2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 命知らず | トップページ | 早5月も… »

神戸弁

全くもって不名誉なことで神戸がクローズアップされていますので?

ちょっと神戸の変なところをご紹介します。

いろんなページを覗いてきて、拾ったというか共感して笑ってしまったネタです。

まず“神戸弁”について。

何だ神戸弁って?

あんまり聞いたことないと思います。

関西でも大阪弁、京都弁は良くご存知なのでしょうけどね。

まぁ大きく括ると大阪も京都も神戸も関西弁、関西なまりなのですが、微妙に少しずつ違うようです。

現在では地元の友人より、大阪に住む友人の方が多くなってしまいまして、大阪人と話をしている時にたまに

「あっ、神戸弁!」

とご指摘を受けることがあります。

ではその神戸弁ってどんなものかといいますと。

①神戸弁とは・・・
 関西弁の代表格である大阪弁と、アクの強い播州弁の影響をそれぞれから強く受けている。そのため、神戸弁の独自色は薄いが、大阪弁と比べたり播州弁と比べたりすることでその差異が明確になる。大阪弁から見た場合の神戸弁の違いは語尾の変化にあり、 播州弁から見ると子音の無音化がない所に違いがある。この特徴がある背景としては、神戸が交通網の整備された明治以降に発展した街であるという歴史の浅さに負うところが多く、阪神間から広く人を集めた神戸の言葉は方言のミックスになっていったものと考えられる。また、神戸人は関西人の中では関西弁に対するこだわりが薄い所もあり、標準語が必要な際にはあっさりと標準語を利用でき、大阪に行くと大阪弁を利用できる。これも言語を利用した交流のスムーズ化が必須であった港町という地理に拠るところが多いだろう。

②神戸弁の例~
 「~している(よ・ぞ)」→「~しとう(で・わ)」
 「雨が降っている(よ・ぞ)」→「雨降っとう(で・わ)」
 「~になっている(よ・ぞ)」→「~になっとう(で・わ)」
 「何やってる(の)?」→「何やっとるん?」→「何やっとん(の)?」
 「何してる(の)?」→「何しとるん?」→「何しとん(の)?」
 「宿題やってるか?」→「宿題やっとるんか?」→「宿題やっとんか?」
 「いらっしゃいますか?」→「おってですか?」
 「行かれるから」→「行ってやから」「行っとってやから」
 「食べてらっしゃるし」→「食べてやし」「食べとってやし」

あるSNSのコミュの紹介文から引用させていただきました。

神戸弁についてのコミュがあること自体可笑しいなぁと苦笑いでした。

特徴は色をつけた部分。

大阪で勤務時代、大阪在住の先輩には

「”~とう~とう”言ってんなぁ(笑)」

と笑われる(冗談ぽくバカにされる)こと幾度か。

身に染み付いているから自然と口をついて出ています。

だから笑うことないやんかーとは思います。

この語尾はともすると、大阪弁よりきつく聞こえるので、仲の良い友人にしか通用しません。年上の方にはなるべく、使わないようにその辺だけは気をつけている、つもり(^-^)(知らぬ間に使用していたらごめんなさい(・c_,・。)ゞ)

それから神戸の小学校の不思議。

神戸の小学校(中・高も?)では、上履きは使用しません。

全教室土足ONLY。

普通だと思っていたら、ある時クイズ番組で問題になっていて、これは全国区ではないことに気がつき驚きました。

それからこれは、今日見つけたネタ。

小学生の体操服登校。

体育の授業があるときは、体操服を着ていって(女子はその上にスカート、上着など着用。男子も私服のズボン着用)、授業前に脱ぐと言うもの。

着替える場所が無いからってことだったんだと思います。

これも神戸だけ…

たった今知りました。

あとは食べ物に関して言えば。

巷で言われているメロンパンは神戸では《サンライス(ズ)》と呼びます。

神戸でメロンパンって言うと、ラグビーボール型のパンの中に、メロン風味の白あんが入った物のこと。

小さい頃白あんが嫌いな私は、このパンを食べなさいと言われると、まわりの皮だけ食べて中身を残していました。母に叱られました(^-^)

メロンパンとサンライズ

ここに詳しく載っていますので興味のある方はご覧になってください。

(ここに詳しく載っとうから興味のある人は見たってな?(´^c_,^` )神戸弁訳)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 命知らず | トップページ | 早5月も… »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
インフルエンザ、急に患者さんが増えましたね。
 
神戸弁、いいですね。
私は大阪の人間ですので 近いけど大阪弁と違う神戸弁を聞くと
新鮮な気持ちになります。
 
大阪の先輩も 多分、バカにしたんじゃなくて
可愛いなぁと思っていらしたんじゃないかな・・・
 
ところで ちいさいこさん、学生時代
ファミリアのデニム・トートバッグを持っていませんでしたか?(^^)
 
それから私のブログに こちらのお部屋を
リンクさせて頂いてもよろしいでしょうか・・・?

チェルコさん

いらっしゃいませ
インフルエンザの流行についてはとりあえず静観しています。今日は心配した大阪の友人が(河内長野在住)“マスク送ろか?”とメールをくれましたが大丈夫と返事しておきました。

ところで。
ファミリアのバッグ。
あれには一種憧れがありました
でも、持っていたのはほとんどが私立の学校に通うお嬢様方。
私はインフル発症した生徒が通ってた県立の高校生でしたので、おこがましくて?残念ながら持っていませんでした。

そうか!
あれも神戸の女子中・高生独特の物ですよね!
チェルコさん鋭い

リンクの件ですが、こんな駄ブログでよかったらリンクしてやってくださいませ。
ありがとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸弁:

« 命知らず | トップページ | 早5月も… »