に、行ってきた人の話をまた聞くとはなしに聞いたところ、「この時間(11時過ぎ)に完売ってどうよ?!」でした。ほんとに何一つ残っていなかったとのこと。だったら猶更、寒い中待って食べられたのは来た甲斐があったというもんだ、と。

Img_2121_2ちなみに。

前日の夜食べたカレー。

ホテルの建物の一階に入っていたお店にて。

ホテルでチケットを買うと安く食べられると張り紙がしてあったので行ってみました。

デッカイナンとカレーはチキン。それとマンゴーラッシー。

通常これが1500円くらいするのだとか。

思ったより美味しかったけど1500円やったら絶対食べへんな(笑)

高かったら美味しくて当たり前、これも関西人的考えですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

研修の後のお楽しみ①

Img_2119会社がとってくれたホテル(赤坂の)よりよっぽど安上がりなのに小ぎれいで電子レンジもついた部屋。

場所代は大きいのかなぁと思ってしまった。

Img_2123ホテルへ向かう途中で奇麗だった某タワーです。

夜景はあまりきれいに撮れないんだよなぁ。

 

明けて翌日。

休日に入って朝。鏡を見たらめっちゃ目が充血してました。

もう充血なんてもんじゃない。

今までで一番ひどい。一瞬‟ギョ!”っとするほど(lll゚Д゚)テンション下がるわー。

最近左の白目が真っ赤になっていることが時々あります。

左右比べたら左がかなり視力が落ちている感じです。

って、説明をしていても話が進まないので。

老化かな、って結論で。。(いや、ストレスかも?)

朝早くに出かけるつもりがゆっくりしてしまった(テンションダダ下がりだから)

最初に向かった先は。

上の夜景の真ん中に写っている某タワーです。

東京スカイツリー!

2回ほど下のソラマチまで行ったことがあったのですが、未だのぼったことはありませんでした。

今回はのぼったる!と思っていたので、比較的近い場所に宿をとりました。

歩いたら20分くらいかなとふんでいて、天気が良かったら歩くつもりでいたものの。この前々日くらいに東京はドカ雪が降り、交通も麻痺していたあの時期。1月23日は仕事を早く終わらせてもらって前乗りしたのですが、ちょうど天気は回復していて。しかしながら物凄ーく寒かったので歩くのは諦め地下鉄で移動です。

最寄駅からのぼり口、チケット売り場を探していると、何やらカメラを持った人たちを見かけました。‟何かイベントでもあるのかしら?”とその時は通って。

さて込み具合はどうだろう。

平日です。

待ち時間0。

さすがに混雑もしなくなったんだねぇ。

時間指定の予約券を買う必要は全くありませんでした。

当日券だと安いのだけれど、展望デッキまで2060円!その上の展望回廊まで行こうと思ったら+1030円…高い!!

デッキまででいいかと思ったのですが、そこはやっぱりのぼろうと意気込んできたし。展望デッキを飛ばして展望回廊へ行くことはできず。次回でいいか、ってことになると、3090円また払わないといけないし(ケチだから(苦笑))

行ってみたら、のぼるだけのことはあるなぁって感じでした。

Img_2126景色が奇麗、というよりも、あ!富士山と思って撮った写真です。

移動中とか、関東にいる間はどこにいてもつい探してしまう。見える景色が当たり前になっていませんからね。

 

ひょっこりとこんな風に飛び出た場所があったり。

Img_2134
                                

 

 

 

 

 

 

 

 

自由研究のためと中学生にインタビュー?されたりもしました(笑)「東京スカイツリーのことを何で知りましたか?」って質問。そんなこと覚えていなかったので、その他、って答えてしまった(苦笑)

Img_2142その中学生たちの話を何とはなしに聞いていると、「あ、影がうつってる」と。

おぉ!くっきりと奇麗にツリーの形が。

思わず撮りました。

教えてくれて有難う。

Img_2141証拠写真も撮りました。

結構楽しんだよね。高いお金払っただけの元はしっかりと取ってきた感じ。って発想は関西人特有のものかなぁ。

カメラを持った人たちの狙っていたものは何かが展望デッキにのぼった直後に分かりました。

キリ番で利用した人の取材。

いいなぁ。

惜しかったなぁってちょっと思ったりして。

テレビに映りたかったとかじゃなくて、なんかもらえるやん。

それも関西人の発想よね(笑)

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

命の洗濯

やっぱり。

土日続けて休みってのは良いもんだ。

つくづくと休みの有難さを実感している先週、今週。

未だに宵っ張りの習慣が抜けていないので、慢性的な寝不足で。‟もうアカン!今日こそ早う寝よ!”となるまでは、体を酷使し続けておりまして、いい加減やめなあかんなぁと思いつつ。

空き時間を有効に使おうと思い、最近では通勤に本を持ち歩くようになりました。通勤にこの間まで見逃していた電車に乗り、ちょっとだけ増えた待ち時間に立ち読みしたり。職場で昼休憩に読んだり(気持ちに余裕があるときは結構捗る)帰りは座れることが多いので移動で読んだり。

仕事帰りなんかは目指していた電車にあと一歩のところで間に合わず、次の電車を待つ間イライラしたりしていたのが、待つ時間も読書の時間、自分の時間と思えることで解消できました。

時間無いなら無駄に過ごしている時間から作りだすしかない、と。勉強になるわぁ(笑)

今日はギターのコンサートを聴きに行ってきました。

面白かったのは↓の曲。

私にしては珍しく明るめの曲なのに(途中曲調変わりますけど(苦笑))良いなぁと思いました。

参照にと載せたこの動画、子どもさんなのに上手いわ(゚0゚)

美味しいものも食べてきました。

久しぶりに撮ったわ、食べ物の写真(^0^)

Img_2168あんかけ焼きそばです。

たまに食べたくなります。

命の洗濯をしたらまた一週間頑張ろか、という気持ちに切り替え出来ました。

ストレス発散は必要。

それには自分の好きなことを見つけるのが大切ですね。

 

さて。

春になったらまた何か始めようかな(^-^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タダでは済まさん

1月のこと。

一泊二日で東京へ研修に行ってきました。

遡ること12月の終わりころ。

実務者研修を終えて、ホッとして寝込んでしまった日に今の職場の上司から電話がかかってきました。

「1月の17日大阪、1月の24・25日に東京で研修があるのですが、行けますか?」

ゲ!

24日音楽療法の講義の初回やし…一瞬断ろうかと思いましたが、そんな勇気もなく。

行きますと返事してしまいました(;;;´Д`)ゝ

あー余計に具合悪くなりそう、な感じでした(苦笑)

大阪の研修は、勤務3日目、東京研修は勤務開始の翌週。

どちらの研修でも、「15日に入社しました」と自己紹介すると、「えー!(ご愁傷様?)」とびっくりされました。そりゃひどいね、と同情してくださる方も多数。

日帰り研修ではグループワークがあったり、泊りの研修では丸二日本社の一室に缶詰状態。困った状態になったら「入社したばかりなので…」で切り抜けました(笑)それでも許された。ある意味有難かったのかも?

しんどい思いもしたのですが。

そこはただでは済ませない。

泊りの研修後の1日は休みをもらって遊んできましたヽ(´▽`)/

往復の交通費を負担してもらえる機会なんて滅多にないもの。

楽しんでくるぞ、ってな感じで(^0^)

続く。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

またかーおかしいのは私の方か?

新しい職場にて。

「ちいさいこさん怒ることある?」

と聞かれました。

またか!

「普通の人間なのでもちろんありますけど、それを態度に出したって周りの人に嫌な思いさせるだけでしょ」

と、これもいつものごとくお答えしました。

これだけ同じ質問を、会う人会う人にされると、私がおかしい、変人なのかなぁと考えてしまいます。

職場には、びっくりするくらい急に怒り出す御仁がいらっしゃいまして。

瞬間湯沸かし器、の異名をもっておられて。

かと思ったら次の瞬間元に戻っていて、初めはびっくりしたのですが、最近‟おもしろいなぁ”と妙に静観していたり。

「この間、(そのお人が)あんなに怒ってんのに(私が怒られていたわけではない)淡々と質問してるから凄いなぁと思ったわ」

と笑われもしました。

怒っていようがそんなことは関係ない。締め切り時間が迫っている仕事、終わらせる方が優先だろうと。

湯沸かし器さんも相当強烈なキャラクターですが、私もまたかなり変人なのかもしれません…(しれません、じゃないかもしれません(汗)はっきり変人かも)

日々戦い、の今日この頃です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

何から書くかな

ブログを書くのは以前は記録用、日記代わりだったのが今は趣味の範囲、書けるときに書くスタイルに変わったものの。書くこと自体が好きなのは変わりなく、故にネタがどんどんたまっていくのに書けない状態が続くと結構ストレスになっていたり。

旅行記もいつ終わるんか、忘れていることも多くなっているのかもと思うのだけど(汗)

職場から研修で東京へ行った折には、延泊して遊んでも来たので、そのことも書こうと思っているのだけど。

音楽療法の講座も終わって(最終のレポートを書かねばー(;;;´Д`)ゝそれについても書きたいのだけれど。

それに何より、毎日の生活がどうなっているのかお伝えしたいのだけれど。

時間がない。

苦し紛れに(エーうそー(^0^))外食だけは時々楽しんでいるのに、ブログも書けんと思ったら最近写真撮ってないし(゚ー゚;

仕事が変わって自分の時間が大幅に減ってしまったけれど。

元の生活に少しずつ戻していこうと思います。

週明けから頑張ります(苦笑)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

逃げ足の速いこと…

足音も立てずに2月が逃げて行ってしまいました。

段々更新頻度も低くなってきておりますが。

何とか生き延びておりますよ。

インフルの猛威にもマスクで予防&あとは気力だけ(いや実は食欲の力が大きかったり…(苦笑)職場で往診の先生に聞いたら「予防でタミフル飲んでる」っと仰ってましたが。逆に大丈夫なんですか?!と言いたい。)で打ち勝ち、風邪も怪しいなと思ったときに薬を飲んで予防し。

明日に備えてきました。

2月はほんとにしんどかった。

休みなかった(u_u。)

体も精神的にも持ちこたえられるかなと思いましたが。

泣いても笑っても明日でひと段落。

明日はギター合奏団の定期演奏会です。

天気が不安ですが、お越しくださいます皆様にはお気をつけて。

楽しんでいただけたら幸いです。

それにはまず自分が楽しまなければ。

と、そんな余裕はほぼないんだけど(;´▽`A``

とにかく頑張ってきます!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »