2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

見習わないとなぁ

先日ギターコンクールの本選を聴きに行ってきました。

ギター教室の生徒さんが今年はたくさん出場されると言うことで、勉強させていただこうかと。

思っていたのですが勉強っていうかねぇ、凄いなぁって感心しただけだった気もします。

コンクールに挑戦してみよう、って志の高さがただただ尊敬に値するし。出られるだけの実力があることが羨ましいなぁとも思う。

私なんて発表会にピンででることすら拒否し続けて最早10年(汗)合奏団に入ってからは‟合奏で出るからいいもんね”と開き直っているしね(苦笑)

今回は2階席からの見学でした。

ギター演奏に適したホール、マイクなしで生音が最後列まで聴こえるホールって、あのオケが乗る様などデカい大きさではないにしたって、舞台にポツンと一人座っている姿を見て恐怖を感じたと言うか。前から見るよりポツンと感を強く感じました。ピアノだったらまた全然話は違って、楽器がデカいから守られてる感があると言うか。ピアノ習っていた時は平気で発表会で弾いてたのは案外そんな安心感があったのかも。人がちっちゃく見えるしね。コンクールだと丸腰で(ってことはないか。ギターが武器ですもんね)敵に立ち向かう戦士、審査員が敵じゃぁないけれども(笑)そんな風に見えました。まぁよく言われるのは、慣れ、です。ピアノは子供のころから習っていたから慣れてたってこともある。しかしながらギターのあの心細い感じはやっぱりますます無理やなぁとつくづくと感じてしまった次第です(;´Д`)

おばちゃんになってから、ある程度の人生経験積んでからだと怖さ倍増、腰がひけるのも当然でしょう。

目の前で審査されていると言う緊張感の中たった一人で立ち向かうなんて本当にすごすぎる。

指が震えてまともに弾ける気がしません。途中で頭真っ白になるにきまってる。私だったらホールにだれもいなくたって舞台に乗ったら緊張しまくる気がします(;^_^A

弾き終わった方は終わった後でもまだ指が震えていると言ってはりました。

リアルやなぁと。

中級部門だけとりあえず聴いてきました。

それだけでも40人超の出演者ですΣ(・□・;)全員弾き終わるまでは聴けなかったのに、知り合いが出るところまでは聴こうと残っていたら結局4時間強も経っていました。聴いているこちらも緊張しながら、かなり集中していました。2時間くらいは通しでトイレにも立たず(^-^)

中級とはなっているけれども、皆謙遜ではないの?って聴き堪えのある演奏でございました。

先生方も審査をしながら2日間朝から晩までですから大変だったことだろうと思います。

出演された方、先生方もお疲れ様でございました!

私には無理、とは思ったけれども、練習しないとなぁってやる気はいっぱいもらって帰りましたよ。

有難うございました。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

熱帯

あぁいやだ。

途中まで書いた記事が飛んでしまうことほど阿保らしく腹の立つことはない!

頭冷やしてもう一度。

                                                                   

本日台風がやってまいりましたね。

思っていたより遅いお出ましで、しかも予想ほど大したことないやん?でしたが、夜遅く遠ざかってからひどくなってきました。「今頃かい!」って思わずツッコミ入れる声が出てしまった(^0^)今日は公休で大丈夫だったけれど、あるいは明日の方が土砂降りだったりして。

最近カラカラ天気だったので、湿り気は欲しいところだし、雨が降ったら涼しくなるかと思ったら、台風一過で暑くなるでしょうって天気予報で言ってた。がっかりだし、湿り気どころではない雨の量は必要ないですね。

そんな暑い暑いと言っております熱帯気候のような今日この頃。

その暑さだとか、貧血だったりとか、ただやる気がないだけだったりとか。

色んな理由でやりたいことが色々停滞気味な中こんな本がまわってまいりました。

読書もまた中々捗らなく冊数が稼げなくて時々ガッカリでございます。

2000006891354『熱帯』

森見ワールド全開の1冊。

あっつい時期にお誂え向き?(;^_^A

単行本でちょっとした低めの固い枕に最適な分厚さです。

この前に読んだ『ペテロの葬列』は更に輪をかけて分厚かったし、そして今読んでいる『傲慢と善良』もなかなかの分厚さ。

これらの本は図書館から持って帰ってくるのも返すのも大変。また一番大変なのは最後まで読むこと。幸い面白かったのでどれも飽きずに読んでいるけれど、つまんなかったら投げ出すよね。

こんな本も1冊だし、数時間で読めてしまうもの、また絵本なんかも1冊として数えるのはどうにも不条理だよなぁと思います。ブログパーツの本棚に載せるとか、人に話すときに冊数で言うのに必要なだけなので別にどうでも良い自分のこだわりなのかもしれないけどね。

冊数を稼げない言い訳でしかない、そんなに無理して読む必要あるのって話で、だったらページ数で記録すりゃいいやん、って。そうなるよなぁ(苦笑)

しんどいので愚痴りたかっただけかも(-_-;)

最近コンスタントに図書館で予約している本がまわってきて嬉しいのは嬉しいんですけどねぇ。停滞期に師匠にお借りした『ダ・ヴィンチ・コード』上巻しか読めてなくて中断しているのが物凄く気になっています。内容覚えてるかなぁ(汗)並行読みしようかなぁ(^-^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

残念ながら?新記録ならず

気が付いたらあっという間に8月も10日か(;´Д`)

すっかりご無沙汰してしまいました。

それもこれも、先月の後半に体調を崩しまして、それ以来無理はせんとこう、と、ちょっと疑心暗鬼気味だからでございます。

タイトルはよもや『8月は更新なし!』ってことではございません。悪しからず(苦笑)

                        

7月のギターの合奏練習へ行った日のこと。

普通に練習に参加しており、休憩時間もなんてことなく歩き周っておりました。

ところが。。

ちょっと残業?になって、終わったからさぁ帰ろうと立ち上がったところ、‟あれ、何かフラフラする…”

眩暈でございました。

ヤバいぞ、ちゃんと帰れるかなぁと思いつつ靴を履き替えておりましたら、「ちいさいこさん!」と呼ぶ声あり、呼ばれた方を振り返ったところグラっと体が揺れまして、漫画みたいによろけてそばにあった棚に摑まってへたり込む始末。

急な方向転換は眩暈の時にやったらあかんこと、でした。

それで結局次の日から3日間仕事を休むことになってしまいました。

今まで病欠で3日なんてしたことないのに。

たいていの場合1日で治す(^0^)治る、でなくて、治す、です。結構気合で治るもんなんですよねぇ(ほんまか。いや、そう言うもんです意外とね)

休んでも2日。

今回も、3日目は「途中でしんどくなって引き返すか、遅刻することもあるかもしれませんが」って断り付きで先に職場に連絡して家は出たんですけれど。まだ本調子ではなかったので、駅まで行ったら満員電車に乗るのがどうにもならず、立ってくのは全くもって無理だなぁと。ホームで座っているところに「今は無理せずに大事をとってもう一日休んでください」という施設長からのメールが来たので。有難く帰って休むことにしました。

1日目は何とか自力で治らんものか、と丸1日寝込んでいたけれど全く回復せず、2日目に、今日治らんかったらどうにもヤバい、と思ったけれども立ち上がるとフラフラしてまともに歩けなかったので、トラベルミンを買ってきてもらいました。乗り物酔いのあの薬です。飲んだらようやく夕方頃に何とか歩ける状態になり病院へ行ってきました。

かなり顔色悪かったのと、下瞼の裏側がこれまでにないほど真っ白の状態だったので原因はまず間違いなく貧血だろうと思い、今までの経過を先生に説明したところ、「輸血もできるけど」と言われたり、検査室の人には「異常値が出ると思うけど連絡せんでいいから」とか恐ろしいことをいう。

私自身こんなひどい眩暈になったことはないし、重症の貧血だろうと思い込んでいたのでちょっと心配になったり。採決した後に鉄分の注射を打ってもらい、鉄剤を処方してもらって帰りました。

ほんまにお気楽やなぁとは思うのですが、‟どんな異常値がでるんやろう。記録更新かな”なんてねぇ。期待するなんてMかいな(汗)1週間後検査結果を聞きに行きましたら、ヘモグロビン値は絶対一桁やろと思っていたら何のことはない、正常範囲ではないながら全然二桁。「拍子抜けやなぁ」って先生まで(苦笑)ちょっと待ってよ、問診だけで早とちりは先生やないのさ(^0^)しかしながら、鉄分の貯金は全然足りなくて、これが少なすぎるのもあるいは貧血とみなされるらしいので。鉄剤飲んだり、最近はシジミやレバー摂ったりで、食べ物も気を付けたりしています。

女性であるのでしょうがないとはいえねぇ。貧血とは長いお付き合いです。

最初に分かったのは高校生の頃。高1の入学時に初めて血液検査を受けて分かったので、あるいはもっと前からそうだったのかもしれません。それ以来薬飲んだり止めたりの繰り返し。薬って言うかね、鉄剤は栄養剤って言った方が良いんでしょうかねぇ。病気ではないしね。

昔から色白いねって言われることが多いのは、血が薄いからなんだぜきっと。血の気がない白さだよ多分。

貧血の何がしんどいかって、ひどいときはちょっと動いただけで動悸がすること。慢性の貧血だと全身がずっと酸欠状態ですのでね。私がボーっとしているのは貧血のせいですよー(あ、違うって声が…)こうなるとまた、ヤバい鉄剤飲まんと、ってなります。最近体の冷えがひどいのも酸欠が理由の一つかもしれません。体に良いわけないよなぁ。

合奏練習後の眩暈も、それなりに集中して練習するわけだから脳に酸素が大量に使われたせいかもなぁと、自己分析です。

まぁこんなことがこの年齢のこの時期にありましたよ。

って自分のための備忘と近況報告でございました。

40代で体力落ちるとはよく言いますが。

50代はもっと体が変化するんだろうなぁと、とっかかりで思い知らされた1件でした(苦笑)

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最強の

「この間スーパーでカルピスを見たらちいさいこさんを思い出したわ。新しくメロンとレモン味が出とったよ」そんな報告が先日友人からありました。

えーレモンはともかくメロンって、って思わずつっこんでしまいました。

アンチメロン派、スイカ大好き派です。

カルピス好きでねぇ(^-^)

色んな味があっても一番好きなのはやっぱりオーソドックスな白いやつです。

友人の中では去年外で遊んだ時に私が家からカルピスを持って行ってた記憶が残っていたようです。

この場合のカルピスと言うのはペットボトル入りのではなく、昔ながらの希釈して飲むタイプのもののこと。

普段甘い飲み物は極力飲まないようにしていますが、夏は水分をとる機会も多く、お茶とか水、コーヒー紅茶だけでなく、何となく甘い味が欲しくなったりします。

がぶ飲みしてしまうとまずいので、家ではカルピスも薄ーくして飲んでいます(笑)せめてもの夏太り防御策。自分で濃さを調整できるのが良いです。たまに外出先でペットボトル入りのカルピスを買うと、甘!と思います。売っている奴は随分と濃いんだなあと(苦笑)

夏に限ったことでもなくて。冬でもお湯割りで飲んだりします。

                                                                                          

夏と言えば。

サイダー類も夏らしい物。

最近は滅多に飲むことはありませんが。暑っつい日に飲むとあのシュワシュワした喉越しがいかにも気持ち良いですよねぇ。

昔の様にどちらも瓶入りではなくなったので、今一季節感とか風情はなくなってしまったのが残念。

好きなもの同士の合体版。

カルピスソーダは最強の飲み物、だったりして(^0^)

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

雨もまた楽し

普段生活していて、雨が降っている日に外出となると憂鬱、億劫でしかないのだけれど。

昨日は雨ふりの中出かけてもとても楽しい一日でした。

一緒に行きましょう!とお誘いしていた方が体調不良で、急遽一人で出かけたとしても、それはそれで。

毎年行けるときは行く、ってことにしているこの時期の森林植物園へ。

去年は確か時期外れの台風のため、崩れている場所があるので立ち入りできません、って箇所が結構あったような。

郊外電車に揺られて、送迎バスに揺られて植物園に近づくほどに霧深く辺りは真っ白に…幸い到着したときには降ってはおりませんでした。

チケット売り場では「イベントやってますので」とお知らせがあり。自分で調べていたこともあってまずは生花の鑑賞前に参加してみることにしました。

参加料100円をお支払いして何をしてみたかと言うと。

Img_2998

このちっちゃいブーケづくり。

ボランティア?かな、係りの人がいて、最初にどんな色で?と聞かれたので迷わず青!と答えたら、これはどう?と言われるままに組み合わせて行ったらこんな仕上がりになりました。

花だけでまとめることもできましたが、最初にグリーンが瑞々しいガクアジサイを中心にして、白の紫陽花と、勧めてくださったのはヒメジョオン。花の名前とか全然知らないので、思わずこれは何ですか?と聞いてしまった(苦笑)あとミントの葉と隠れてしまっていますが、とても小さな松ぼっくりも刺さっています。

中々の出来栄えにご満悦(^-^)

クリップを付けていただいて、最初は服にとめられて「このままで園内を歩いてください」って言われたけれど、さすがにこの大きさでは邪魔になるのでカバンに場所を移しました。

野の花だけのブーケでも、なんの変哲もないカゴバックがこんなに華やかに!

これが100円って凄い!500円とか1000円とかとられるのだったら参加自体しなかったと思うし(ケチやなぁ(笑))なのでアンケートではお礼の意味も込めて高評価、思わず褒めちぎってしまいました(笑)

ウキウキして向かった先は、さぁ紫陽花鑑賞か。

いえ、昼御飯(^0^)

いつものお決まりランチはこちら。

Img_3001 今回4回目かな?

こればっかり食べてます。

弓削牧場のチーズ入りスープとパンのセット。

美味しいんですよねぇ。

去年は確か蒸し暑かったのに、今年はさすが日差しがない分肌寒いくらいで。温かいスープも美味しくいただけました。

ブーケ作ってお昼ご飯食べて。

あぁ満足!、って一瞬思ってしまった(汗)

罰が当たったのか肝心の花見をする頃には結構な降りの雨になってしまっておりました。

あーあ。何をやってんだか。

Img_3023 園内はこんな感じ。

坂道の両側はこんな風に紫陽花盛り。

結構明るく写ってはいるけれど、しとしとではない雨の降りでございました。

Img_3020 自分の好みで撮っているので。

気が付いたら青い花ばかりに偏っている写真。ピンクだとかパープルだとかの花はほとんど写っておりません。

無意識に、そっちばっかり選んでましたね。

                                        

                                                                                              

Img_3018 気に入った一つ。

淡い色のバランスが良いなぁと思いました。

こちらのもう一つ。

Img_3029 白い品種とは違うと思うんですけど、ほぼ白に見えるのが綺麗。これから色がついていくのかなぁ。

雨降りの良いところは、葉や花弁に水滴が乗っていたり、葉の緑は生き生きと青い所。

カンカン照りだと花も葉も疲れているようにクタッとしていますからね。

その代り、傘さしながらのipad写真撮影はちょっと大変でした。デジカメを持ってくんだったなぁ。

帰りの電車の中でバッグを見ながらしみじみと、「こんな小さな花束でも気分があがって幸せになれるって凄いことやなぁ」と。行った甲斐があったわ、と思いました。

家に着いたら花瓶に刺してもう2,3日は楽しめるだろうと楽しみにしていたのに。

帰りに繁華街に寄ってしまったものだから…気が付いた時には失くしてしまっていて(T T)大ショック!!

いらんことした、のを激しく後悔でございました。

よく写真だけでも先に撮っといたもんだ、と思ったのと。

誰か拾って持って帰ってくれたら、それはそれで幸せのおすそわけかな、と苦しい言い訳をしつつ。。

梅雨明け前の連休中のお出かけご報告でした。                                                                                               

 

あ、そうそう。

おやつにソフトクリームを食べたのに。

美味そう!とばかりに齧り付いた後に写真撮ってないことに気づき。

あ!って思わず声が出てしまったのはご愛敬と言うことで(;´Д`)

                                                                                                                  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まさにそれ

先週のいつだったか。

朝乗り換え待ちでホームにボーっと立っているときに、ふと蝉の声が聞こえてきて「あぁとうとう夏がやってきたなぁ」と思った瞬間がありました。

ちょうど職場に着いてそのことを話そうと思っていた時に、先に同僚から「今日今年初めて蝉の声を聞いてさ。夏が来たと思ってうんざりしたわ」と報告されました(笑)

ほんとにそう。

まさにそれ。

蝉の声を聞いて夏が来たなんて風流な、なんてそんなもんじゃぁないのですよ。

暑がりの私たちにとってはこれからが試練の時。暑がりでなくても、ですかね。

先日美容院へ行ったときに、「暑がりやから冷えないと思っているけど、暑がりでも冷えは関係ないでしょ」って美容師さんに言われ、まさにそれ!と大きく肯きました。

暑がり汗かきなので、つい何年か前までは夏になるとガンガン体を冷やしておりました。

ところが今年。

このところの梅雨冷もあるのでしょうが、なんか体調が思わしくない。

まだそう暑くない時期から職場ではクーラーを使っており、一日動き回っている職員にとっては事務所が涼しい避難場所になっているため、ほぼ動きのない私の方で上着を着て体温調節はしていたのですが、やけに体が冷える。夏場はシャワーだけですませるところ、最近では週に一度くらいは湯船につかったり、休日はサロンパス貼りまくりで血行を良くしたり気を付けないといけなくなりました。

40代に突入したときには、体力落ちた、と実感したものです。

次の10年代に突入した去年。こうも顕著に変化が現れるとは。。

体は正直(苦笑)

皆様もご自愛ください。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

好きなシリーズ

最近のヒット2連発。

                                                                                    

 

Img_2967

え?!

もちろん食べ物ですよ。

他に何があると言うのでしょうか(笑)

CAFE MUJI のパフェシリーズ。

春先に気になっていたいちごのパフェ。

季節が終わる前に食べることが出来ました。

確か5月のことでした。

パフェのイメージと言うと、生クリーム+コーンフレークが入っているのがお決まり。

そのどちらもが入っているのをいつも「余計だなぁ」と思っている私。

ところがこちらのパフェは、余分なものは一切入っていません。生のいちごとバニラソフトクリームとイチゴソースと、茶色いのは確かクッキーを砕いたものが入っていたような…(クランブルでした)そしてクリームチーズも。大満足の一品。

Img_2993
そして対抗馬は最近登場したマンゴーパフェ。

やや溶けかけです(汗)

面白いものが色々入っています。

見えている物以外に、レモンゼリー・杏仁豆腐・ナタデココ(懐かしいなぁ。どうせなら流行りのタピオカの方が良い気もしますがね。)が入っています。

組み合わせが面白いのと、さっぱりしているので暑い時には更においしいだろう。

かき氷よりも良いかもなぁ。

無地のパフェは一押し。

そういえば秋だったか、冬に入ってからだったか。

黒豆豆乳ソフトだったかにはまって何回も食べに行きましたっけ。

どれにも共通しているのはソフトクリームで。アイスでないところがまたポイントが高い。

アップルパイ、プリン、の大好物に、何を隠そうソフトクリームも好物でございました(隠す必要は全くないけどね(^0^))

このお店のおやつは必要最低限の装飾で十分満足できるものばかり。

全身無印!の着る物バージョンだけでなく、食べ物バージョンも私好みです。

こんなに宣伝して。

無印の回し者にでもなりましょうかねぇ(^0^)

次は。

桃パフェでるかなぁ♪

                                                                                                                

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

«ぴったりシリーズ