2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

原田マハ氏

ぶたぶたインスタ

本棚

  • 本棚

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

やってみたいけどできないこと

私が通勤で使っている阪神電車。

快速急行、と呼ばれる電車がありまして。

行き先は何と奈良です!

阪神電車に難波線という路線ができ、大阪難波まで三宮から乗り換えなしで行けるようになり。

更に大阪難波からは今度は近鉄線に乗り入れ(飛行機で言う共同運航ってやつ??)奈良までも乗り換えなしで行けるようになったのが…もう結構前かな(笑)

今の通勤時間自体は、電車に乗っているのは途中で乗り換えも入れて20分弱。

その間にボーっと‟このまま乗っていったら9時過ぎくらいには奈良に着くんやなぁ”と考えることがあって。

仕事がつらかった時には半分本気で、会社休んで奈良行くか、なんて思ったことも(汗)

そんな勇気はなくて今のところ実現はしてない訳ですが。

いつの日か『とうとうやりました!』なんて言う日が来たら。

多分、今の職場を辞める時だと思ってください(^0^)(笑ってる場合ちゃう)

そうならないように頑張ります。。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テンション下がりきってやけっぱち

辛うじて接着剤でくっついていた中指の爪が。

気が付いたら取れてました━━Σ(゚д゚;)━━!!

もう良いわい!

とばかりに。

人差し指の爪も、割れているところを切り取って短くしました。

あーせいせいした(`◇´*)

うそ(T T)

変な音が鳴るのでさらにギターの練習する気が起きなくなりました。

あーやだやだ。。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

次はこれ

Img_2326ジブリ展を観終わった後で入った美術館内のカフェ。

だーれもお客さんいなくてしばらく貸し切り状態でした。

展覧会場があんなに混んでいたのが嘘のように静か。

私が丁度座った席から真正面に見えたのは、並行して始まる(今はすでに始まっている)次の大きな美術展の広告塔?これ何ていうんですかねぇ。

ここの美術館はいつも、こんな感じで立方体にその時々の展覧会の目玉を印刷したオブジェが置いてあります。

お天気は曇りがちだったんだけれども、この時日が差しこんできていて。

あれ?!

このオブジェの向かって右側、女の人の顔が生きているように光って見えました。本当にオリジナルがそういう風に描かれているのか、もしくは偶然その一点に光が集中していたのか。謎?不思議でしたよ。

あぁそうそう。

ジブリ展で。

こんなものが飾ってある部屋があったんです。

0001064656これー!

トトロがカオナシのお面をかぶっている時計。

めっちゃ可愛い!売ってたら買うかも、と思ってしまって(^0^)この前でボーっと観察をしていました。

でも残念ながらグッズ売り場にはおいてなくて。

帰って調べたら、DVDの販促キャンペーンの景品だとかで非売品。

作ってくれたら買うのになぁ(笑)

これ、お腹に時計の付いたトトロ、だったら欲しくないかも。

ってことはやっぱり。

私はカオナシのファンなのか\(;゚∇゚)/

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日本に生まれて良かった?

Img_2304ようカエルくん久しぶり(゚▽゚*)

神戸市内のとある美術館にて。

 

Img_2320_2こんなんやってますよ(^-^)

ジブリの大博覧会。

午前中に行こうと思ったのに、昼からになってしまって。

一日の内でも一番混んでいる時間帯にかかってしまったかも。

それにしても。

平日昼間にこんなに人入ってるって凄くない?!

会場内は老若男女入り乱れ、混み混み状態でございました。

やっぱりすごいよね、ジブリの人気って。

Img_2325この展覧会何がテーマなのかしら、と思っていました。

凄いたいそな題名でしょ。

まぁ観に行ってみたら分かるんですけど。

ジブリの歴史そのものでしたわ(笑)

おもちゃ箱をひっくり返したような感じ。

それも子供向けのではなくて、大人用のおもちゃ箱。

細かいところをもっとじっくり観たいと思っても。全くそうさせてくれないほど混んでおりました。

行く時間帯を完全にまちごうたなぁ。

会期前半に絶対に行くべきだったと思うし。今の時期だったら平日夜の開館の時に行くのがベストだと思いました。

紙物が良く観れなくて残念感はありましたが。立体物の方は迫力ある物、ユニークなモノ、楽しめましたよ。

Img_2317凄いのよこれが。

はじめ燈が付いていない状態で止まってるんですけど。

動くんですよ。

明るくなってね。

リアルにねぇ。

アニメの世界だねぇ。

 

しもた。

動画を撮ったらよかった。

うっかりしとったー。。

展覧会へ行く予定がなくて、動画が見たい方は探してみてください。

興味深い動きしますよ。

 

この部屋に一番長くいました。

何となく全体的に満足感がなかったから残念だったんだけど。

これを観られてちょっと欲求不満は解消されたかもしれません。

日本の宝だよね。

大袈裟でもなんでもなくて。

日本に生まれて良かった、って思いました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バス待ち30分?

神戸のとあるところにて。

バスの乗車待ちは30分ほどだそうな。

私は乗るつもりはなかったので。

外から写真だけ撮ってきました。

 

 

 

Img_2310こんなバスです(^0^)

行き先は。

こうべ(ただし‟べ”は反対向きになってます(笑))

展覧会情報はまた次回。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

京都気になる②

4月からの新番組かしら?

林先生が司会の(最近たくさん番組もってはりますよねぇ。第二の池上彰でも目指してるんでしょうかねぇ(笑))ニッポンドリルって番組が面白くて最近毎週見ています。

そこで先日龍安寺の石庭の回を見ていまして、‟せっかく近所まで行く機会があるし、足を伸ばしてみるか”と思いました。

でも。

行く日は選ぶべきだった。

土日に行くべきでは決してない。

物凄い人だかり。

ワイワイガヤガヤ、お寺のひっそりした雰囲気なんて皆無です(゚ー゚;

半分くらいが外国人。

さすがだね世界遺産。

Img_2291それでも縁側にボーっと座ってしばらく石庭を眺めました。

一番前列に座れば、人を入れずに写真も撮れます。

これだけ見たら、のんびりと庭観賞したみたいだけれど、全然。周りは相当うるさかったです(苦笑)

それにしても。

暑かった。

この日の京都の最高気温は30℃位ではなかったか?その前の週に行こうとしていた日の最高気温が32℃だったから、速攻中止!にしましたけどね(汗)

Img_2298_2そんなことを言うくせにさぁ。

何をお昼に食べているんだよ、って話です。

まさかの湯豆腐(^0^)

まぁこうなったのには深い理由がありまして。

いやいや(浅っさい理由です(汗))

先日京都を訪れた時に行きそびれた進々堂の京大前店に行ってみたんですよ。美術鑑賞の前にね。

何食べようかなぁ♪なんてわくわくしながらね(;´▽`A``

ところがです。

何とまさかの臨時休業!!(゚ロ゚屮)屮

そんなことってあります?!

むしろそっちを楽しみにしていたので大ショック。しばらく立ち直れずに固まってしまったほど(゚ー゚;

仕方ないって言うより。

Img_2296龍安寺へ行ったらここで湯豆腐を食べるべき、っていうお導きかと。このお店のことも林先生の番組でやっていて気にはなっていたんですよ(負け惜しみじゃなくね)

店の中は結構風が通って涼しく。

しみじみと豆腐を食べながら、こんな景色が見られるのはお得感があるかなと。

ここでも外国人のお客さん多しでした。

そりゃ来るよね(^-^)

湯豆腐でお腹膨れるか?と思っていたけれども。帰る頃には見事な豆腐腹になっておりました、のでした。

さぁ疲れたから帰路に着くか。

にはならずに。

また梅園へ行って例の‟いつもの”を食べ。

イノブンで買い物してホクホクと帰ったのでございました。

ちょっと予定は狂いましたが。

京都行はいつも楽しい、です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

京都気になる①

昨日記事にした場所。

堂本印象美術館と言いまして、京都駅から見ると北西にあります。

すぐ南側に某私立大学がある立地です。

龍安寺もご近所です。

日本画も、美術館名になっている堂本印象氏本人にも全くと言っていいほど興味はなかったのですが(堂々と言い切ってしまってよいものか…)

ここの何が気になっていたかと言うと、まぁ見た目(笑)

前の記事の写真の通り、建物がまず奇抜。

中の造りは写真が撮れなかったので説明のしようがないのですが、美術館のHP を見ていただくと、少しわかるかも。

中も奇抜です。

壁にかかっている画などの作品よりも、私はむしろ建物&内装自体の装飾が面白そうだと思って気にかかっていました。

京都へは比較的気軽に出かけていくとは言っても、なかなかこの美術館があるあたりまで足を伸ばすことがありません。

多分大昔にこの辺りに行ったことはあると思うのですが、もう何時だったかも覚えていない様な昔だったと思うし。

わざわざ行く感じ。気にはなるけど何かのきっかけがないと足を運ばないので、延び延びになっていて。

たまたまリニューアルオープンの展覧会のチケットが手に入り今回中を見る機会に恵まれました。

D22
美術館のHPからお借りしてみた画。

こんな感じで部屋の入り口に表示みたいなのがしてありました。このシリーズが気に入って、いくつかじっくり観察しました。

他にも。

ドアノブがとても凝っていたり。

ドアの前面、窓、階段手摺下とか、→この表示の様に金?金箔の金属?で装飾があったり。

ソファの足に細工がしてあったり。

ステンドグラスの見本があったり。

そう規模は大きくはないので、小一時間もあったらあっさり見終わってしまいました。

何となく去年訪れた岡本太郎氏のアトリエに似ている感じがして気になっていたのかもなぁと。

ペアご招待だったので誰かを誘おうかとも思いつつ。まぁなかなかマニアックで誘いづらい展覧会でもありましたし(苦笑)フラッと一人で出かけたので、美術館前で声をかけやすい人を見つけて。若者のカップルがいたので、「1枚しかないけれど、招待券なので良かったらどうぞ」と差し上げたら、「ちょうどチケットが1枚しかなかったんです」と喜んでもらえました。

良いこともしてきた(^-^)

気がかりが1つ減った体験でございました。

 

続く。

京都旅の報告を続けます(笑)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

«京都のとあるところ